土屋きみやす−ツッチーレポート

名前

URL

タイトル

コメント

2018年3月5日(月) 09:22

第一回総選挙当選者の続き。このところ思った事(朝鮮半島問題、佐川国税庁長官問題)や、最近読んだ本について。

 第一回総選挙で当選した人物で、今までに紹介した他の偉大な政治家を、ここに一挙に列挙してみる。
 まず、
 島田三郎。
 当初、私が紹介しようとしていた当選者には入れていなかったが、先日、古い書類の類を燃やしていたら、添付のような新聞記事の切り抜きが出てきた。不思議な事だが、本人から(私も紹介して)、という天啓のようだったのでここに紹介する。



 嚶鳴社幹部として立憲改進党創立に参加、神奈川第一区から出馬、当選。以来連続亡くなるまで14回当選。業績としては、この新聞記事のように、キリスト教の諸活動、廃娼運動、足尾鉱毒被害者救済、矯風事業、普通選挙の拡張運動などに尽力した。

 次に、中島信行。
 土佐の出身。幕末には武市半平太の土佐勤王党、坂本龍馬の海援隊、龍馬の死後は陸援隊に参加。
 維新後、新島襄に出会い、キリスト教に入信。
 外国官権判事、兵庫県判事、ヨーロッパ留学、神奈川県令、元老院議員、自由民権運動に参加、板垣退助らと自由党結成に参加、副総理となる。自由民権運動への取り締まりの一つである保安条例で横浜に追放される。
 その後の第一回総選挙で神奈川から出馬して当選。初代衆議院議長。後にイタリア特命全権公使、貴族院議員に勅選。維新の功績により男爵に。
 最初の奥さんは陸奥宗光の妹だったが死別、後妻が有名な女性解放運動家の岸田俊子で紹介をしたいが、話が横道にそれるのでここでは省略。
 とにかく、坂本龍馬の薫陶を受けた土佐の志士であった。

 その次に尾崎行雄。
 三重が選挙区だが生まれは神奈川の津久井。
 第一回総選挙以来、連続25回当選。これは今後も破られないであろうし、世界記録でもある。更に議員連続年数も最高齢議員も記録保持者であり、“憲政の神様”と称される最も偉大な政治家であるが、其の当選回数や年数のみならず、数々の業績がある。
 あまりにも有名な憲政の神様であるので、この人物については改めて別に紹介する。

 土佐の出身だが大阪から出た中江篤介。
 有名な中江兆民である。若い頃、土佐海援隊に出入りし、坂本龍馬から「煙草を買って来てくれ」と声を掛けられたのを生涯誇りにしていたという逸話がある。
 明治維新後フランスに學び、ジャン=ジャック・ルソーを日本に紹介、自由民権運動の理論的指導者となる。
 「東洋のルソー」と呼ばれた。
 この人物ももっと評価されるべきであり、機会があったら更に紹介したいと思う。

 陸奥宗光。
 和歌山から出たが出身はこの人物も土佐。
 亀山社中から土佐海援隊において坂本龍馬と行動を共にしており、龍馬をして「二本差さないても食っていけるのは俺と陽之助(宗光の明治以前の名)だけだ」と言わしめた。
 明治維新後は、政治、外交に手腕を発揮、版籍奉還・廃藩置県・徴兵令・地租改正などに辣腕をふるったが、その思想の根幹には大きく龍馬が影響を与えている。
 徳川幕府時代の不平等条約である修好通商条約の改正を実現した外務大臣(カミソリ大臣と呼ばれた)として実現させたのも彼である。
 龍馬の思想の体現者と言っても良い。

 犬養毅。
 尾崎行雄に続く当選回数と期間(18回連続当選42年間)保持者であるが、むしろ総理大臣として有名。
 明治期の政治家や頭山満、ガンジー、ネル―、タゴール、孫文、蒋介石らと交流があったが5・15事件で暗殺された(「話せばわかる」、「問答無用」のやり取りが有名)。
 この人物については、皆さんの方が詳しいかもしれないので、この程度で終える。

 土佐(高知県)選出の竹内綱、林有造、片岡健吉、植木枝盛もそれぞれ魅力ある人物であった。

 まず竹内綱。
 吉田家に息子を養子に出したが、この息子が後の吉田茂である。
 経歴は省略する。

 林有造。
 自由民権運動家、逓信大臣、農商務大臣などを歴任。やはり土佐の出身であるから板垣退助らとの政治歴が強い。

 片岡健吉。
 自由民権家、衆議院議長などを務めた。
 この人物も板垣退助ら行動を共にしていた土佐の政治家である。

 植木枝盛。
 やはり土佐の出身であるから、自由民権運動の理論的指導者の思想家であり、政治家であった。
 土佐の立志社についてなど、ここに書きたいことはたくさんあるが省略する。
 明治14年、100近くあったといわれる私擬憲法の中で、最も民主的で急進的な内容とされる『東洋大日本国国憲按』の起草者であり、これは、私が大学で憲法問題(現行憲法の成立や、最近話題の憲法改正など)の講義をした時に、必ず『五日市憲法』と共に紹介した名憲法草案である。

 さて、尾崎行雄(咢堂)、自由民権運動、坂本龍馬と明治時代の政治思想との関りは改めて書くが、今回はここまで。

 朝鮮半島問題(冬季オリンピックでの北の政治利用の上手さと韓国のおめでたさ)、佐川国税庁長官と森友疑惑、最近読んだ本、についても、長くなるのでこれらは次回。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨