土屋きみやす−ツッチーレポート

2018年3月14日(水) 13:40

最近読んだ本と、北朝鮮や森友学園の事など。

 最初に北朝鮮問題。
 北の金正恩は、「韓国与(くみ)し易(やす)し」と冬季オリンピックで確信し、以来現在も“微笑(ほほえみ)外交”を積極的に進め始めた(アメリカに対しても・・・)。
 万鋒号で選手22人と200人以上の美女(?)軍団(?。1人も良い女はいなかったけど・・・?)などを送り込んだが、万鋒号の燃料を始め、多くの物資の提供を受けているはずである。韓国が負担した選手と美女軍団の韓国滞在費用は28億6000万ウオン(2億8400万円)といわれている。
 北への制裁なんのその、北の韓国に対する外交戦略はまるで女の人を口説くように、手を握り、肩に手を回し、抱き寄せ、次は・・・・・・、である。
 韓国の大統領は舞い上がっているが徐々に併合されるか、ドンとしっぺ返しを食うか、冷静に見極めなくてはならない。
 そして韓国のみならず我々も、決して北朝鮮が過去に起こしたテロや暗殺を常に思い出さなくてはならない。
 全斗煥大統領を殺そうとしたラングーン事件、大韓航空機爆破事件、最近のクアラルンプール空港での金正男暗殺事件など、いつまた起こすかわからない。あの恐ろしい国が本当に核兵器を放棄するのであろうか?

 独裁者に突っ走る習金平の中国も怖いし、海外で暗殺を平気で起こすロシアの独裁者プーチンも怖いが、この2国についてはいずれ言及する。

 その前に立派なリーダー不在の日本が心配である。

 さて、遂に自殺者まで出た“森友学園”問題。日々の出来事でマスコミを賑せているので、いつのタイミングでこのブログを更新するか迷っていたが、前回予告した佐川国税庁長官が、確定申告の真っ最中(というより、部下の自殺を知り)サッサと辞任をしたので、今回とりあえずこれから“佳境に入る(?)森友学園騒動?(疑惑?・疑獄?)”についてブログを更新しておく。  この男、週刊文春によると国税差し押さえの土地に1億円の豪邸を建て、公用車を使いまくり、国税庁長官としての記者会見もせず逃げ回り、そのホテル代は税金で払うという、生涯年収8億円の官僚である。
 理財局長当時の国会答弁で、明確(というより高飛車)に安倍総理と昭恵夫人を守り通した(つもりの)“論功行賞”で国税庁長官に栄転したが、いずれは近々国会の参考人招致など、トカゲのしっぽ斬りのしっぽに成り下がり、末路はドンドン哀れになる男である。
 キャリアはノンキャリアを育て、助けるべきであるのに、死に追いやった。この罪は重い。
 この男の事件は、佐川急便事件ならぬ安倍夫婦を救けた(つもりの)“佐川救(安)倍(べー)事件”である。

 まもなく辞任するであろう麻生財務大臣だが、総理大臣時代“漢字が読めない総理大臣”として名を馳せ、国民の失笑を買っていたが、安倍総理と共に四文字熟語の「論功行賞」と「適材適所」を使い間違えたか、それぞれの意味を知らないのであろうか?

 まもなく総理大臣のみならず代議士も辞めざるを得なくなるであろう安倍さんと、その昭恵とかいう軽薄総理夫人にも、私は辟易している。
 顔のことは言いたくないが、安倍さんの薄い唇から発せられる言葉に重みが無く、虚偽が感じられる。こちらも軽佻浮薄そのものである。
 以前も書いたが、嘘やごまかしを言っている時の目は泳いでいる。「目は口ほどにものをいう」の悪い例である。

 世の中で今回「アッキード事件」といわれている、あの昭恵さんについては、・・・・・・・・。バカバカしいので止めときま〜す。

 さて、最近読んだ本であるが、本屋さんに『後藤新平伝』(サブタイトル「未来を見つめて生きた明治人」)という本を見つけたので、買って読んでみた。後藤新平に関する本はほとんど読んだつもりでいたが、管見にして平凡社発行のこの本のあるのを知らなかった。ところどころ私と解釈や評価・分析の違いはあるし、内容のほとんどは承知している事だったが、この著者の星亮一さんの解り易く読みやすい文体に惹かれて、他の著書も読むことにした。
 会津関連の著作が多いが、とりあえず『白虎隊と会津武士道』を読み、いま『新選組と会津藩』を読んでいる。

 『白虎隊と会津武士道』のプロローグに昭和三十二年の九十年祭の時に全国の著名人から白虎隊についての感想を求め、文集を作成した事が書いてあり、そこには渋沢秀雄、宇野浩二、山本周五郎、高浜虚子、浅沼稲次郎、鈴木茂三郎、などの心打たれる名文が紹介されている。
 そして感想を求めたのに返信が無かった人物として、首相の岸信介と元首相の吉田茂を挙げており、岸は会津と犬猿の仲である長州山口県、吉田はこれまた会津に攻め入った土佐高知の出身である、と書いてあった。

 会津人が今回の“森友学園問題”の推移を、どんな気持ちで見ているのであろうか?
 安倍総理は岸信介の出来そこないの孫であり、麻生財務大臣は吉田茂の出来の悪い孫である。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨