土屋きみやす−ツッチーレポート

2017年11月の記事

<< 前のページ

2017年11月11日(土) 19:28

昔の政治家

 今、佐賀(肥前)の江藤新平を主人公にした小説『歳月』(司馬遼太郎著、上・下)を読んでいる。
 江藤新平という人物に私は惹かれていたので、とても興味深い。西南戦争の西郷隆盛と共に、佐賀の乱の江藤新平は、明治という混迷と権力が渦巻く時代の政界に踏み止まり、もっと活躍してほしかった人物である。
 ところでこの本の文中に、しばしば「長人は狡猾(奸侫)であり、薩人は愚鈍である」と書いてある。
 安倍晋三以外の長州の皆さんと薩摩の皆様、本当にごめんなさい。でもこれは、決して私が言っているのではなく、「江藤新平が言っている」と司馬遼太郎が書いているのである。くれぐれも誤解の無いように。

 さて、先の衆議院選挙で自民党が単独過半数を勝ち取った結果か、ここで加計学園の獣医学部が認可されることになった。

 現在の政治や人物を、歴史的事象と比較してしまう私は、安倍晋三と森友学園・加計学園の関係を見て、山県有朋の「山城屋和助事件(長州軍閥疑獄)」と、大蔵大輔でありながら三井の番頭と影で蔑まされた井上馨の「尾去沢鉱山事件」という金にまみれた政治家を思い浮かべてしまった。
 山県有朋(幕末時の狂介)、井上馨(幕末時の聞多)、安倍晋三、みな長州人である(3人を比較するには安倍さんはとても小物だが・・・)。

 坂本龍馬と共に幕末時に現れた傑物(超A級)である高杉晋作が死んで、奇兵隊はB級の大村益次郎が引き継ぎ、大村益次郎が刺客に襲われた結果死んだ事で、明治の陸軍を掌握したのがC級以下の人物山県有朋である。最後は総理にまで上り詰めたのである。

 不愉快な話はこの程度にして、前回予告した明治二十三年の第一回衆議院議員選挙の当選者を先ず列挙してみる。

 その前に、『陸奥宗光とその時代』の中で岡崎久彦氏が紹介している伊藤痴遊の言葉をここに孫引きする。

 「当時の選挙と昨今の選挙と比較してみると、どうして、こうもちがうようになったのかと思うくらいに、相違が甚だしいのに驚くほかはない。
  とにかく、第一回の総選挙には、多少情実の投票は行われていたとしても、買収投票は絶対に行われておらぬ。勝敗は別として、立候補した人の顔ぶれから見て、ごく低いほうの者でさえ、一府県における代表的な人であり、候補者の多くは、天下の名士ともいうべき立派な人物であった。・・・・・・したがって、当落にかかわらず、候補者に対する、選挙人のもつ尊敬の態度は非常に高いものである」

 今回のブログでは、この時の当選者の中で私が尊敬する人物を選挙区の北から南に列挙してみる。

 大江卓、河野広中、田中正造、津田真道、中島信行、中江篤介(兆民)、尾崎行雄(咢堂)、陸奥宗光、犬養毅、竹内綱、林有三、片岡健吉、植木枝盛、などなど。
 ざっとピックアップしただけでも将に“綺羅星のごとく”の人々である。現在の政治家の中に、百年百数十年経って評価されるこのような人物がいるであろうか?否、いない!絶対にいない!と、断言できる!

 個々の人物紹介は次回以降に譲り、今回はここまで。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨