土屋きみやす−ツッチーレポート

<< 前のページ

2017年7月29日(土) 13:17

格言から世相を糺す。

 「天に口無し 人をして言わしむ」

 或る団体や組織(この場合自民党)の中にいると、彼ら達の政治感覚や政治判断が正しいと思ってしまう結果、国民感情から乖離したものの言い方をしてしまうのだろう。竹下国会対策委員長、菅官房長官、二階幹事長、各小物大臣達、そして何よりも安倍総理自身の発言である。
 とりわけマスコミ批判をする二階幹事長にこの格言を送りたい。決してマスコミは世論をリードしたり操作しているのではなく、世論を代弁しているのである。
 彼が下くちびるをとがらせてマスコミ批判をするたびに、次回の総選挙で数十万票が自民党から離れて行く。
 自民党の末期症状である。

 「天網恢恢 疎にして漏らさず」

 重婚議員、失言大臣、森友学園と安倍総理夫婦の関係・国有地の不当廉価売り渡しなどの安倍晋三の罪、安倍晋三と“腹心の友”加計学園理事長とによる癒着と特区選定、衆参両院の閉会中の答弁(安倍総理・萩生田官房副長官・和泉首相補佐官など)、彼らに天が下す裁定は次の総選挙か?それまでに行われる地方自治体の首長選挙や補選などの前哨戦か?
 自民党の末期症状である。

 「天知る 地知る 人知る」

 国会の閉会中の答弁で、嘘をついている(あるいはトボケている)人間の顔を見るのはとても悲しいし、情けない。とりわけ和泉官房副長官は「私の記憶では・・・」という前置きを付けることによって逃げ道をつくっているのだろうが、安倍晋三と共に嘘をついている顔が全国に放映されてしまっている。政治家はともかく、和泉さんには熱心に最高の教育環境を与えれくれて両親や、奥さんや、将来のある子供達がいるのであろうに・・・・・。(もっとも、今の自民党は忠実な犬=官僚には直ぐに美味しい餌を与える。例:国税庁長官)
 “蛙のつらに小便”だが、安倍晋三に「政治は最高の道徳である。」という言葉を送る。
 自民党の末期症状である。

 「杏下に冠を正さず 瓜田に履を納れず」

 安倍晋三が答弁でこの前半を述べて反省していたが、本音は(李下に冠を正すようなへまをしないで、上手くやればよかった)という意味での反省だったように聞こえたし、そういう顔だった。
 自民党の末期症状である。

 「桃李もの言わず 下おのずから蹊を成す」

 これは、前回紹介したように安倍晋三の母校成蹊大学の語源である。
 桃や李の匂い、味の美味しさ、花の美しさが利権であってはならない。森友学園や加計学園が安倍総理に近づいてきたのは、安倍総理が桃や杏なのではなく、“利権といううま味”なのである。
 自民党の末期症状である。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年7月5日(水) 14:22

歴史が変わり始めそうな日。

 7月2日、国内に大きな出来事が2つ起きました。
 私といえば小さな出来事(午前中に招かれた或る会の壇上でご挨拶をして、午後は母校の高校同窓会支部で講演)を行いました。
 同窓会支部から講演に際して求められたテーマは、地元大和の地名と歴史でした。

 夜、デビュー以来29連勝中の棋士藤井聡太四段が、佐々木五段に敗れ30連勝を逃したニュースに接しましたが、なんといっても、まだ14歳、これから引き続き大いに楽しみである。

 そして投票が終わった都議選で、予想されたよりはるかに大きな結果で自民党が大敗した。

 今や一億総評論家であろうから、ここで私が何を書いてもあまり面白くないだろうが、巷間言われている事に、私なりの分析を交えて述べてみる。

 自民党大敗の序章(プロローグ・序曲・スタート)と原因は、せこい金銭感覚で退陣した舛添知事と、その為に行われた都知事選挙の都議会のドン(?)の内田という悪役イメージ満載の人、更には国政で目も覆わんばかりのお馬鹿さん総理(鳩山由紀夫と双璧)の安倍晋三などである。

 安倍第一次内閣の頃は、麻生内閣などほぼ1年毎に総理大臣が替った。
 あの頃は、「絆創膏だらけの大臣」とか、「なんとか還元水問題」で自殺した大臣とか、コロコロ大臣が替った。それが内閣不信の原因になったという反省か、最近では大臣を辞めさせず、稲田防衛大臣(問題だらけの上に都議選最中の応援演説で批判が集中した)も内閣改造まで辞めさせないつもりのようだ。こうした安倍総理の強気に見える無神経さと馬鹿さ加減がいけなかった。

 そしてなんといっても森友学園問題。安倍さん夫婦で利用され(もっとも夫婦で喜々としてそれに乗った)、国土交通省大阪航空局や財務省近畿財務局の役人が総理の意向を“忖度”して、更地の鑑定価格9億5600万円の土地を1億3400万円で売った。このことが問題になったら、安倍総理夫婦、内閣、国交省・財務省、自民党挙げて、森友学園を悪者にして切り捨てた。

 このあたりから、私の菅官房長官に対する評価も大きく下落した。
 官房長官たるもの、総理大臣を諌(いさ)めるか、自分が官房長官を辞めるべきだった。結局、ポストに執着しているのか、同じ穴のムジナの人物なのであろう。菅さんは元々神奈川の人間ではなく、小此木彦三郎さんの秘書から横浜市会議員を経て国会議員になった叩き上げの人即ち成り上り者!早く辞めれば良いのに・・・。

 続いて加計学園疑惑である。東大卒の女性議員に異常な執着を見せる安倍さんの出身大学は成蹊大学である。
 安倍さんの大学時代の成績情報は当時の教授だった人から聞いた事があるが、それはさておいて、その母校名の由来である。
 「桃杏もの言わず 自ずから径を成す」。
 そうか! 
 「甘い香りと美味しい桃や杏(国有地の安価な払い下げや特別な許認可)はものは言わない(官僚の以心伝心=忖度)が、そこに利権を求める有象無象がゾロゾロ寄ってくる(径をなす)」のか!

 加計学園問題はさらに大きい疑惑である。「総理のご意向」と官僚のまたまた“忖度”。更には萩生田という総理お気に入りの都議から成り上って国会議員になった官房副長官の文書。前川元文科省事務次官(どっちもどっちだが)の証言などなど、決して“臭いものに蓋は出来ない”のである。
 この時の菅官房長官も情けなかった。前川氏の個人的な攻撃より、官房長官としてしっかりと文書の存在や内容をコメントするべきであった。最近は甘利明さんと共に、神奈川県選出国会議員の恥ずかしい代議士の一人である。

 稲田防衛大臣と、最近秘書から被害届を出された自民党(現在は離党)の女性議員豊田真由子(「ハゲ!」で有名に)。
 共に優秀なんでしょうねぇ?
 全国のハゲの仲間たちよ!言ってやろう「ハゲがなぜ悪い!」と・・・。

 最後に下村元文科省大臣で都連の会長(ここで大敗の責任をとって辞職=当然でしょう)。


 週刊誌に怒って「選挙妨害で告訴する!」って、???。下村さん、あんた都議選に立候補していないでしょう?「選挙妨害」じゃないでしょう?
 どうも、自民党はレベルが低い!

 最後に民進党も酷い!蓮舫?コメントに値しない!
 だから、小池新党が躍進したのだろう!
 次の総選挙が楽しみである。


 最後に庭で採れたナスの写真。あまりにもこの色(茄子紺)が美しいのでご覧ください。でも綺麗なこの色も永遠には続かない。
 どんな美人もしゃれこうべになってしまう。
 いわんや最初から汚れきった政治家おや、である。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年6月20日(火) 17:49

爽やかな初夏の日々

 司馬遼太郎は小説『翔ぶが如く』の中で「この国の中世以来の政治機構の構造ー担がれる者と担ぐ者の二元的な一致ー云々」と書いているが、まさに森友学園や加計学園の時の官僚の「忖度」がこれである。
 安倍昭恵と森友学園、安倍晋三と加計学園の癒着と不正に対して「諫言」もせず庇い、その以前に忖度して動く権力者の犬たち。将に「 Shame on you(恥を知れ)」である。
 安倍昭恵や安倍晋三がテレビに映ったら、私はチャンネルを変えるか切る。 見るだけでも不愉快な夫婦である。
 加計という安倍総理の友人がゴルフプレー中にタオルを首に巻いている姿も見苦しかった。マナー以前の人格の問題である。白洲次郎が見たら怒鳴り付けるだろう。

 話は変わるが、最近の「寄り添う」という用語の安易な使用の氾濫も不愉快である。
 ただし、天皇御夫妻が「国民(被災者)に寄り添う」時の使用はとても良いし、好ましい。
 私が昨年春の叙勲で皇居に参内した翌日、両陛下は熊本に日帰りで(それもヘリコプターで)行かれた。将に「被災者に寄り添う」お姿だった。

 私といえば爽やかな初夏の日々、VANの石津祥介さんやイラストレーターの穂積和夫さんと旧交を温めたり


江戸東京たてもの園に行ったり


神田のニコライ堂


湯島聖堂


神田明神を歩いたり


ヨットで葉山マリーナから江ノ島ヨットハーバーに
セーリングしたり


ゴルフでショットやパットに一喜一憂したりの毎日です。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年5月23日(火) 14:20

間もなく6月

 今年はタケノコが裏(?不作?)とのニュースでしたが、どうしてどうして、我が家では4月中旬から5月の後半まで出続けました。
 後半は孟宗竹から真竹に代わりましたが、大小それぞれ充分堪能いたしました。
 いろいろな食べ方をしますが、結局、単純な刺身(ゆでたタケノコをわさび醤油だけで食べる方法)と、焼きタケノコ(小さ なタケノコを皮付きのまま焚き火や炭火に投入して焦げるまで焼き、皮で蒸された状態のを食べるか、先に皮をむいた筍に甘くした醤油を何度か塗って炭火などで焼く方法)が美味しいと感じました。

 5月8日は今年も土屋氏発祥の地である平塚市土屋にある土屋宗遠の墓前祭に参列させていただきました。この地には土屋姓の家が1軒も無いのに、墓地を管理して毎年墓前祭をしている地元の保存会の皆様と、土屋城跡に建つといわれる大乗院には、ほんとうに頭が下がる思いです。




墓前と大乗院本堂での読経などと、庫裡での精進落としの昼食に、今年も敬意と感謝の気持ちを抱きつつ帰途につきました。

 爽やかな五月晴れの日にはゴルフやヨットをエンジョイ 、16日は明治大学政治経済学部での講義、そして17日は豊川稲荷(写真は総門の総欅造りと欅の一枚板の門扉)へ、友人の運転する車で東名から新東名とスイスイ走り、昼頃お参りし精進料理(特にがんもどきがとても美味しいのです)を頂いて帰ってきました。








 その後は関係する団体の総会や理事会などに出席。

 21日の日曜日午後は、NPO法人「なんでもプラス地域ネット」主催のふれあいコンサートに出演しました。




 最近のバンドメンバーは大学時代の後輩たちなどですので、平日は仕事だったり、遠方だったりで、相変わらず練習もできず、当日チョッと我が家で音合わせをした(写真)だけで、本番に臨みました。




 結果的には、 そこそこの出来栄えで終了したつもりでしたが、お出でいただいた皆様にも帰りがけに「良かったよ」などと声をかけていただき、ホッといたしました。
 5月の後半も、人に会ったり、ゴルフやヨット、また会議や総会などで、あっというまに6月になりそうです。

 5月にもう既に猛暑日がありましたので、今年の夏は暑くなりそうです。皆様、くれぐれも熱中症にご注意ください。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年5月5日(金) 21:11

アッという間に4月も終わり、5月になりました。

 桜を見に京都や吉野に行ってからは、タケノコ掘りに忙殺されつつ、ヨットにゴルフに地元の日帰りバス旅行など、忙しい日々を過ごしておりました。  4月21日からは、3泊4日で、約40年ぶりの香港に行って来ました。



 香港で仕事をしている家内の身内が案内等をしてくれるとの事なので行きましたが、想定以上のおもてなしとガイドをしてくれ、更に食事や車での送迎など、すっかり(あごあし=顎足)付きでお世話になりました。
 帰ってからも、タケノコ掘りに終われつつ、最高のお天気の中でゴルフ、ヨットで日々過ごしました。


 4月のヨットは、ヨット仲間がタケノコ料理を期待しており、私と家内と息子のお嫁さんとの3人でいろいろお料理して持参、他のクルーの持ち寄りもあり、ヨットを上架してから、キャップテンズルームで豪華なランチを楽しみました。


 連休の始めは会長をしている団体の発表大会に出席したり、ゴルフに行ったりしました。
 5月3日は嫁いだ娘一家の招待でイタリア料理のランチをご馳走になり、4日はまた(あまり行きたくなかった)ゴルフ、そして5日は恒例の我が家でのバーべキューでした。
 毎年、5月の連休には娘一家と我が家でバーベキューをしているのですが、このところは帰国した息子一家も加わり、賑やかになっております。






 閑話休題

 ところで、最近、幕末の徳川幕府の勘定奉行川路聖謨とロシアのプチャーチンとの交流を描いた吉村昭の小説『落日の宴』を買って読み始めたら、(アッ、これ前に読んだな?)と思い出し、本棚を探したら、果して同じ本がありました。
 (認知症の始まりか?)とも思いますが、今までもこうした事は何度かありました。
 アーネスト・サトウの『一外国人の見た明治維新』は、既に持っていると思いましたが、大学での講義に確認したい事があった時に見当たらず、探すのも面倒なのでまた買ってしまいました。
 その他、司馬遼太郎の『最後の将軍』、陸奥宗光の『蹇蹇録』、城山三郎の『落日燃ゆ』、桑原武夫編の『ルソー』などがダブって書庫にあります。



 読みたい本というものは、自分自身の興味や関心が深いものですから、他にもまだまだ探せばあるかも知れません。
 最近は、特に司馬遼太郎の本など、既に読んだ本の一覧を書き出してから、本屋さんに行くようにしております。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート
Counter

MySketch 2.7.4 written by 夕雨