土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年05月の記事

<< 前のページ

2009年5月27日(水) 11:12

2009/05/27 11:12

前回から久し振りに参加をしている“大澤杯”ゴルフ・コンペ。

 いつもの「伊豆カントリークラブ」で行われました。

 私のスコアーは、5パー、7ボギー、4ダボで、大たたきが2ホール。

 スコアーは言いませんが、10組37名中16位でした。

 ちなみに、このコンペでの私のハンデは15です。


テレビ朝日ニュースキャスターの渡辺宜嗣さんと。



大澤弁護士と。
(ちなみに大澤孝征君は小・中学校の同級生)

 「2」とある賞品(TBSの昆さん提供賞品・小さくて価値のあるもの)をゲット。


「ブログに載せる」と私がいったら、「私の写真も載せてよ」って寄ってきたTV朝日関係の田中さん(右端)。
 そのお隣はベスグロで優勝のTV朝日の浅田さん。そして私、左端が大澤弁護士。




 みんな、古い付き合いのゴルフ仲間です。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年5月20日(水) 12:29

最近思う事など

 5月12日から13日の未明にかけて、原子力空母ジョージ・ワシントンの艦載機騒音がとてもうるさかった。

 特に厚木飛行場の北側を旋回して着陸していたのであろうか、普段は比較的航空機騒音の少ない大和市の北側である我が家のほうもひどかった。

 それも(10時過ぎてもまだ飛んでいるなぁ〜)と思っていたら、それどころか、夜中の午前零時過ぎ、午前1時近くまで飛んでいた。

 夜型の私がベッドに入ったのが午前零時半頃だったが、確実にちょうどその頃、飛行機が飛んでいた。

 それもけっこううるさい飛び方で・・・。

 まるで「今の大和市なんかちっとも気にしていないぞ」と言っているような、「10時以降は飛ばない」という取り決めを全く無視した時間帯での騒音であった。軽く見られたものである。


 ところで話は変わるが、5月13日の参議院で沖縄駐留のアメリカ海兵隊のグアム移転費用を日本が負担するグアム協定が否決された。

 当然、参議院で否決されても衆議院の議決から30日以内で自然承認される憲法第61条の規定が適用されるが、今後の民主党にとって重い意味を持つ事を心配しないのであろうか?

 というのは、このことは日本の対米外交と防衛問題と基地所在自治体への影響は非常に大きく、今度の衆院選挙で民主党が政権に就いた場合にその課題が大き過ぎるのである。

 グアム移転白紙→普天間基地問題白紙→厚木基地の第5空母航空団の岩国移転白紙、てな事ににならないとも言えない。

 それとも政権は握れないと考える相も変わらずの無責任な野党のままのつもりなのであろうか?

 世論を見る限り、小沢傀儡といわれる鳩山代表にも警戒感と失望感が多いが、麻生自民党&公明党連立政権には期待感がないから、政権は民主党中心に変わるであろう。あるいは自民党も含めて政界再編につながる序章になるやもしれない。

 その時に民主党の対米外交政策と国防政策はどうするのか?

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年5月14日(木) 09:03

連休後半とその後

 連休後半の5日と6日はバーベキューが続いた。
 5日は身内とその友人たち。
 6日はバンドの仲間と練習を兼ねて。

 残念ながら雨のためにベランダというか、サン・ルーム的な軒下で実施。
 5日の第2部は屋内に会場を移して飲み、食べ、しゃべり、唄い。
 6日もバーベキューの後は屋内に場所を移して真面目にバンドの練習。
 5月17日、6月7日、6月13日のライヴに備えて、である。
 よく「練習は週1回ぐらいやるんですか?」と聞かれるが、バンドのメンバーはみんな忙しいので、このようにほとんど曲目の決定と内容の打ち合わせ、音合わせ程度の1〜2回である。

 10日は大和市弓道協会の「まほろば弓道大会」の顧問として出席。
 開会式でのあいさつの後、1時間ほど観戦。
 依田会長から「土屋顧問もぜひ弓を始めてください」と、また言われた。
 (ゴルフに、ヨットに、スキーに、乗馬に、トレッキングに・・・・・そのうえ弓?う〜ん考えておきます。)

 12日は2週間ぶりの大学講義。
 第3回目のテーマは「参加・協働・そして真の自治へ」というものであるが、近々NPOに関する講演依頼がありそうなので、改めてまとめた持論の“NPOとボランティアの違いい”や“日本とアメリカのNPOの比較”などを中心に講義した。

 最近は、時間を作ってはアレグザンダーの『パタン・ランゲージ』を読んでいる。
 とても面白い。
 別のブログで、この『パタン・ランゲージ』に誘発されて「築130年の家」というシリーズも書き始めている。

 C・A・ペリーの『近隣住区論』(『The Neighborhood Unit』)もまた読み直そうとしている。
 ペリーの近隣住区は偶然にも、私が大和市で試みた「市民自治区」とその思想を同じくする。
 今でも、「現在の不況下とこれからの時代には、あの市民自治区はやはり進めるべきでしたね」と多くの市民にいわれている。

 ウィトル・ウイルスの『建築書』もアマゾンで既に取り寄せてあるので早く読み始めたい。
 このところ、私の研究は都市工学方面である。
 理由はご想像に任せる。

 13日は今年初めてのヨット。
 最初は凪でほとんど進まなかったため波のうねりにクルーザーが上下し、少し気分が悪くなった。
 夕方からの加藤高道さんのライヴが相模原市橋本の「HKラウンジ」であることもあり、お昼でヨットを下船した。
 「午後は降ります」とクルーに言った後、昼頃から太陽も出て、さわやかな皐月の風がブローしてきた。
 後ろ髪をひかれる思い(後ろには髪がある)で、葉山マリーナを後にした。

 加藤高道さんのライヴは相変わらず良かった。
 エンターテイナーとしての才能が花開いていた。
 持ち歌は勿論だが、物真似も楽しかった。
 今回は岡崎友紀さんも出演し、カップリング曲「永遠の誓い」キャンペーン。
 私のブログを見て遠路はるばる来てくれた千葉や東京(芝、大田区など)のファンの方々からわざわざご挨拶をいただいた。感謝である。


 お客さんも多かったこともあり、去年HKラウンジに紹介(プロモート?)した私は後ろの席。



 最後に高道さんと2ショット、でした。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年5月5日(火) 22:31

その後の近況

 月日がたつのが早い。もう五月である。
 前回の近況以降のいくつかをご報告する。

 4月の後半はアメリカ人の友人や大和や寒川や綾瀬のゴルフ仲間とのゴルフが数回(特に綾瀬の方々から聞く話が面白かった。私の評価や各種の選挙情報、人物評価で夜10時過ぎまで大盛り上がり。)

 相模原の或る方の誕生パーティ出席(ここでは金井清一プロとゴルフ談議?)。

 関西方面や市内の方々の来訪。

 26日は新築した母親の実家の披露(子供の頃の夏休みの思い出一杯の古い家を再生して欲しかったが、飛騨高山の大工さんを呼び寄せての新築とか。一体幾らかかったのだろう?)。
 席を換えての宴会が面白かった。
 いいオジさんやオバさんになったイトコたちとの交流で大盛り上がり。
 私より話術が勝るイトコのN君が司会進行(彼には未だに勝てない)。

 通夜参列。人との別れは寂しいものです。

 28日は大正大学の授業。
 第二回目のテーマは「住民と政治(行政と議会)」。
 世は相変わらず、リコールや議会解散、市長不信任、解職など地方自治法の具体例には事欠かない。

 5月の連休は友人たちに手伝ってもらって庭の芝(じゃない草)刈りと連日のバーベキュー(2日、3日、5日、6日)やお見舞い。
 バーベキュー用の野菜などほとんどいただき物。
 トマトをいつも分けていただく友人のところに行ったら、大根、玉ねぎ、キャベツ、レタス、サニーレタスとその他も沢山いただきました。
 (写真はハウスのトマトと野菜の山)




written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨