土屋きみやす−ツッチーレポート

2013年11月の記事

<< 前のページ

2013年11月17日(日) 15:54

近況と雑感

 またまたツッチー・レポートのブログの更新が途絶えており、お会いする人たちに言われたり、お電話やメールの最後に「ところで、最近ブログが・・・・」と言わたりしてきた。

   最近お会いする人からは土屋市政時代の評価を頂くことも多く、恐縮至極である。
 思い付くままに書いてみる。
 @ グランドゴルフ愛好者からは、厚木基地の南面国有地の地元活用実現を感謝され、

 A 交通不便地域にお住まいの人からは、コミュニティ・バスの実現を感謝され、

 B 渋谷区画整理区域内の人々のみならず、南部の人々から区画整理の実現を「土屋さんだからできた」と評価され、

 C 最近では、現在の市政で実現した市立病院の黒字化まで「土屋さんが手がけてきた成果で、いま黒字に・・・」とまで言われる。

 D そして最近多いのは“家庭ごみの戸別収集”に対する評価である。
   それも、横浜市民、平塚市の環境関連会社経営者、鎌倉市民など、他市民からの評価が多く、驚いている。

 更に「何でも土屋さんのやったことは早すぎたんだよ」ともいわれることが多い。

 また最近、全国の地方議会約200ヶ所で制定されつつある議会基本条例に関連して大和市自治基本条例への評価も多く頂く。
 明治大学政治経済学部から、そういった内容の講義を3・4年生を対象にしての依頼があり、先般2回に渡って講義を行わせていただいた。

 本元の大正大学での秋季講義は「歴史から政治を面白く学ぶ」と題して、週1回行っている。

 趣味では、相変わらずのヨット(今シーズンは台風等の天候やクルーの確保、共同所有のヨットのメンテなどでしばしば中止だったが・・・)、ゴルフ(時折90を切る程度のスコア)、ブルーグラス音楽のライヴ等で楽しんでいる。

 10月30日から11月1日にかけてはツアーへの参加だが、お伊勢さまの式年遷宮に合わせて伊勢神宮の外宮・内宮をお参りをし、熊野三山(熊野速玉大社・熊野那智大社・熊野本宮大社)、熊野古道、青岸渡寺、那智の滝、十津川郷、高野山金剛峯寺の奥の院、と参拝してきた。
 お伊勢様では清浄の気に包まれ、熊野三山では八咫烏(やたがらす)の熊野牛王宝印を三社で頂き、十津川郷では天誅組の吉村虎太郎等の遺徳を偲び、高野山では弘法大師空海に意識下で面会するという、有意義な3日間を過ごした。

 最後に、前回御案内をした大和市保健福祉センターでの「カントリー&ブルーグラス IN 大和」について。

 客席を200にして中央をカントリーダンスのフロアとしたが、ダンスフロアの補助席を入れて、ちょうど二百数十人の席が満杯となった。
 終了後、多くの人々に「良かったよ」と言われたが、中には内閣官房の若き官僚も来ており、「土屋さんの生き方には日頃から注目しており、とても尊敬している」とまで言われた。

 12月にはつきみ野にある“横浜うかい亭”で我がグレート・ピース・ピッカーズの「クリスマス・ランチ・ライヴ」を予定しており、友人たちに御案内を出したが、定員70人に対して5日間で80人に達した。今年もうかい亭にお願いして80人で行う予定だが、その後の申し込みもあり、8人(3組)の方々がキャンセル待ちである。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨