土屋きみやす−ツッチーレポート

2015年11月の記事

<< 前のページ

2015年11月23日(月) 15:13

大学講義で郷土(神奈川県)の生んだ“憲政の神様”と呼ばれている咢堂こと尾崎行雄について話しました。

 「大学での講義をこのブログに随時アップしますよ」と、学生に言ったのにあまり取り上げなかったのは、春季の講義と同じジョン万次郎や坂本龍馬がテーマだったためにブログの履歴と重複してしまう理由からである。

 ただし講義では、今日的な話は盛り込んでいる。
 例えば、海援隊の船「いろは丸(大洲藩からの借り入れ)」が紀州藩の「明光丸」と衝突した海難事故の事後処理には、このところ毎朝NHKで放映中の連続テレビ小説「あさが来た」に出てくる薩摩藩の五代才助(後の友厚)がその交渉力を発揮したとか、「共和(Republic)」という説明に、将にこのところ連日ニュース(パリの同時テロ事件)になっているフランスの歴史(革命、“政教分離”の考え方、そしてその結果の、今の“共和国”の話)などである。

 その中で、第一次大隈内閣(板垣退助らとの連立だったことから“隅板内閣”とも言われる)がたった1年で瓦解していしまった原因の一つに、尾崎咢堂の「共和演説事件」というのがあったことから、尾崎咢堂を取り上げたので ある。
 その講義のレジュメと、資料の咢堂の略年譜を掲載させていただきます。





 もうひとつ、床の間の後藤新平の掛け軸を尾崎咢堂の書に換えました。
 書が若干弱々しいのは、咢堂が90歳の時のものだからです。



 出典は「中国の『酔古堂剣掃』の一部「肝胆相照らせば 天下と共に 秋月を分たんと欲す」だと思われます。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2015年11月11日(水) 18:58

いつもツッチーレポートをご覧下さっている方から、お手紙を頂きました

 いつもツッチーレポートをご覧いただいている方々から、貴重なご意見や、「更新をもっと頻繁にして」といった激励(?)をされることは多いが、先日厳しくもあり、また心温まるお手紙を頂戴したので、ここで紹介させていただきつつ、回答とコメントをさせて頂きます。
  (以下※は私の回答やコメント)

 なおご本人からご了解を頂いておりませんので、もしご本人からクレームが届きましたら削除させていただきます。  その方とは、以前にも紹介させていただいたS市のAさんです。

 謹啓 木枯し一番、早くも吹いて了いました。季節は速目に前倒しで迫って来ております。土屋さんのお元気なご様子は“ツッチー”で、目にしております。
 ご同慶に存じます。しかしこのところの更新内容、些か、堅いメニューになっていないですかねェと、思う時も多いです。永田町の風刺・揶揄、時々旅行記、スコアの出てこないゴルフ場レポ、家族交感、そして忘れないでGPピッカーズ 今夏は奏られてませんか?
  (※ ゴルフのスコアは恥ずかしくて出せません。が、フェイスブックには時々(良いスコアの時)載せています。)
  (※ GPピッカーズは、6月以降休止中で、現在の所、このまま解散してしまうか、あるいはせめて来年には“古希ライヴ”でもやろうか、と思案中です。)


 こういった全人格を出しきるのが、土屋さんのお人柄と存じます。このところ、キャンパスネタに偏よりすぎでは?
  (※ 有り難うございます。キャンパスネタ!そうなんです。学生に対して「講義の復習と試験勉強用に見るように」と言っております手前・・・。)

 扨て、そんな注文の後ですが、先週の(10月:筆者注)24日(土)横浜阪東橋で開催された『かながわの戦後70年と革新自治体』シンポに行って来ました。今流行の戦後70年(レトロ)シンポです。
 主催は、県地方自治研究Cと自治労です。基調報告は、当時知事室の鳴海 正泰氏です。
 シンポの内容は、土屋さんのご興味示されないと考えますので割愛致します。
  (※ 恐縮です。その通りだと思います。) 

 ロビーの受付横に積上げてあった、『地方の時代と長洲県政』(著者 中出 征夫)を手にして目次・頁を繰って、目を遣っているうちに、2006年のパシフィコ横浜を彷彿と致しました。
  (※ 懐かしいィ。良く覚えていて下さいました。あの時の私は、神奈川県市長会を代表しての歓迎スピーチとパネリスト?でしたかね?)

 長洲知事が立ち上げた学会の第20回メモリアル学会、革新自治体は県内に已に失い、政治屋松沢も、中田市長も出られるステージではなかった(筈)。  その中で、神奈川で出せる市長は、大和市長(私・土屋のこと:筆者注)しかいなかった(のがthe truth)。
  (※ 過分な評価に恐縮です。)
  (※ おっしゃるように革新自治体はもちろん、市民参加や協働、住民自治、更にはマニフェスト選挙、遠い昔の出来事のようですね?)


 シンポとこの著書を読んでいるうちに、思い半ばに過ぎる感懐を抱きつつ、帰路につきました。
                                                                      敬具
 以上のお手紙に加えて文中にある、中出征夫氏の『地方の時代と長洲県政』(右上に「神奈川が変われば日本が変わる」左下に「ー未萌の機を察してー」)が同封されていました。
 本当にいつも有り難うございます。
 そう言われて思い出しました。あのパシフィコ横浜の会場一杯に全国から集まった地方行政関係者・学者などの暖かい反応(嬉しい評価大きな拍手と懇親会での名刺交換など)を・・・・・。

 最近は、ほぼ日常の報告を「土屋侯保」と「Kimiyasu Tsuchiya」という2つのFB(フェイスブック)にアップしており失礼いたしました。
 もうひとつ、最近は日に何度も携帯電話、日に1〜2度タブレット、1週間に1〜2回パソコンという状況で、URLは動きがほとんど月に数回になっております事、お許し下さい。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨