土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年02月の記事

<< 前のページ

2009年2月25日(水) 10:29

2009/02/25 10:29

 映画「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞を受賞した。
 快挙である。

 家内は去年のうちに友人と観ており、「良い映画だから観てくれば?」とずっと言っていた。
 私は、昨年末ハワイへの行き帰りの飛行機の中で何度も観てしまったので、その後も行きそびれていた。
 「何度も」というのは、御承知の通り機内の映画というものは機内アナウンスで中断したり、途中から見たりするからである。
 従って、同じところは何度も見たが、観てない場面も何カットかあったようなのである。
 そして改めて映画館に行くかどうか考えると、ほとんど観ているという結論に達する。
 なので、行っていない。
 (そのうちTVでやるだろう)とも思ってしまう。

 それにしても、良い映画であった。

 私が先ず一番に知りたかったのは、その原作である。
 その気持ちに最初に答えてくれたのはサンケイ新聞あたりからであろうが、受賞の翌日だった。
 青木新門という人の『納棺夫日記』とのことだが、この人とこの作品に注目し、15年かけて映画に仕上げたモックンの着眼点と執念、そして滝田監督をはじめとする関係者の大きな力の結集なのであろう。

 私が原作を知りたかったのは、物書きの端くれとしての興味と共に、納棺を生業とするその仕事に関心があったからである。

 以前、私の経営するメンズ・ショップの素敵なお客さんで湯棺を生業とする方がいた。
 もちろん仕事に対する偏見など私には毛頭無く、逆にいろいろと人の死や葬儀のことなど関心があり、訊いたり、話したりした、良いお客さんで友人であった。
 そんなお付き合いだったからか、私の父が大和市立病院で亡くなったとき、御夫婦で我が家に来て下さり、「土屋さんのお父さんですから、無料で湯棺をさせて下さい」と申し入れてくれた。
 私は(もちろん料金をお支払いして)お願いしようと思ったが、姉たちが反対したので、仕方なく鄭重にお断りした。
 以来18年、このご夫妻には会っていない。
 父にも湯棺をしてやりたかったと何度も思い出す。

 特に「おくりびと」が話題になるたびに、「私はお願いしたいのですが、姉たちが反対してまして・・・」といって断った時の、悲しそうなご夫妻の顔を思い出す。

 母が急性骨髄性白血病に侵され北里大学病院で亡くなったとき、病院側から「今後の医学の研究と発展のために」と献体を申し入れを受けたが、この時も姉達に反対され、お断りした。

 今でも、両親はどちらを希望しただろうかと、親の気持ちを時々考える事がある。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年2月12日(木) 14:58

2009/02/12 14:58

 二月の或る日、家内と家内の姉の3人で、一泊二日の京都の旅に行ってきました。
 お花見でもなし紅葉でもないこの季節は、安いのと観光客が少ないという理由で、とても有意義な旅でした。

 京都駅に到着して早速、伏見稲荷をお参り、千本鳥居(写真1)で有名な裏山「稲荷三ヶ峰」を登り、最高峰のお宮(写真2)もお参りし、限定公開の「松の下屋と庭園・お茶室など」を拝観しました。



 次には比叡山のふもとの坂本に移動、「公人屋敷」を拝観し、その後、坂本名物の手打ち蕎麦を「本家 鶴㐂蕎麦」(ここは美味い!絶対お勧め。以前は庭園が素晴らしい豆腐料理で有名なお店に行った。)で食した後、日吉大社をお参りしました。
 全国三千八百余の日吉大社は神の先導役である猿(猿田彦・カルラ天・天狗など)の神社であり、たまたま西本宮から東本宮に行ったら猿の群れに出会った。


 次に向かった天台宗の滋賀院門跡と慈眼堂も大変興味深かった。
 最初の説明の後は「自由にご覧ください、写真撮影もご自由に」とのことで、各間(部屋)・襖絵・杉板戸の絵・内仏殿・多くの仏様・小堀遠州の庭などなど、ゆっくりと拝観した。
 この辺りは石垣の技能集団“穴太(あのう)衆”の石垣が多く見られ、あらゆるところの穴太積みが見ごたえがあった。


 夜は先斗町の「○○屋」で、ゆっくりお食事。
 ここは、安くて美味い! つくづく料理はセンスだと思った。
 (京に行かれる方には、そっとお教えいたしますよ。)

 翌日はホテルからウォーキングで、“錦市場”へ。
 京都に来たら必ず寄らなくては気が済まない場所である。

 そしてバスで約1時間、京の西方の高尾に。
 鳥獣戯画で有名な高山寺、西明寺、神護寺の三山を歩き、またバスで京都駅に。

 やはり紅葉の季節が一番だが、北山杉が綺麗で気持ち良かった。

 ほとんど京都の旅というより、山を上ったり下ったりで歩き通し・トレッキングの二日間でした。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年2月6日(金) 20:02

それに引き換え、スポーツの爽やかさ

 先日のスーパー・ボール(アメリカにおけるアメリカン・フットボールの最高峰)を観て、その素晴らしさを堪能した。
 アリゾナ・カージナルスと対戦したピッツバーグ・スティーラーズの見事な勝ちっぷりは筆舌に尽くしがたいが、ここに書いてみる。

 第2クウォーターの終了間際に、スティーラーズのLB(ラインバッカー)ハリソンが100ヤードという史上最長のリターンTD(タッチダウン)を成し遂げたのもすごいが、結果もまず間違いなくスティーラーズが勝つと思いながら私はリラックスしてブルース・スプリングスティーンのハーフタイム・ショーを観ていた。
 エキサイティングな場面は第4クォーターに起きた。
 ほとんどスティラーズの勝利を確信していたが、カージナルスがパス・プレーを多用し、20対23と逆転した。

 ここで普通ならカージナルスの逆転勝利で終わるのであろうが、試合終了の35秒前、ロスリスバーガーがWR(ワイドレシーバー)のホームズに6ヤードのTD (タッチダウン)パスを成功させた。
 ロスリスバーガーのパスも、ホームズのしっかりとしたキャッチも素晴らしかったが、驚くべきはホームズの両足である。
 ビデオでもはっきりと両つま先が着いており、文句なく再逆転TDで終わった。
 スポーツの素晴らしさを久し振りに堪能した。

 実は私はスティーラーズのファンである。

 以前、我が家の貸家に1年間だけ住んでいた科学者がピッツバーグの人で、当時1〜2歳のウィル坊やを我が家ではとても可愛いがっていた。
 まだ赤ちゃんなのに、オモチャとオムツを持参して我が家に2回たった1人でお泊りもしたウィル坊やも偉いが、我々に子供を預けたアメリカ人の子育てぶりにも驚いた。
 そんな縁で、その人のお姉さんの家に我が家の娘は1年間、留学をさせてもらった。

 我々も娘の留学中にピッツバーグを訪れ、一家の皆さんから歓待を受けた。

 だから今でもピッツバーグは身内が住んでいる土地のような気がしており、バスケットもアイスホッケーも野球も、そしてアメフトもピッツバーグのチームを応援している。
 今回のスティラーズーには、ファンとして素晴らしい感動を与えてもらった。
 スポーツは素晴らしい。

 それに引き換え最近の政治には目を覆うものがある。

 麻生総理の郵政民営化の見直し発言も、選挙での特定郵便局周辺票欲しさの秋波なのであろう。

 “政府紙幣”って、まさに“円天”である。(自民党内でも言われているらしいが・・・。)

 “定額給付金”も10年前の“地域振興券”と同じばらまきの大愚策である。
 私はもらうつもりはない。それほど私は“さもしくない”。
 そうそう、この予算に賛成した国会議員が受け取れば、それは“お手盛り”である。
 自分が決めたものを受け取る事だからである。

 あーあ、“言うまいと 思えど 寒き 政治かな”。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨