土屋きみやす−ツッチーレポート

名前

URL

タイトル

コメント

2018年11月25日(日) 18:56

年末の今日この頃

 先日、高校時代同期だった友人の「茶陶とうつわ」展があり、新宿に行って来ました。因みにこの友人は萩焼の陶芸家で、今や山口県指定無形文化財萩焼保持者で、昨年、旭日双光章を授かっております(いわゆる叙勲)。案内状と彼の作品をご覧ください。









 あいにく今回はお昼時に行ったので、食事に行っている本人岡田裕君とは会えませんでした。

 というのも、東京に行ったついでに、駒場東大前の日本民藝館で開催中の白磁展(柳宗悦の朝鮮白磁コレクション約150点が展示)が最終日だったので、日の高いうちにそちらに向かったのです。






 そしてそのまま近くの旧前田侯爵駒場本邸(洋館と和館)や駒場公園などを散策してきました。本格的な紅葉はまだでしたが、紅葉や桜、雪景色などの季節も見ごたえがありそうな、また来たくなる風景が沢山ありました。以前行った前田家ゆかりの金沢にも、鎌倉別邸(現在の鎌倉文学館)にもまた行きたくなりました。










 ところで、久しぶりに小田急で新宿に行き、こちらも久しぶりな井の頭線で新宿→下北沢→駒場東大前→渋谷と、大学時代の通学経路を懐かしく乗り継ぎました。
 小田急の鶴川を過ぎたあたりでは(この辺にガールフレンド?の家があったなぁ)とか、井の頭線では満員電車のいろいろな思い出(痴漢はしなかった)が、脳裏にまるで走馬灯のように浮かんでは消えました。
 渋谷にはちょくちょく来ているのですが、最近の変貌ぶりには驚きの連続です。もちろん今は、あの当時の恋文横丁も百軒店もハチ公前の池もありません。

 そうそう、そういえば、私が「東京に行ってきた」というと、お嫁に来た当時の家内は、「その東京に行くという地方の人みたいな言い方は止めてよ。渋谷に行くとか、銀座に行くっていってよ」といっていましたが、最近では家内も「東京に行く」といいます。

 最後に、12月2日にうかい亭で「クリスマス ランチ ライヴ」を開催いたします。
 お蔭様で、既にほぼ満席(11テーブル×9人)の90数名の御返事を頂いておりますので、ここではフライアーだけでもご覧ください。



 無事に終了いたしましたら、ご報告をさせていただきます。

written by kimiyasu [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨