土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年11月の記事

<< 前のページ

2016年11月28日(月) 14:28

大阪城外に存在した“真田丸”の絵図が松江歴史館に。

 そろそろ終盤にさしかかったNHK大河ドラマ「真田丸」のメインテーマである大阪城の出城(やぐら)“真田丸”が、現在のどの辺りにどのような状況で存在したかは最近まで明確ではなかったが、このほど島根県松江市の松江市立歴史館でその絵図が発見された。



 そもそも大阪城は家康に攻め滅ぼされ焼かれてしまったため、今やお城そのものの存在さえ明確ではないし、堀も埋め立てられてしまったので、今の我々には往時を偲ぶ事ができない。
 現在の大阪城を、我々は大阪城だと思ってしまうが、実はもっと土中深いところだったとのことである。
 更に真田丸は東軍をさんざん苦しめたのであるから、徹底的に取り壊され、その存在した話だけが伝わり、実像は徳川二百数十年間知られなかった。
 
 大阪冬の陣・夏の陣の直後に描かれたと思われるこの真田丸は、実にリアルで興味深い。
 この図を見ると、真田丸のあった辺りは高台で、周囲は谷(掘)と、人の手で造られたものと思われる惣(総)構掘に囲まれており、掘(谷)の外側の北と東はぐるっと畑である。
 東側に「この辺り(?)は皆畑ナリ」とある。
 惣構掘の中にも何か書き込みがあるが読めない。また、南側の通路状のところには「内」とあるから、この方向(南)が大阪城なのであろうか?
 あるいは、この台地の北側に更に掘と谷に囲まれた所に「出丸」とあるので、ここだけが真田丸なのであろうか?
 その手前の南側に三つの寺などがあることから、大阪城の北側の大きな台地の、その先の谷の上に造ったのが「真田丸」なのであろう。
 東・西・北は深い谷で、南側は深い内堀であったらしい。

 雲州(出雲)松平藩は徳川御三家に次ぐ御三卿の家柄であり、更に江戸から遠く離れていたために、こうした貴重な資料が残っていたのであろうことは大いに頷ける。

 私はことしの始めにこの松江市立歴史館で講演をさせていただいたが、その歴史館でこのような大発見がったことも大いなる喜びである。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年11月16日(水) 16:22

青春は遠い彼方に去り、老化はヒタヒタと・・・。

 前々回、学生時代の夏の思い出について書いた。
 富浦海岸での懐かしい「森永キャンプストア」のDVDを頂いたからであった。
 今回もその続きを・・・。
 当時、各大学の広告研究会(略して:広研)が森永製菓とタイアップして「キャンプ・ストア」という喫茶店を夏の間開いており、千葉県の富浦海岸が青山学院大学広告研究会の場所であった。
 我々AMS(軽音楽同好会)のバンド(ジャズ・ブルーグラスなど)が出演を頼まれていたので、富浦は我々の夏合宿のような場所だったのである。



 (写真は数年前に訪れた時の我がバンドの合宿所=富浦愛宕神社の社務所。まだあった!)
 当時の富浦での食事は全て広告研究会が用意してくれたが、今回のDVDには懐かしい写真もあった。




 (写真:食器を洗う風景や、当時のガールフレンドたち。A野さんやメンズクラブの「まちのアイビーリーガーズ」に出ていた娘も・・・)
 ちなみに、立教大学は館山、早稲田大学は勝山、明治大学は保田、法政大学は津久井浜、慶応大学は葉山、だったとのことであるが、最近のニュースで慶応大学の広告学研究会が事件を起こしたのはこの広告研究会の後輩か、その流れのグループなのかもしれない。
 私は葉山マリーナでヨットをやっているが、確かに葉山には慶応のヨット部もあり、慶應色が強い。

 
 ところで、最近身内のジャズのディナーショ―(FBにはアップした)に行ったが、今まで司会などで活躍していた人の唄が???という感じだったり(英語やその発音が)、またCDをリリースしたのに声が以前と比べて出ていない人(その人の親友のお姉さん曰く)、さすがプロだとは思うがその雰囲気がエッと思うほど(ヨボヨボ)だった、などのゲスト達にショックを受けた。彼らは皆、私とは同世代なのである。
 もちろん、ホストバンドのトリオに関しては、スマートなピアノ、相変わらずスウィングのリズムや8ビートのラン、アドリヴが素晴らしいベース、サンフランシスコで活躍しているプロの軽快なピアノは素晴らしかったが、である。

 そういえば最近、高齢者の事故が後を絶たないので、私も車の運転にはとりわけ気を付けている(信号や歩道では密かに指差・呼称)が、庭で木や竹を切っていて頭をぶっつけたり、ベットから寝ぼけて落ちたりと、小さな出来事が続いている。

 ハインリッヒの法則によると、
 「1つの重大事故の背後には、29件の軽微な事故があり、そこには300件のインシデント(ヒヤリ・ハット)が潜んでいる」
 とのことである。

 車の運転も庭の作業も、他の趣味(ヨット、トレッキング、ゴルフ、スキー、スキューバー・ダイビング、スキーなど)と同様、常に危険と隣りあわせなのである事をなおいっそう強く意識しなくてはならない年齢なのである。
 そうそう、唄も楽器の演奏もである。

 「他山の石、以て玉を攻(おさむ)むべし」(詩経)という格言もある。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨