土屋きみやす−ツッチーレポート

2008年10月の記事

<< 前のページ

2008年10月24日(金) 09:30

2008/10/24 09:30


 依頼を受けて、9か月ぶりに明治大学政治経済学部で講義をさせていただいた。

 10月21日に「意外と知られていない自治体行政と地方議会」の第1回目「行政と住民」というテーマで行った。
 次回は「行政と議会」の予定である。

 しかし、依頼を受けた講義が火曜日の3時限目で、同じ火曜日の4時限目が大正大学の定例講義であり、駿河台から西巣鴨への移動も勘案し、90分の授業を少し早めに終わらせてもらった。


 前回より若干受講生が少ないことと、ほとんどの学生は後ろのほうに座る(いつの場合も大人も学生も同じ傾向だが・・・)ので、写真ではさみしく見える。
 事実、明治大学の別の学部に在学中のイトコの娘(こ)も潜り込んで聴講してくれたが、一番後ろに座っていた。

 さてその内容であるが、レジュメを書き出して見る。
 1. 地方自治の主役は首長(役所)か議会(議員)か住民か?

 2. 「国と地方」をイメージした場合の“地方”とは何を指すのか?

 3. 都道府県は“地方”を代表する自治を執行する団体か?

 4. 基礎自治体(市・区・町・村)こそが地方ではないのか?

 5. 市民とは? 住民とは?

 6. 行政と住民のコラボレーション(参加・協働)こそが真の自治の姿

 7. 意識改革と行政システムの変革こそが21世紀の課題

 8. その他

 授業風景と質疑応答を聞くかぎり、大変意識の高い大学生であると感じた。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年10月15日(水) 21:42

大学の授業

 大正大学の秋学期授業が始まった。
 幸い30人近くの受講希望者で無事にスタート。
 春学期は「地方自治」なので、秋学期は私の現在の研究テーマである都市計画・都市政策にした。
 前半はハワードの『 Garden Cities of To-Morrow 』すなわち『明日の田園都市』であり、後半は後藤新平の台湾や東京市の都市経営について講義する予定である。

 また、別に明治大学政経学部のゲスト講師の依頼もいただいている。
 こちらは「自治体行政と地方議会」がテーマ。

 そうした大学に通いながら、その行き帰りに神田や渋谷の古書店、楽器屋さん、レコード屋さんを巡るのも楽しみである。

 関係する会社のお手伝いという仕事も時々している。

 それ以外の余暇の過ごし方は、相変わらずの音楽(ブルーグラス)、ゴルフ、ヨット、登山(?トレッキングか)などなど。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年10月10日(金) 16:30

2008/10/10 16:30

 いろいろと忙しくてブログの更新が遅くなり、申し訳ございませんでした。

 チョッと時期がずれてしまいましたが、原子力空母「GW(ゴールデン・ウイークではありませんジョージ・ワシントンです)」の写真をご紹介いたします。

 ちょうど有料道路を下りるあたりが渋滞で、海を見たら「ジョージ・ワシントン」が入港してきました。
 フェンス越しの写真はその有料道路からです。

 その他の写真は甲板で羽を休める(マスコミの大好きな表現法!)艦載機。

 このあとすぐ、GWは某国との共同訓練のために横須賀を離れました。

 いずれにしても年末には“帰港(寄港ではなく帰ってくる)”するでしょう。

 さて、その時どの程度艦載機がうるさいか、解散総選挙とタイミングでも合えばまた大きなニュースになるんですけどね・・・・・・・。
 (期待しているわけではありません、念のため)


written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨