土屋きみやす−ツッチーレポート

2014年11月の記事

<< 前のページ

2014年11月26日(水) 11:52

大学講義のご報告

 大学講義の報告が1週間遅れてしまいましたので、2週間分になります。

 まず、2時限目のほうの7回目は「幕末の“坂本龍馬”について。その2」というテーマですから、前回の続きとして、薩長同盟・船中八策・新政府綱領八策などから、当時のおかれた日本の立場、龍馬が指し示した新しい時代の政治体制、そして龍馬亡き後の明治という時代、等を話しました。

 4時限目のほうの7回目は、「@『大和市自治基本条例』について。どうして市民が?」というテーマで、前回の憲法第八章(弟92〜95条)と自治基本条例の理念の比較、とりわけ、住民投票(憲法では第95条)や町村総会(憲法第93条と地方自治法第94条)を例示して、大和市での「市民自治区」や、部長会議や政策会議をも合議制に移行しようとした試みな どを、参加や協働、更には大きな意味の“自治”での分析を試みました。

 そして第8回目。

 2時限目では「足尾鉱毒事件の“田中正造”について。その1.」という講義でした。
 そもそも、私の講義は「地域連携・貢献論」で、私の考える“究極の地域への貢献”といえば、命を懸けて世の中を変えようとした大塩平八郎・坂本龍馬・田中正造のような人たちなのです。
 講義では、田中正造の人物紹介の前に前回の続きとして、龍馬の思想が明治時代の自由民権運動(国会開設・憲法制定など)やその後の大正デモクラシイの民本主義(吉野作造)、中江兆民の共和思想(その後の社会主義)、北一輝の純正社会主義(その後の国家主義)などに与えた影響などを、ざっと話しました。(大学生にはチョッと難しかったかも知れませんでしたが・・・ 。)

 4時限目の8回目は「A『大和市自治基本条例』について。そもそも“自治基本条例”って何?」という題で、条例そのものの説明と、大和市でのつくる会のメンバー構成やその活動回数、内容等を話しました。資料として、私のエッセイ「知天蒼」の「究極の自治」(添付資料参照)を紹介しました。


written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2014年11月11日(火) 18:03

第6回目の大学講義と、最近思うこと

 最初に、いくつかの訂正をさせていただきます。
  @ 10月13日にアップした文章中、中岡慎太郎の「岡」が抜けておりました。
  A 10月22日の文章中の「下ネタネギ」は「下仁田(にた)ネギ」でした。PCが変換しないわけです。群馬県民の皆様、ゴメンナサイ。
  B 10月26日の文章中の「称賛」は「賞賛」のほうが適切な用語かもしれませんでした。
  C 前回11月1日アップの写真。子供たち&孫たちのヨット ・パーカーについて。
     息子が来ていたのはグレーなのに、今回出てきて孫に着せたのは何故かネイビーブルーでした。説明が足りませんでした。

 さて、大学講義の第6回目。
 2時限目のほうでは、坂本龍馬の全人生を話しました。
 資料は、今までいろいろな所で使用した「坂本龍馬は不世出の偉人である。」で、様々なエピソードを交えてその人物を解説いたしました。

 4時限目のほうでは、大和市自治基本条例をつくる会の第2回全体会議での講演記録の抜粋(『ドキュメント・市民がつくったまちの憲法』より)を使用して参加(協働)型自治の講義をしました。
 ところで、最近送られてきた『自治総研』中の渋谷秀樹立 教大学大学院法務研究科教授による「憲法上の『地方公共団体』とは何か」という論文がとても興味深かったので、学生にも紹介しつつ引用しました。
 私が市長在任中にこだわった“住民投票”、在任中果たせなかった“市民自治区”、数年前に北海道空知町村議会議長会議員研修会で講演した時の“町村総会”など、これらこそ、将に日本国憲法が求める“地方公共団体”の姿であることが改めて理解でき、自分自身でも嬉しい講義と昨今の出来毎でした。
 これは、次の講義にも続きますが、皆様には日本国憲法第八章「地方自治公共団体」の第九十二条から第九十五条までを紹介します。ぜひご覧ください。(クリックすると拡大します)

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2014年11月1日(土) 16:12

定点観測。子供たち・孫たち

 7年ほど前に家の改築をした際、ずいぶんいろいろなものを処分・整理したが、VANの段ボールから出てきたヨット・パーカーは息子と娘が来ていたもので、とても懐かしかった。
 そしてハタと考えた!
 (よし!こんどは孫たちにこれを着せて写真を撮ろう!)
 と。







 フォルクスワーゲンの写真が息子と娘。季節は30数年前の夏。場所は伊豆の函南。
 ダイハツ・コペンの写真は娘の息子と息子の娘。季節は今年の10月。場所は自宅。
 上の孫が写真に入らないのは可哀そう、と、もう1枚。その孫には葉山マリーナのスウェット・シャツを着せた。




 お孫さんのいない方、お子さんのいない方、結婚していない方、それぞれの人生に、それぞれの出来事や思い出があるということで、こんな写真の掲載もご覧ください。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨