土屋きみやす−ツッチーレポート

2010年02月の記事

<< 前のページ

2010年2月28日(日) 00:00

イギリス紀行(その1)

 30数年ぶりにイギリスに行ってきました。
 エベネザー・ハワードの田園都市の歴史です。
 ロンドン市内から地下鉄(アンダーグラウンド)と鉄道を乗り継いで、レッチワースとウェルウィ・ガーデンシテイ、また最初のニュータウンであるスティーブネージも途中駅であり、当然ここも見てきました。


(写真はレッチワースで入手した書籍や絵葉書)

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年2月18日(木) 23:55

最近の報道記事から

 国会の党首討論もひどかった。

 特に、“平成の脱税王“と名付けられた鳩山総理の「国民には汗を流して税金をお支払いいただき、云々」には驚いた。
 こういう事を、世間では「盗人猛々(たけだけ)しい」と言う。

 また、「1円たりとも税金の無駄使いを許さないことだ。云々」という答弁に至っては、政治資金規正法違反逃れの贈与税漏れ(?脱税も“漏れ”?)の張本人が言っているのであり、将に“天に唾する”発言である。
 許せない。
 これは“論理のすり替え”である。
 「お前に言われたくない!」、「お前に言う権利はない!」。

 鳩山総理は、今回も“天地神明に誓って〜”と言っているが、“神”は鳩山神社程度の神なら誓えば信じるだろうが、“天地”という大自然のオーソリティには通らない。

 私の好きな言葉に「天に口無し、人をして言わしむ」という言葉がある。
 世論、マスコミ、国民、などの言葉こそが“天の声“なのである。
 その天が「おかしい」、「絶対不正だ」と言っているのである。

 それに、信用できない兄弟なら、母子も信用できないですよ、鳩山さん!
 まあ、ブリジストン・タイヤは今後絶対に履かないようにしますね。 

 小沢一郎氏の言動も自己矛盾している。
 ついこの間、「不公正な国家権力の行使」と言って検察を批判していたのに、先日は「公平公正な検察当局の捜査」とか「検察の捜査に勝るものはないでしょう」だってさ。
 まあ、心臓がお悪いらしいけど、まともな心があるならば夜もオチオチ寝られていないはずである。
 くれぐれもお体お大事に・・・。

 先祖代々の不正蓄財の金や、ゼネコンから巻き上げた金や、労働組合からの不正なお金でない、まともな人物に投票しましょう。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年2月16日(火) 23:55

アクセス数

 2月14日に「あと139」とお知らせしたアクセス数が、2月16日に見てみましたら、なんと早くも「100036」になっておりました。
10万人目の方、証明する携帯写真を添付して下記のアドレスにお知らせください。
近々出かける予定ですので、そのお土産を買ってきます。


tsuchy-kalasu@hotmail.co.jp

或いは
kimichan_tsuchy@yahoo.co.jp

又は
tsuchy@kimiyasu.com

それにしても、嬉しいですね。ありがとうございます。
これからも引き続き、アクセスをお願いいたします。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年2月14日(日) 23:09

アクセス数『100、000』まで、あと少し。

 アクセス数が10万まであと「139」になりました。
 「100000」にヒットした方、携帯ででも数字を撮影してお知らせください。
 記念品を差し上げます。

 何にするか考えていないけど・・・。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(5)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年2月9日(火) 10:38

これで7月の参議院選挙は面白くなってきた。

 加藤紘一さんとの国会のやり取りを見た。
 鳩山総理大臣は“他人に厳しく、自分に甘い人”なのだとつくづく感じた。

 鳩山さんは贈与税をごまかし、その(自分ちのものだから反省していない)金で総理のポストに着き、今も総理と国会議員であり続けている。
 小沢さんも金の処理の悪さ(政治資金規正法違反、鳩山さんのすりぬけを真似て言い始めた相続税や贈与税逃れ、個人と陸山会の使い分けなど)が前面に出てきた昨今、このままいけば7月の参院選は面白くなる。

 世論調査によると、特に小沢さんに幹事長辞任と議員辞職を求める声が90%に達するらしい。
 でも、ここでこの二人が表舞台から下りてしまったら、民主党はまた参院選で勝ち、民主党単独政権も可能となってしまうので、ぜひお二人には引き続き悪人でいて欲しい。

 野党はグッとここは我慢して、悪役には悪役で居続けてもらった状態の参院選の戦略を練ってもらいたい。

 でも、だからといって自民党に国民の支持は戻らない。

 (そうか!それで、私に「参院選に出ないの?」っていう声が高まっているのか・・・・・・・。)

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨