土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年01月の記事

<< 前のページ

2009年1月31日(土) 12:47

オバマ大統領就任演説の最後

 前回の最後に「We」,「Our」、「Us」の多さに言及したが、前半部分で「For us 〜」で始まる短いフレーズが3ヶ所あった。

 「われわれのために、彼らはわずかな所持品を荷物にまとめ、新たな暮らしを求めて海を渡った。」

 「われわれのために、彼らは劣悪な環境で懸命に働き、西部に移り住んだ。またむち打ちに耐え、硬い大地を耕した。」

「われわれのために、彼らはコンコード(独立戦争の激戦地)やゲティスバーグ(南北戦争の激戦地)、ノルマンディー(第二次世界大戦で連合軍が上陸作戦を行った場所)、そしてケサン(ベトナム戦争の激戦地)のような場所で戦い、死んでいった。」


 余談だが、私達のブルーグラス・バンド「グレート・ピース・ピッカーズ」が昨年11月に“大和カルバリー・チャペル”でコンサートを行った時、「アショカン・フェアウェル」という南北戦争を描いた美しいヴァイオリンの曲を演奏したが、その時、私は曲の説明で「アメリカ人にとって、最も辛くて悲しい歴史上の出来事は“南北戦争(Civil war)”、“ベトナム戦争”、“9:11テロ”である」と定義した。

 オバマ大統領は、南北戦争とベトナム戦争と共に、独立戦争とノルマンディ上陸を挙げて9:11テロは避けたが、国民全体の連帯と今後の対外政策に対する配慮だろうと私は理解した。

 さて前置きや余談が過ぎた。
 本題に入ろう。

 7回目の拍手は、

 「だから、あらゆる人種と信条の男女と子供たちが、この壮大なナショナルモールに祝福のために集まることができるのだ。」

「だから、60年足らず前には食堂で給仕もしてもらえなかったであろう父を持つ一人の男が、最も神聖な宣誓をするため皆さんの前に立つことができるのだ。」

 のフレーズの直後である。

 この少し前に、

 「今われわれに求められているのは、新たな責任の時代だ。すなわち、米国民一人一人が、自分自身やわれわれの国家、世界に対して責務を負っていることを認識することだ。」

 という部分など、どこを切り取っても歴史的な言葉、すなわち”珠玉の言霊(ことだま)”といっても過言ではない演説だった。

 さて、最後の部分である。


 「アメリカよ。共通の危機に直面した苦難の冬に、この不朽の言葉を記憶ににとどめよう。希望と美徳を胸に抱き、凍て付く流れに立ちはだかり、どんな嵐にも耐えてみせよう。子孫たちにこう言い伝えさせよう。試練にさらされたとき、われわれは旅を終えることを拒んだのだと。われわれは振り返ることも、たじろぐこともなかったのだと。そして地平線を見据え、神の慈悲を感じながら、自由という偉大な贈り物を抱き、未来の世代に無事に届けたのだと。」

 少し間をおいて、大拍手が起き、鳴り止まなかった。

 拍手までに若干の間が空いたのは、大統領が演説の最後らしい盛り上げをあまりせずに終えたからなのか、まだ演説が続くように聞こえていたのか、あるいは多くの人が聞き入っていたからなのであろうが、そこには確実に時間と空気の一体感が感じられた。

 ここで多くの日本人の演説、たとえば総理大臣の施政方針演説などを引き合いに出すような野暮なことは書かない。

 オバマ大統領の演説を鑑賞するだけに留めておきたいだけである。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月28日(水) 08:41

オバマ大統領就任演説の続き



 前回の写真は、何もわざわざテレビ画面から撮らずとも、You Tube画面を添えるか、携帯で撮るにしても、パソコン画面からで良かったことに気がついた。
 単なるIT弱者か?そうではない。その時は演説内容と共に、その時のテレビ画面のオバマさんを伝えたかったのである。

 今回スキャンした小浜さん、じゃない“オバマさん”(変換が日本の固有名詞で出る)は、友人のアメリカ土産で、我が家の冷蔵庫で使われているマグネットである。

 さて、演説の続きである。
 4回目の拍手は“大”拍手であり、その前に少しの拍手が3回起きている。

 「 大都市からわたしの父が生まれた小さな村まで、今日の日を見ている世界の人々や政府に告げたい。米国は、平和と尊厳を求めるすべての国、男性、女性、子供の友人だ。そして、いま一度先頭に立つ用意がある。 」

 ここは演説の最後と共に全体のクライマックスのような拍手だった。

 続いて5度目の拍手の起きた部分:

 「 テロや罪のない人々をあやめることで目的を達しようとする者に断言しよう。今こそ我々の精神はより堅固であり、打ち負かされることはない。勝つのはわれわれだ。 」

 ここも、「 We Shall Overcome = 勝利を我らに 」を思い起こさせる。

 反戦フォークの時は対象が当時の体制(アメリカ政府・国家)だったが、今はその体制のトップ(大統領)が、国民(My fellow citizens)に連帯を呼び掛けている。

 マルチン・ルサー・キングが姿を変えてそこに立っているような錯覚を覚えた。

 余談だが、このフレーズの直後に、アメリカが“Melting pot”と称される多民族国家であることこそが一つの強さとして表現している部分がある。

 「 われわれが多様な文化の寄せ集めであることは、弱さでなく力だ。われわれはキリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンズー教、そして無宗教の人々の国である。云々

 確かに無宗教の人々の存在は理解するが、仏教・ブッディズムも加えてもらいたかった。
 しかしここは、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教のメルティング・ポット国家を強調することで、中東などの国家間や宗教間の紛争に対して、強い平和の希求を意識したものであろう。

 6番目の拍手部分:

 「 腐敗と欺き、抑圧によって権力にしがみつく者たちは、歴史の流れに外れていると知れ。ただ拳を下ろすなら、われわれは手を差し伸べよう。 」

 ここにも「われわれ」が出てくる。

 先日、あるテレビ番組が調べたら、就任演説の中で、選挙当時に盛んに使われた「Change」はたったの2回なのに対して、「We」、「Our」、「Us」が合計150回使われていたとのことである。
 本当に多用していた。これがこの就任演説の特徴の一つである。

 残りの2か所部分は次回。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月23日(金) 23:51

2009/01/23 23:51

 前回の写真はYou Tube の画像をテレビ画面に映して、パソコンで動画を制止させて携帯で撮ったものだが、襟の星条旗のバッジが偶然光っていた。
 そういえば当日の放映でもしばしば輝いていた。
 だから?って聞かれてもそれだけの事だが・・・・・・・。

 そうそう、やはり宣誓の言葉を誘導するロバーツ最高裁長官が言い間違えたために、改めて就任の宣誓をやり直したそうです。
 でもその時に、リンカーン大統領が使ったバイブルは返してしまったので、聖書無しの言い直し宣誓だったそうな。
 (宣誓は有効なのか?なら、どっちの宣誓が?)

 さて本題。
 拍手が起きた最初のフレーズ:

 「今日、あなた方に言おう。われわれが直面する試練は本物だ。深刻で数多くあり、容易に短期間では解決できない。だが知ってほしい、アメリカよ。試練は克服できる。」

 ここのところは、次のフレーズの、「この日、恐怖より希望を、いさかいや不和より目的を共有することを選び、我々は集まった。」のあと拍手したほうが雰囲気を盛り上げたと思うが、聴衆は拍手のタイミングを待っていたために、チョッと早まった感じがした。

 それにしても、反戦フォークの時代を共有した私は、当時盛んに唄われたジョン・バエズの「We Shall Overcome」という曲を思い起した。

 次の拍手部分:

 「それは、すべての人民が平等で自由であり、最大限の幸福を追及する機会を与えられるという、神からの約束だ。」

 本来は全文、少なくとももっとその前のセンテンスから読むべきであろうが、拍手の直前のフレーズだけを紹介している。
 ここのところは聖書の言葉からのメッセージで、過去から未来への歴史を説いている。

 三番目の大きな拍手部分は:

 「今日から始めよう、我々は元気を取り戻し、ほこりを払い、米国を再生させる仕事に取り掛からなければならないのだ。」

 この間にも「われわれの」とか「われわれは」とか「われわれのために〜=For us〜」という言い出し部分が目立つ。

 所謂“連帯”を呼び掛けているのである。

 後半は次回。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月23日(金) 10:13

2009/01/23 10:13



 オバマ大統領就任セレモニーをテレビで観たあの夜から、すっかり宵っ張りになってしまった。
 ところが本番の時は同時通訳の声がまるで子守唄のようで寝ていたのです。
 後日、就任宣言のやり直し部分から就任演説の全てをYou Tubeでじっくりとみた。
 もちろん、新聞の英語全文とその訳文も読みながらである。

 就任宣言は、先導役のロバーツ最高裁長官が宣誓文の言葉の順序を間違えたからと報道されているが、テレビで見る限り、長官がセンテンスを短く切らずに先導した為、オバマさんがスムースにリピートできず、長官が本来の長さに短く切ってやり直したように見える。

 さて、就任演説であるが、全体に地味で堅実な言葉の連続であったように感じた。
 当日は「responsibility=責任」とかの幾つかの言葉や「For us 〜」などの繰り返し、フレーズなどが印象的だったが、やはり8カ所の大きな拍手が起きたところであろう。

 そのほとんどが“My fellow citizens”と呼びかけたアメリカ国民にアメリカという国家の団結を呼びかけた時である。

 次回、その部分を日本語で紹介し、分析も試みる。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月19日(月) 22:29

2009/01/19 22:29

 いよいよオバマ米新大統領の大統領就任受諾演説が始まる。
 歴史的な出来事に時間を共有できることは幸せである。

 今でも思い出すジョン・F・ケネディの

 Ask not、 what your country do for you !
Ask, what you can do for your country〜

 は、ずいぶん市長時代に引用した。

 マルチン・ルサー・キング牧師の

 I have a dream !
 I still have a dream.
Someday 〜

 という下りも印象深いフレーズだった。

 大勢に向かっての演説のコツは語尾を伸ばすのであって、選手宣誓のように叫ぶのではない。
 出来ない人に誰か教えてやって・・・・・・・。

 歴史的なその時は、日本時間の20日午前2時、起きていられるか・・・。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨