土屋きみやす−ツッチーレポート

2008年02月の記事

<< 前のページ

2008年2月28日(木) 08:28

2008/02/28 08:28

2月26日は「2・26事件」があった日。
 起きた日ではない、青年将校が憂国の至情(まごころ)から国家改造(昭和維新)を目指しクーデターを起こした日である。

 以前から2・26事件に深い関心を持っている私は、26日には麻布の賢崇寺をお参りしようか、湯河原の「光風荘」に行こうか迷った。
 賢崇寺は青年将校たちが処刑された7月に行くことにして、今回は湯河原に行ってきた。
 「光風荘」は老舗温泉旅館伊藤屋の元別館で、前内大臣牧野伸顕伯爵が襲撃されたところである。

 牧野伯爵襲撃の担当青年将校は河野壽陸軍大尉。
 事件後、熱海の病院で自決。享年28歳、独身であった。

 牧野伯爵は逃れて無事であった。
 (この時一緒にいて伯爵を逃した孫の和子は吉田茂の娘で麻生太郎の母親である。)

 
 この青年将校たち“皇道派”は「北進論」すなわち警戒すべきはロシアという考え方。
 他方の“統制派”は「南進論」。

 青年将校たちは昭和天皇のお怒りを買い「反乱軍」「逆族」となってしまったが、もし(歴史にifは禁物だが)、皇道派が軍を掌握していれば、すなわち2・26事件が成功していれば、日本は世界大戦(太平洋戦争)の泥沼に入り込まなかったのではないか?
 たとえば、軍を指導する立場のリーダーが東条英機ではなく、皇道派であるがゆえに南に飛ばされた山下奉文陸軍大将だったら、などと考えつつ湯河原のボランティアの方々の説明を聞いていた。

 このような考えを披歴すると、“土屋は右寄り(右翼)”と思われるかも知れないが、私は純粋な青年将校たちに幕末維新の志士を投影して見ているのである。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年2月22日(金) 09:05

2008/02/22 09:05

最近、ある団体の講演会に行ってきた。
 会長さんからご案内をいただいたり、何度もお誘いのお電話もいただいたので聴きにいった。
 ひと様のお話を聞くことも勉強である。

 講演の内容は、とても生き方に示唆を与えて下さるものであった。
 @ 決めごとを守る。
 A 親・先祖を大事にし、感謝する。
 B 夫婦仲良く。
 C 報恩感謝。
 などなど、大変講演は講演として良かった。

 でも、お話の中でいくつか気になった言葉やお話があった。
 いわく。
 「五体満足」
 「秀吉とねねの関係は良くなかった。だから子供もできなかった。」
 などなど。
 
 更に、
 「伏見城は数年で崩落したのに、醍醐寺の五重塔は大きな地震があっても倒壊しなかった。また落雷もあったであろうに、避雷針もないのに火災にも会っていない」と。
 ちょっと待って?
 五重塔って今でいう免振、すなわち柔構造建築物の代表ではないの?と思った。
 日本中のどこの五重塔も地震で倒壊していないのでは?とも思った。
 また、塔のてっぺんの「相輪」って、避雷針の役割を果たしているのでは?とも思った。

 ひと様の話をお聞きして、今後さらに、自分も人前でお話をするとき勘違いや誤り、あるいは用語の不適切さなどが無いようにと、心した。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年2月11日(月) 23:33

2008/02/11 23:33

 週に2回の更新努力目標も潰え、2月の中旬になってしました。
 アクセスしてくださっている皆さん、スミませ〜ん。

 さて、2月2日の報告。
 明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科における集中講義も、大変熱心な大学院生の熱気で大いに熱が入りました。
 レジュメは「参加・協働・自治、条例制定と議会&市民」とし、サブタイトルを「―北海道夕張郡栗山町での講演資料をもとに―」として、栗山町での講演を土台に大学院生(修士課程)が求めるであろうお話をいたしました。
 やはり、自治体職員や市区議会議員も多く、その受け止め方と反応(リアクション)はさすがでした。
 前回1月11日に行った大学院講義の受講生も5人おり、できるだけ新しい話を盛り込みました。
 (これは同じ団体で同じカラオケ曲を唄わないという私のサービス信念)

 本題に戻ります。
 あっという間に1時間の講義は終わり、質疑応答。
 3人の方から6項目の質問を頂きました。

 まず、都内某区議会の議長さん。

 @.議会の調査機能強化のために、たとえば執行側から法制担当のような
   職員を派遣してもらうことの可否とご見解は?
 A.議会の招集権が議長にも付与されたが、
   そのことについてのご見解は?

 その後の質問は、

 B.一般的に「自治基本条例」には恣意的なものが見受けられるが、
   その点について。
 C.講義内容の条例について、
   もう少し“理念条例”と“罰則規定条例”についてのお考えを。
 D.市民参加してくる人はどうしても、年齢層が高いが、
   若い人の意見をどういう方法で聴いているか?
 E.“参加”や“協働”に対して、
   職員としてどういう対応をしたらよいか?

 といったような質問でした。
 私のブログをご覧いただいている多くの方々は、私の日頃の考え(理念・哲学)を既にご存知だと思いますので回答は省略いたしますが、やはり、議会の議長、議員、自治体職員など大学院生の質問は的を得ているし、鋭いと思いました。
 4人目以降の質問には場所を移動しての懇親会でお答えいたしました。

 全体的な私の感想:
 「どちらが講師でも生徒でも良いような雰囲気は、幕末の松下村塾を連想させました。畏れ多いですが、吉田松陰先生になったような気分でした。」

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨