土屋きみやす−ツッチーレポート

<< 前のページ

2019年6月18日(火) 13:56

永い間ツッチーレポートをご高覧頂き、有り難うございました。

 源頼朝に関しての続き。
 土屋三郎宗遠は鎌倉幕府開幕と同時に地頭職になり、御家人として地位を高めていったが、源が三代続いた将軍の後の(執権)北条時代には宗遠達のような御家人(外様のような立場)と、北条氏の惣領に使える御家人(“御身内”)とが対立するようになってしまった。
 山木代官襲撃や石橋山の戦いなど最初の源氏の旗挙げから、富士川の戦い、木曾義仲追討軍でも範頼・義経に従って戦い、さらには義経の一の谷・屋島・壇ノ浦の戦いにも加わり、また藤原泰衡の追討軍にも加わるなど多くの活躍をしたが、頼朝没後10年経った承元元年(1209)の「和田義盛の乱(和田合戦)」で、養子(宗遠の姉の子・甥)土屋大学助義清は首謀者の一人となり、他の土屋一族5人と共に討ち死にした。

 これで鎌倉時代の土屋一族は歴史から退場して行った。

 歴史の「IF]だが、もし守護や地頭として他の地に任じていれば、薩摩の島津(鎌倉・頼朝の一族)や中国地方の毛利(厚木の毛利庄の出)のように、戦国時代や江戸時代には大名となっていたかもしれない。
 その後、武田の甲斐源氏と共に甲斐の国に行った土屋一族の中には、武田二十四将の一人土屋右衛門尉昌次(長篠の戦いで信玄に殉死したかのように戦死した)や、その弟で武田家が滅亡する天目山の戦いで最後まで勝頼を助け、死闘を繰り返した(惣蔵片手千人斬りや三日血川で有名)土屋惣蔵がいる。
 江戸時代になって編纂された武田家の軍記『甲陽軍艦』を読む限り、長篠の戦いで死んだのは殉死のようであり(土屋昌次はそう言って死んだ)、24将のうち7名が討ち死にしている。

土屋―族は、どうやら最後は負け戦のような死に方である。血は争えない。
 鎌倉の寿福金剛禅寺は義清が討ち死にしたところで、お墓もあるというのだが所在は不明とのことである。このお寺には北条政子や実朝のお墓、また、陸奥宗光のお墓もあり、私の大好きなお寺で、何度も訪れている。
 土屋惣蔵の“武田家滅亡の地”は山梨県大和村(現在の甲州市)で、そこでは毎年「勝頼公祭り」が行われいる。ある年には請われて勝頼公に扮し、鎧兜姿で馬に乗り、パレードをし、ステージで鬨(とき)の声(「皆の者!いざ出陣じゃ!})を挙げさせていただいた、懐かしい思い出である。
 家紋に関して見ると、土屋宗遠は「三つ石畳」、土屋昌次の旗指物は「鳥居」で、我が家は「横木瓜(よこもっこう)」。 直系ではないが、過去帳を見る限り400年以上住んでいるここの下鶴間は、鎌倉や平塚大住郡土屋にも近く、武田家が滅亡後の落ち来る先(甲州街道→境川→大和)としても理解し易い。

 さて、皆様にはどうでもよい事ばかりを最後に書き記しましたが、これからの残りの人生を考える時、さまざまな歴史を調べ、書く(論文か駄分か解りませんが)ことを行っていきたいと念願しております。もしまたお読みいただける機会がございましたら、是非お目通しをお願い申し上げます。

 永い間ご高覧賜り、本当にありがとうございました。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年5月27日(月) 22:00

源頼朝・義経と、我が始祖土屋三郎宗遠の事など

 頼朝が永い間配流されていた伊豆韮山の蛭ヶ小島に近い函南に別荘(?小さな家)があり、20歳代の後半から夏ともなるとよく家族や姉の家族たちと行っていた。
 更に、頼朝が挙兵した際の石橋山や、合戦で敗れ房総半島へ逃れた真鶴半島など、伊豆半島一帯は私の好きな第2の故郷のような地域であり、頼朝(と北条政子の一族)に関わる場所が至る所にある韮山周辺はいつも近い存在だった。
 もっと言うと、土屋という氏(苗字・姓)の始めは“土屋三郎宗遠”という頼朝側近の一人であり、石橋山の戦いで敗れた後、房総方面へ真鶴のシトドの岩窟から「七騎落ち」した中の1人だったのである。
 残念な事に、その後も守護や御家人としてあまり後世には活躍しておらず、それほど歴史に名を残してはいないが、私にとってその時代はとても関心がある。
 因みに毎年5月8日に、今でも平塚市土屋では「土屋三郎宗遠墓前祭」が営まれており、私も参列させていただいている。









毎年平塚市土屋の大乗院にある墓所と本堂での法要に参列

 さて、その頼朝である。
 昔からいくつかの疑問があった。
 @ どうして20数年も配流(島流し)されていたのに挙兵したら、房総半島からドンドンと兵力が集まって数十万人の平家打倒勢力になったのか?
 A そもそも、源氏と平家とは?
 B 義経はどうして兄の頼朝に冷たくあしらわれた(腰越から鎌倉に入れてもらえなかった)のか?
 C 頼朝に挙兵を勧めた文覚上人や西行との関係は?
 D 鎌倉幕府は源家3代以降は北条の時代となって、そののち後醍醐天皇や楠正成、新田義貞などからの倒幕の対象になってしまったのか?
 E この時代の天皇、上皇、法皇とは? などなど。

 で、それらの疑問(というか私の無知)を晴らすために、三田誠広の『夢将軍 頼朝』や司馬遼太郎の『義経』、山岡荘八の『源頼朝』(全三巻)を読んでみた。本来ならば『東(吾妻)鏡』など原典を読むべきであろうが、最近は安易に小説に手を出してしまう、が、それはそれで面白い。
 とりわけ司馬遼太郎の独特の断定的な書き方には思わず声を挙げて笑ってしまう時があった。

 今回は写真を掲載し文章は短くした分、更新を早めにしたいと思いますが、何処までお読みいただけるか、アクセス数が17万件に達しましたら、しばらく休止させていただきたいと思います。申し訳ございません。



令和の新天皇が昭和の時代。従って皇太子の前の浩宮さまど呼ばれいた頃、土屋三郎宗遠の墓所においでいただきました

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年5月6日(月) 21:33

戦い済んで 日が暮れて(第二回)

 忙しさと、御健在の天皇が退位されて平成から令和と元号が替るという歴史的大変化と、大型連休と、加えてパソコンの不具合と、最近は携帯電話で用を足すというツールの変化によるパソコン離れで、すっかりブログの更新が遅くなりました。
 いつもの事ながら、5月になると初夏のような日々が続き、4月の選挙は遠い昔のようになってしまいました。
 さて前回の続きですが、現市長の4期目が無投票当選か?と思われていましたが、3月議会の騒動(前回のブログ参照)で二見副議長の市長選挙出馬により急に賑やかになった。
 そしてその間、タウンニュースに大木さとる後援会の前会長と「健康都市やまとを創る会」の前代表連名による「自ら制定した条例の順守を願う」という寄稿(意見広告)が掲載されましたので、これを読んだ多くの人は、従来の支持者(それも大幹部だった人達)の多選批判による離反かと思ったようである。
 私もそれを読んだ当初は、12年前に私の4選を批判して「多選自粛条例」なるものまで制定したその本人が4期目に立候補する事に大幹部が反対し、離反したのだと思いましたが、よく読んでみると彼らは文中で「優れた実績を挙げれば枚挙にいとまがありません」とか、「休みなく勤勉に務め、市の発展のためリーダーシップを発揮する姿、有言実行する姿」など応援演説のような内容を書いてるのですから、要するに現市長に対する“手の込んだ選挙応援”だったようなのでした。少なくとも私にはそう読めました。
 しかし残念なことに、このような深読みをしない(出来ない)人は、政策で戦う選挙戦では無く、彼等と同じように多選批判や条例の遵守(順守)という、将に相手方の仕組んだ土俵でまんまと相撲を取らされてしまったのでした。
 良い例が対立候補の二見さんです。相手方の戦術にまんまとはまってしまいました。二見さんのタウンニュースへの意見広告(「何のための『多選自粛条例』?」)という文章もそういった論法で終始し、最悪な事に、文中の後半で「現市長は多くの成果を挙げてこられ、私自身も素晴らしいと思う面も多くありました」とまで言ってしまったのです。
 二見さんを応援していた某市議会議員のFB(フェイスブック)でも、同じように敵に塩を送るような論法でしたので、私は彼のFBへのコメントで「そんな相手を評価をする事は選挙には全く不要ですし、むしろ逆効果です。多くの市民・有権者は(そんな業績があるなら、別に4期でもいいじゃん)と思ってしまいますよ」と書きました。
 加えて大木さんにとってラッキーな事は、12年前は「多選批判」がトレンドであり、今は(埼玉県の上田知事以降、条例を守らない多選も許してしまう)といった風潮になっていることでした。
  前回のツッチーレポートでお約束した市長候補2人のそれぞれの公約の検証は、将に「6日のアヤメ(菖蒲)」(これを書いている今日は5月6日)なので止め、過去の大和市長と最近の市長選挙について書きます。
 市政施行以来の市長は、高下重平さん(下鶴間、初代・2代)、石井正雄さん(下和田、3代・4代・5代)、遠藤嘉一さん(下鶴間、6代・7代・8代)、井上孝俊さんの(上草柳、9代・10代)と続き、下鶴間で生まれ育った私が11代・12代・13代と努めましたように、私まではいわゆる地元出身者が市長を務めておりました。
 私の“地元出身者”という定義は、
 @ 地元で生まれ育った人
 A 小学校と中学校の義務教育を大和で学んだ人
 B 江戸っ子のように3代以上続いている家の人
 といったイメージですが、現在の大和市は新住民が多く、市長も、国会議員も、県会議員の何人かも、地元出身者ではありません。淋しい限りです。
 ただ最近、私がつくづく幸せだったと思った事は、私は市長選挙でこういった地元出身の人と戦ったのは最初の石川公弘さんだけでした。
 2期目は無投票当選、3期目は他県で衆議院選挙に立候補した事がある池田健三郎さんでしたし、4期目は他市の県会議員の大木さんでした。そして有り難い事に、私は現在でも石川公弘さんと池田健三郎さんとは親しくお付き合いをさせていただいているのです。
 市長選挙では平成23年には荻窪さん、平成27年には橘さんと、それぞれの御本人や有力支持者からの懇願で応援をさせていただきましたが、お2人とも残念な結果でした。
 平成23年の現職と荻窪さんとの票差は22、258票、平成27年の現職と橘さんとの票差は(他にも2人いましたが)18、755票、そして今回の現職と二見さんとの票差は16、005票でした。
 平成19年の市長選挙には多くの方々から「なんで土屋さんが出ないのだ」、「土屋さんが出ろ」とずいぶん言われました。
 私が4期目にチャレンジした平成19年の票差は僅かに3107票でしたのと、1期目の現職に対する批判が多かった事からの皆さんのお声でした。
 ところで今回、私は今回1度たりとも4期目を多選と批判いたしませんでした。なぜならば12年前に私は4期目を目指して立候補したからです。それは自己を否定することであり、それは己に甘く、他人には厳しいような人になってしまうからです。
 最後に、今回もしも大木さんが3期で引退したら、昔、彼から届いた私への手紙を紹介しようと思っておりましたが、残念ながら又の機会にいたします。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年4月23日(火) 11:02

戦い済んで 日が暮れて(第一回)

 まず、今回の大和市長選挙に立候補した二見けんすけさんの大いなる勇気と決断に対しまして、敬意を持って賞賛の言葉を申し上げます。
 困難な状況に対して、群れの中から最初に飛び込む勇気あるペンギンを「ファースト ペンギン」と称する(実際ペンギンはそういう行動はしないらしいが・・・)言葉がありますが、今回現職が無投票当選かといわれた大和市長選挙に果敢に立候補した二見さんの決断は「ファースト ペンギン」よりもはるかに勇気ある「オンリーワン ペンギン」でした。
 結果は残念な票差での落選でしたが、短期決戦としては大健闘でありました。
 市長選挙など自治体の首長を選ぶ選挙は、のんきな国政選挙のような“繰り上げ当選”や“比例併用での当選”もなく、負けは負けなのです。ただし、4年の任期中、現職に何が起きるか(例:病気・事故・死亡・スキャンダル・犯罪など)解りませんので、二見さんには、4年間ずっと臨戦態勢をお願いします。
 縁起でもない事、嫌な事を言うようですが、私は12年間の大和市長在職中、常にそういう事態にならないよう気をつけて自己を律し、職務に邁進しておりましたが、事実、最近でも茅ヶ崎市の服部市長は現職中に急死いたしました。

 さて、総括です。
 まず大木市長が出馬表明を選挙の直前までしなかったのは、3月議会の最終日に「大和市長の在任期間に関する条例を遵守する旨の大和市議会の決議を求める陳情書」を議会が採択するのか、不採択なのかといった結果を見る事と、その結果に対する大和市議会の「大和市長の在任期間に関する条例を遵守する旨の決議」の採決の結果を見ることでした。要するに、彼の論理は、「出馬表明もしていないのに、自らが制定した多選自粛の遵守を求めるのは”仮定の議論”である」というものらしかったようでした。批判を避ける意味で、なかなか出馬表明をしなかったのに、多くの人が、批判はしても、いわゆる“オンリーワン ペンギン”にならなかった結果が将に現職に有利に働きました。もしかすると「無投票四選か?」とまで言われていたのですから・・・・・。
 結果論ですが、二見さんでもどなたでも、もっと早い段階(年明け前頃)で「多選自粛条例を制定した現職は、まともな人間ならまさか立候補しないはず」という前提で出馬表明をして、各駅での朝立ちや、挨拶まわりを行っていれば、ずいぶん状況は替わっていたと思います。

 次に、選挙の2人の公約や現職の実績(?)などに言及しますが、その前に、二見さんは「多選反対!」を言うよりも「世代交代!」を訴えたほうが良かったと思います。「70歳代を高齢者と呼ばない大和市宣言」とは、将に本人が年齢を指摘されたくない現れでした。二見さんは、計り知れない、輝かしい未来がある30歳代です。平成23年市長選挙の荻窪さんや、平成27年の橘さんとのような一回戦敗退は避けるべきです(と、平成19年に負けた私が23年には出なかったのに言うのも変ですが・・・)。
 選挙時の公約や、現職の実績(?自画自賛、時代背景の違い、私の撒いた種の刈り取りなど)は第二回のブログに言及しますが、3月議会最終日の市長の“不規則発言”についてふれます。
 「不規則発言」とは、「規制や決まりに則(のっと)らない発言」で、大木さんは議会でこれをやってしまいました。
 そもそも、議会に出された陳情や請願を審議し、討論を経て、採択か不採択かを決することや、議会が意見書や決議を討論を経て採決するのは、三権分立の一つである議会の専権事項であります。 そこに傍聴者が発言をしたりヤジったり、ましてや議員でない首長や執行部(理事者側、行政の人々)が発言を求めたり、議長の許可ももらわずに発言する(ヤジる)事は恥ずべきことなのです。 議員間で行われている決議の賛成討論に対し、市長がヤジを飛ばした今回の事は、前代未聞で、まともな議会(議場)では考えられません。
 この場合議長は、
 「議長の名において市長に申し上げます。陳情や請願の審議、また意見書や決議の審議は、議員間で議論して採択か不採択か、または採決か不採決か、を論ずるのでありますから、不規則発言は厳に慎んで下さい」と。
 木村議長は(たとえ議会事務局の原稿を読むだけの操り人形でも)そう言えたのでしょうか? 今回の市長の不規則発言は、議事録から削除しないで、是非後世にそのレベルの低さを記録として残して置きたいものです。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年3月31日(日) 21:12

春爛漫

 桜花爛漫の季節である。
 もっとも「三日見ぬ間の桜かな」といわれるように、このブログも、直ぐに時季遅れになるであろうが・・・。
 私が今まで見た桜で、もっとも見事だったのは、やはり“吉野の桜”であった。京都などの桜の名所や至るところの神社仏閣などでも感動はしたが、吉野の下千本・中千本・上千本・奥千本どころか三万本といわれる吉野のシロヤマザクラはとりわけ素晴らしかった。
 高校時代に暗唱した「頼山陽 母を奉じて吉野に遊び 一目千本に至る 母 大いに喜びて曰く ”桜花爛漫として雲のごとく”」という漢詞のフレーズが好きであり、まさに雲の如き壮観であった。
 そして私は、吉野の金峯山寺蔵王堂の本尊蔵王権現が好きである。
 本堂からはみ出そうな3体と、下から見上げた時のあの青い顔の大きさは、圧巻である。 もう一度訪れたい、お参りをしたい、名所である。

 さて、世間は統一地方選挙真っ最中だが、昨今は、地方はもちろん首都圏でさえ立候補者が少なくなってきている。
 地方政治に関心が無くなってきている人が多くなっている事であろうが、現職はもちろん立候補者全体に尊敬すべき人物がいないのがその理由であろう。淋しい限りである(大和市の場合)。
 統一地方選挙の最初は知事選と県議選だが・・・・・・、「やはり投票には行かないといけないのかな?共産党に入れるようかな?」と友人が言っていた。
 (私ではないですよ!)
 私にとっては、むしろ隣の相模原市長選挙のほうが関心がある。4人のうち3人は知り合いである。
 大いなる変化を期待している。
 私が始めて市長選挙に立候補した平成7年のキャッチフレーズは「若い大和に 若い市長を」と、「オープン」とか「チェンジ」、だったように記憶している。 今でも市民・有権者の有識者の気持ちは変わらないはずである。
 そうそう、前回の日中友好協会での講演風景を最後にアップさせていただきます。


 最近は肖像権の侵害や個人情報保護の問題がありますので、主催者からいただいた写真のうち1枚だけ、それも後方から撮った写真をご覧ください。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート
Counter

MySketch 2.7.4 written by 夕雨