土屋きみやす−ツッチーレポート

2008年09月の記事

<< 前のページ

2008年9月29日(月) 11:17

2008/09/29 11:17

 ついに原子力空母“ジョージ・ワシントン”が母港の横須賀に入港した。  時、西暦2008(平成20)年9月25日。
 横須賀が両3年の約束で空母ミッドウエーの母港となり、その後インデペンデンス、キティホークと30数年。
 今度は原子力である。

 空母の母港そのものをここで止めれば、原子力空母は来なかった。
 そこが反対運動の限界だった。

 さて、私の最も手ごわい交渉相手であり友人でもある在日米海軍司令官ケリー少将からVIP待遇で招待状が届いたので、取材と情報収集のために行ってきた。

 さぞかし反対運動が大変だろうと思っていたら、歓迎派なのであろうか右翼のほうが騒がしかった。
 反対派はわずか海上のヨットやボート、遠くの公園に約300人。
 (相変わらずマスコミの取り上げ方はオーバーである。)

 その昔、原子力空母「エンター・プライズ」が佐世保にチョッと寄港しただけで、反対デモが数万人(社会党・共産党系約五万人、三派系全学連約二千人)だったのに。
 隔世の感を感じるのは私だけではないであろう。

 さて、それぞれのご意見はご意見として、実態を写真でご紹介する。

横須賀港12号バースに滑るように着岸する「ジョージ・ワシントン」
甲板には乗組員が整列



12号バーズの陸上で行われたアライヴァル・セレモニーの様子。
シーファー米大使、ウインター海軍秘書官、中曽根外務大臣の代理、赤星海上幕僚長、バード第七艦隊司令官、ウーレン第五空母航空団司令官。
司会進行はケリー在日米海軍司令官



原子力空母「ジョージ・ワシントン」から第七艦隊旗艦船「ブルー・リッジ」を望む



艦載機を乗せたままでの入港。
戦略的には考えられない風景



20年位前、厚木基地渉外部長だった私の古い友人シブルカ・アキラ氏
(現・米海軍司令部の作戦・計画・訓練部 軍政・政策アドヴァイザー)と。
甲板上ではほとんど彼が私の案内役を務め、多くの米側要人を紹介してくれた


 今回は以上にするが、状況によっては第二弾、第三弾と、資料などを使って報告する。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年9月22日(月) 10:35

日中友好協会で講演

 大和地区日中友好協会主催による「絵画・書・写真展示会」の初日である9月21日(日曜)、オープニング記念の講演を依頼されました。
 会場は大和の美術(絵画)家の集まる「オルセ」で、私に与えられたテーマは「親子二代に渡る日中友好活動」というものでした。
 私が神奈川県日中友好協会常任理事・青年部長だったころの活動を中心に、所有する中国人書家の掛け軸なども展示用に提供させていただき、その説明をしながらの40分間でした。



 私自身、この2〜30年の活動と訪中などを思い出しながら、楽しくお話をさせていただきました。

 講演の後、参加者皆さんと大いに語り合い、楽しい時間を共有いたしました。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年9月19日(金) 20:03

「ブルーグラス」コンサート開催します!

ブルーグラスミュージック

 
 2年ぶりに「大和 カルバリー・チャペル」で、ブルーグラスのコンサートを行います。  11月16日(日)午後2時からです。  今回は無料とさせていただきますが、礼拝堂のキャパシティの関係で先着1200名とさせていただきます。  ブルーグラス・ミュージックの教会音楽を中心に、歌と演奏を行います。  1時間半の短いライヴですが、皆さまの多くの参加をお待ちしております。  ブルーグラス・ミュージシャンは楽器をお持ちください。ジャムセッションも企画しております。    なお最後に、前回、大変好評だった大川従道牧師の楽しく、為になるお話(説教)もありますので、最後までお楽しみください。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年9月17日(水) 10:07

2008/09/17 10:07

 「横浜で観る 日本の月」という三渓園の観月会に行ってきました。
 日が暮れる前に、原三渓ゆかりのお食事処「隣花苑」でお食事をいただき、そのあと園内を散策。


虚子の句碑「鴨の嘴 より たらたらと 春の泥」の横に咲く萩と曼珠沙華。

 夕闇が迫る頃は内苑の臨春閣でのお琴の演奏を堪能しつつ、昇ってきた仲秋の名月を鑑賞。


 携帯ではこの程度だが、とても大きくて綺麗だった仲秋の名月とライトアップされた三重塔。

 もう今までに何度か来ているのに、夜の観月だからかライトアップの故か、新しい発見が沢山あった。
 また来たくなった。
 次回は紅葉の季節と雪景色に来ようって、決〜めた。

 そうそう、私も一句。

 “名月や 水面を照らす あたたかさ”

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年9月15日(月) 09:03

2008/09/15 09:03

 9月14日は母親の実家である相模原市磯部の荒井家の叔母やいとこ達を自宅にお招きしました。
 15人ほどの皆さんと昔話など旧交を温め、大いに盛り上がりました。

 小学生の頃は、その母親の磯部の実家に一人で一週間くらい長逗留して、いとこ達とほとんど合宿生活をしていました。
 午前中はカイコの餌である桑の葉を取りに畑に、午後は相模川の用水路で泳ぎ、
 帰って昼寝。
 思い出した!
 畳にゴロンとして座敷を通り抜ける風に身を任せる昼寝の気持ち良さを・・・。
 
 今にして思えば、用水路の水泳はずいぶんと危なかった。
 結構急な流れの用水路に橋から飛び込み、張ったロープにつかまって陸に。
 もしロープをつかみ損なうと、流されるか次の橋(コンクリート)に激突!
 (おーこわ!)
 相模川本流の急に深くなっている砂利穴に潜るのも面白かった。
 水の中では音が遠くまで伝わるのを体験したのも、砂利穴で石をたたいた時だった。
 
 ♭ 夏〜の日〜の何とかアザミぃ〜 ♭
 
 そうです。まさに私の“少年時代”でした。
 
 そんな思い出話をしているうちに時間は経ち、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。
 
 まあ、父方の叔父・叔母・いとこ達に来てもらった9月6日と風景はほとんど同じで、違うのは出演者だけだから・・・・・・。
    (それが大きな違いか)

 

 仕方がないから、十五夜の写真をご覧ください。
 我が家では、経机にススキと三方(さんぽう)に載せたお団子、お盛り物(今年は梨・さつまいも・里芋)を飾ります。
 本当はロウソクの光にぼんやり浮かび上がるススキと、ケヤキの枝の間から見える仲秋の名月がとても風情があるのですが、携帯写真だと真っ暗でご覧いただけないので、昼間の十五夜飾りをご覧ください。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨