土屋きみやす−ツッチーレポート

2013年06月の記事

<< 前のページ

2013年6月23日(日) 11:15

いよいよ富士山が動き出した。

 といっても、本当に富士山が胎動始めたわけではない。世界文化遺産に登録決定された事である。

 しかし、富士山大好き人間の私としては、複雑な心境である。
 いつも美しいと感じるが、とりわけ山中湖畔旭日ヶ丘の別荘(友人の)から見る朝日を浴びて徐々に赤くなる朝焼けの富士、相模湾のヨットから見る江の島や烏帽子岩の向こうに見える真白き富士、鎌倉材木座あたりから見る真っ赤な夕日を背中に背負った仁王様のような富士、などなど、まるで恋する人を見るがごとく年中、富士を仰ぎ見ているのだが、どうも今回の決定で、他の男たちまでが我が恋人の素晴らしさを知り、注目し始めたような、そんな心境なのである。

 5年前ガイド付きの富士登山を初体験し、その経験(良くも悪くも)から、4年前からは単独の登山をしてきた。その初体験の最も大衆的で、安全で、歩行者天国のような大行列の富士吉田口から始まり、森林浴を楽しみながら森林限界線を越えて登る須走口、最も長い距離で人気がないが下りは飛ぶようにくだりおりる(大砂走り)御殿場口、最も短距離だが急峻な登りが続き宝永火口を右に見ながら登る富士宮口、そして友人をガイドしながら登った2度目の須走口。
 今年は3人の初心者に同行を頼まれているのだが、はたしてどんな混雑が巻き起こるのか?

 先日、写真家として高名で、富士山の撮影では最も有名な、さらに山中湖写真ギャラリーをも経営する富塚さん夫婦から、フジテレビからのアンケートに代わりに答えてくれるよう依頼があった。彼ら夫婦は富士山に登ったことがないからである。

 アンケートにも答えたが、富士山を楽しむには、1合目から登ることや、お中道(現在は途中から先は通行禁止)・御庭・奥庭を縦走するルート、富士登山ならぬ富士下山(5合目から3合目あたりまで下る)など、登山の楽しみもいろいろあり、更には江戸時代に大流行した“富士(不二)講”や東京の至る所に残る“富士塚”、富士信仰の登山者を案内したりガイドしてきた御師と呼ばれる人たちの歴史など、登山の歴史も多岐に亘り、多種多様である。



 昨年は頂上の御鉢めぐりの途中で御来光のあと西側に出た“朝日の蔭富士”を撮影することに成功した(写真)ので、今年は夕方、頂上から見下ろす東側にできる“夕日の蔭富士”を撮影したい。

 富士山の魅力には終わりがない。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年6月18日(火) 11:48

六月のその後

 6月1日のOB会と2日のふれあいコンサートが無事に、それもそれぞれが盛大に終わり、ホッとしていたら、あっという間に6月も後半になってしまいました。
 最近は、周りの人々がフェイスブック中心になっていて、ブログの方がご無沙汰しておりスミマセンでした。
 時々のゴルフ練習ラウンドは除いて、その後の動きを書き出してみます。

 毎週の金曜日は大学の講義、毎月第1土曜の早朝は坐禅。
 8日は踊りの会に伺い、9日は友人で義理の従兄弟のライヴ(1曲出演)。
 10日はヨット・セーリングで、江ノ島沖へ2往復。1往復の往きと2往復目の全て、要する4分の3はスキッパーを勤めました。
 葉山マリーナに帰り、ゆっくり持ち寄りの昼食を頂き、帰って来ました。 13日は私が代表を務める団体の常任運営委員会、14日は関係する会社の役員会から大学へ。
 15日は菩提寺大林寺の総代会。
 16日は葉山マリーナのレース出場。烏帽子岩一周のレースで、30数艇参加、我々のヨットは8艘のモデラート・クラスに参加。モデラート・クラスでは上位に入りました。
 パーテイ&表彰式の前に、船上で、Y村さんの奥さん手作りの豪華ランチをご馳走になりました。
 17日は高校同期のゴルフ・コンペ。23人中第7位。ラッキーセブンはお米5キロ(こういう商品が何よりですね、お土産としては)。
 ある友人が、つくづく、「こうしていると高校時代に戻った見てえだな」と言ってたけど、本当にそんな感じでした。(みんな年であそこが悪い、ここが悪い、と言ってるけど・・・・)
 という事で、結構忙しく(遊び中心)しております。

 そうそう、最近読み返している本はレイチェル・カーソンの『沈黙の春』だが、OB会の時に後輩のノンフィクション作家である滝田誠一郎さんから新刊書『開高健名言辞典 漂えど沈まず』を貰ったので、こちらを先に読了した。


 彼は開高健研究の第一人者と言ってもよく、著書に『長靴を履いた開高健』などがある。
 今度の本も面白かった。
 釧路湿原のイトウの話の所では、昔、北海道に行った時の話を思い出し、「釣りの話をする時は両手を縛っておけ」や「釣りは大小ではない。魚は魚、一匹は一匹、女は女だ~」など思わず笑ってしまったり、ほくそ笑んだりしてしまった。

 是非、皆さんは買ってお読み下さい。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年6月4日(火) 08:31

音楽活動の日々



 といっても、6月1日と2日だけなんですが、とても楽しく充実した2日間でした。
 1日は大学時代のバンドのOB会(写真)で、2日は地元大和で活動しているNPO法人「なんでもプラス地域ネット」主催のふれあいコンサート出演(前回ポスターでご案内したもの・写真は次回)でした。
 OB会は1バンド15分(4曲)、ふれあいコンサートは2時間(約20曲・トークを交えて)という全く異なった内容でしたが、それぞれのライヴに満足致しました。

 OB会は先輩も後輩もみんなが楽しみにしている年に一度の大イベントで、学生時代にタイムスリップできる同窓会です。
 約100名の参加でした。


 そうそう、内館牧子さんも後輩のお姉さんなので、毎年ご家族で参加いただいております。(写真はご挨拶しているところ)
 大和市コミュニティー・センター公所会館でのふれあいコンサートはホールが満席(70〜80名位かな?)で、最後までの2時間お付き合い下さったお客さんのレベルの高さに驚きました。

 そのまま、我が家で打ち上げ。
 前日のOB会に出た後輩(内館牧子さんの弟)も、お母さんの米寿のお祝いのあと駆けつけて、皆で夜の10時半まで、唄って、演奏して、飲んで、食べて・・・でした。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨