土屋きみやす−ツッチーレポート

名前

URL

タイトル

コメント

2018年1月4日(木) 22:00

こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい

 元旦の新聞にローカルタウン紙の「タウンニュース」が折り込まれており、その記事に載っていた大和の歴史に、“平成十年神奈川ゆめ国体”時の写真が掲載されておりました。
 天皇陛下と皇后陛下が大和スポーツセンターのバトミントン競技にお出で(行幸啓)いただいた時の写真である。



 お出迎えからお見送りまで、ずっと私はご案内などをさせていただき、歓迎する市民(国民)の皆さんの中にちょっとしたアクシデントがあった為に御出発が遅れた時は、約30分お茶を召し上がっていただきながら、お話しのお相手もさせていただいた事を思い出しました。
 まったくもって光栄では晴れがましいその思い出でを、思いがけず元旦にまた見ることが出来ました。
 “こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい”

 箱根駅伝では3日の復路を小田原の国府津で(カレッジソングを唄って)応援しましたが、その7区で私の目の前を走り抜けていった後輩の林奎介さんは区間新記録で金栗杯(MVP)を獲得、もちろん青山学院大学が復路優勝と総合優勝(それも4連覇)を果しました。
 “こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい”


 さて、前回の続き(明治23年の衆議院議員選挙で当選した“綺羅星の如き”立派な政治家の紹介)を書きながら、年末年始に見聞きし、感じたことを書かせていただきます。

 まず第1回衆議院議員選挙で栃木3区から当選した田中正造。
 足尾鉱毒事件の田中正造という人物の事は略歴をご覧いただきたいのですが、6回当選の間、約10年間、というよりむしろ生涯を懸けて、日本初の公害事件といわれる足尾銅山の鉱毒の恐ろしさを訴え続け、最後は衆議院議員を辞して、死を覚悟(その方がインパクトがあるという意味で)して、天皇陛下に直奏(直接訴える直訴ではなく、直接奏上する直奏)した人物であり、私にとっては最も尊敬する、偉大な政治家である。
 今の天皇陛下と皇后陛下なら、必ずや現地に行幸啓され、その鉱毒の恐ろしさをご視察されたであろう。
 そこで提案である。
 私にとって、平成十年の神奈川ゆめ国体、平成28年の叙勲の際の受賞者代表挨拶など、私が特別の思いと尊敬を抱く両陛下には、是非とも退位して上皇になられた後は京都にお住まい頂きたい。
 150年前の維新の際に正式に“遷都”していないのだが、今さら遷都もないだろうから、むしろ上皇が京都にお住まいになるのが良い。文化庁も京都に移り、外国からの賓客も東京で新しい天皇・皇后両陛下に拝謁し、京都で上皇と皇太后に拝謁するのはいかがであろう?首都機能の分散にもなるし、京都がさらに重みのある都市となる。
 どなたか、是非御進言していただきたい。

 天皇制といえば、昨年末から今年にかけて続く見苦しい大相撲の争い。どうやら根は深いらしい。
 そこで提案である。
 いっそのこと、モンゴル暴力相撲と化した相撲を“国技”などとんでもない!今すぐ「国技」を止めて、天皇賜杯も止めるべきであろう。総理大臣賞程度で充分である。
 どなたか、是非提案していただきたい。

 最後に“見苦しい殺人事件が起きた冨岡八幡”について。
 神社だから、去年のうちに既に“お祓い”は済ませたであろうが、私にとっては出雲松江藩のお抱え力士“釈迦ヶ岳雲衛門の碑”を始め、横綱の碑がある歴史的に重要な場所であり、また佐川急便が寄進したダイヤモンドの目が入った鳳凰の大神輿もある、いろいろな意味で関心の深い神社である。
 そこで大提案である。
 本当の意味でのお祓いを、あの大晦日の紅白歌合戦で安室奈美恵や桑田佳祐ほかオオトリの歌手(誰だっけ?)を完全にくった素敵な高校生たち“大阪府立登美丘高校ダンス部”を招いて、彼女たちのあのバブリ―ダンスでもって“お祓い”とすることである。
 ついでに神社名を「冨岡八幡」から「登美丘八幡」に改名し、改めて神社本庁に登録をするのである。

 今年の年末からお正月にかけて、大阪府立富美丘高校ダンス部と青山学院大学陸上部の素晴らしい姿に感動した。
 “こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい”

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨