土屋きみやす−ツッチーレポート

2012年12月の記事

<< 前のページ

2012年12月19日(水) 15:44

選挙が終わり、やがて来るのは・・・・・。

 都知事選挙と衆議院の選挙が終わった。

 都知事は当然、猪瀬さんで、その獲得票は434万票。
 それにしても、神奈川県知事としてさしたる功績もなかった松沢さんは、今回の都知事選で、“神奈川県知事”という立場を軽いものにしてしまった。神奈川県民として恥ずかしい。

 衆議院選挙は自民党と公明党の大勝、というより、民主党の大敗。
 日本維新の会も予想通り伸びて、みんなの党も頑張りました。
 我が神奈川第13選挙区の維新の会とみんな党の若い二人には明るい未来がある。
 それぞれ、大和市と海老名市の市長でも、次の衆議院議員でも、参議院議員でも、選択肢も可能性もある。

 そういえば、嘉田知事の顔が、選挙の後半、段々貧相になっていったのも面白かった。

 安倍さんとは大和市が構造改革特区第1号の認定を受けた時のパーティでご一緒したけど、私の市長時代は民主党が登り調子の時代だったので、野田さんや嘉田さんとパネルデスカッションで並んで座った事がある。
 また四国の徳島では、仙谷由人さんに大変お世話になった。
 御気の毒に・・・・・・・。
 つくづく、時が歴史を創る、と感じた。

 維新の橋下さんと石原さんの関係や、自民党と公明党の関係も、このまま蜜月で行くのか大いに気になる。

 1年もすれば「三日見ぬ間の政治かな」となるような気がする。

 ところで私だが、先日ちょっと早めのクリスマス・パーティを自宅で行い、孫たちに恒例の“ロースト・チキン”を焼いた。


 今回はわたしのファッションについて。
 頭はバンダナ、シャツはJ・プレスのオックスフォード・BDシャツ、ネクタイはブルックス・ブラザーズの今シーズン・バージョンのクリスマス柄、エプロンは以前のバレンタインに姪っ子達がくれたロイヤル・コペンハーゲン製、スラックスはサントロンのタータン・チェック(ブラック・ウォッチ)、赤いベストのブランドは?。

 おっと、肝心のロースト・チキン、美味しく焼きあがりました。

 今年はもう一度、焼きます。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年12月15日(土) 15:43

うかい亭クリスマス・ランチ・ライヴが無事に終わりました。



 “うかい亭でランチを召し上がっていただきそのあとにブルーグラス・ミュージックを聴いてもらうクリスマス”という企画を12月の12日に行いました。
 御案内をお出ししたのは、日ごろ私のブルーグラス・バンド「グレート・ピース・ピッカーズ」のライヴや、私の講演会や大学の公開講座にお出で頂いている皆様が対象でした。
 おかげ様で案内発送後、10日程で定員の70名を越えてしまいましたので、うかい亭にお願いし80名に増やしました。
 それでも、申し込みが続き、(あきらめて次回に)という方の他、10名以上の方がキャンセル待ち(キャンセル1名のみ)という状況で、当日を迎えました。

 素敵な雰囲気の「横浜うかい亭(大和市つきみ野のあるのに、なぜか“横浜”と付く)クリスタル・サロン」での美味しいランチのフルコース、それも料理長のご厚意で、ビュッフェ・スタイルではなく、皆様の席にお料理やお飲み物がサーブされる方式でした。
 そして、デザートとコーヒーが出始めた頃から、ワインやビールを飲みながら私たちのブルー・グラス・ミュージックを約1時間、楽しんでいただきました。
 クリスマス・プレゼントのシクラメンの鉢植えをお渡ししながら、お見送りをさせていただきましたが、参加した皆様は約3時間、充分楽しんでいただいたような雰囲気でした。
 お出で頂いた皆様に感謝です。

 当日までの期待感と不安感、当日の緊張感、翌日の達成感、翌々日の虚脱感が、もしかすると来年も実施させていただく基なのかもしれません。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年12月11日(火) 13:52

今年の総括(2)衆議院選挙雑感

衆議院選挙真っ盛りである。

 大学の講義で学生に話した。
 「原発を10年とか20年で無くす話よりも、未だに復興が為されていない現状をどうするのか?それが政治である。」と。
 多くの受講生が感想シートに書いてくれたのは、私と同じ考えだった。
 国民の一般的な意識であろう。

 雨後のタケノコのような政党と、賞味期限切れどころかもう食べられない既成政党のなかで、誰を、どの政党を選ぼうか?

 神奈川13区の候補者、1人を除いて皆知り合いであるが・・・・・・・・・。

 届け出順に、

 1.奥さんが大和中学の1学年先輩で、その奥さんとは市会議員同期。市会議員と市長時代の20年間、議場で相対した。
   私は共産主義とは“倶に天を戴かない”が、坂本龍馬の協和思想の流れの一つ(中江兆民、植木枝盛、幸徳秋水など)である社会主義にはシンパシーを持っている。
   これが私のリベラルの原点。

 2.維新の党となると幕末の“回天”を期待するが、はたして幕末の維新と現在の維新とは同日に論じられるのか?
   この候補者とは面識がない。
   しかし、私が集中講義をしたことがある明治大学公共政策大学院修了とのことで、シンパシーを感じる。
   その時の教え子にも関東周辺の現職の県会議員や市会議員、品川の区長(宇都宮徳馬先生の秘書から都会議員になり、区長になった人で、私を良く知っていた)をなどがいたが、
   今回のこの候補者はその後の生徒だったと思われる。

 3.民主党の現職。
   彼に感心するのは、私と会うと長岡藩の家老で陽明学者でもあった河井継之助の話をする事である。
   厚木や相模原方面の選挙区から出ている民主党の後藤さんも、先日私が佐藤一斉の『言志四録』について話したスピーチを聞いた後、『言志四録』を座右の書にしていた西郷隆盛の話をしてきた。
   彼は高校の後輩であり、選挙区が違うが、何としても応援して当選させたい男である。
   おっと、13選挙区の話からそれてしまった。

 4.昔からよく知っている人であり、以前はお世話にもなった。
   かつて渡辺美智雄さんや山口敏夫と行動を共にしようとした事があったように、機を見るに敏であるが、その故に・・・・・・・・。
   彼の座右の書は佐藤一斉の『言志四録』にある「得意淡然 失意泰然」だが、私から送る言葉は「無信不立」である。

 5.彼は私が市長3期目の時に市会議員に出てきた人で、選挙は上手である。
   体制に対抗することで存在感を大きく見せる、良くあるパターンの議員であった。
   以前彼に「後世畏るべし」という言葉を送ったが、今は「成年老い易く 学成り難し」という言葉を送る。

 さて、誰に投票しようかな?

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年12月5日(水) 18:26

前回以降と今年の総括(その1)

 前回のブログ以降ですが、大学の授業や会長をしている団体のイベント、ゴルフ、スポーツ・ジムでの運動、などなど。
 ゴルフは本当に難しい。(今日こそは80台)とか、(パーを5つ以上にバーディも)とか考えてスタートしても、終わってみれば90以上。

 26日は1年に1度しかやらないボーリングの大会に。
 1ゲーム目は並みのスコアだったけれど、2ゲーム目に159を出し、約30人の出場者(女性参加者には20とか30のハンデがある)中で優勝。
 往年のようなターキー(3連続ストライク)こそ出せなかったけれど、スペアをそこそこ出せばまあまあのスコア。

 12月1日は、葉山マリーナ・ヨット・スクール恒例のレースと打ち上げパーティ。
 レースは毎週土曜日の若手チーム3艇と、月1回のシニア・チーム2艇が出場。
 もちろん私はシニア・チームの艇でしたが、スキッパー(艇長)として2レース全ての舵を握る。
 (結果は4位のブービー。トホホ。でも最下位が土曜日の若手チームで何となくホッとしました。ヨットは難しい・・・。)
 打ち上げのパーテイでは、私が穿いていたヨットのロープ・ワークの図柄のボクサー・パンツを皆(女性たちまで)が見たがり、4回もズボンを下ろしました。
 (帰ってから女房に話したら、呆れ顔で睨まれました。みんなが喜んだんだから良いと思うけどねェ。)

 12月2日は母校・青山学院校友会湘南支部のクリスマス・パーテイに。
 私の役割は乾杯のあいさつ。
 「来年の経済も政治も期待ができないが、私たちには夢がある」、と。「マルチン・ルーサー・キングは 有名な演説でアイ・ハブ・ア・ドリームと言ったが、私たちはウィ・ハブ・ア・ドリームだ。そしてマルチン・ルサー・キングはその後にサム・デーと言ったが、私たちはネクスト・マンスだ。」と。
 そうです。1ヶ月後、箱根駅伝で青山学院の優勝が期待できるのです。

 12月3日には我が家のクリスマス・ツリーの飾り付けを家内とやりました。
 クリスマス頃に来る孫や友人たちの顔を思い浮かべながら・・・・・・・・。

 選挙の話は、来週。お楽しみに・・・・・・・。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨