土屋きみやす−ツッチーレポート

名前

URL

タイトル

コメント

2019年5月6日(月) 21:33

戦い済んで 日が暮れて(第二回)

 忙しさと、御健在の天皇が退位されて平成から令和と元号が替るという歴史的大変化と、大型連休と、加えてパソコンの不具合と、最近は携帯電話で用を足すというツールの変化によるパソコン離れで、すっかりブログの更新が遅くなりました。
 いつもの事ながら、5月になると初夏のような日々が続き、4月の選挙は遠い昔のようになってしまいました。
 さて前回の続きですが、現市長の4期目が無投票当選か?と思われていましたが、3月議会の騒動(前回のブログ参照)で二見副議長の市長選挙出馬により急に賑やかになった。
 そしてその間、タウンニュースに大木さとる後援会の前会長と「健康都市やまとを創る会」の前代表連名による「自ら制定した条例の順守を願う」という寄稿(意見広告)が掲載されましたので、これを読んだ多くの人は、従来の支持者(それも大幹部だった人達)の多選批判による離反かと思ったようである。
 私もそれを読んだ当初は、12年前に私の4選を批判して「多選自粛条例」なるものまで制定したその本人が4期目に立候補する事に大幹部が反対し、離反したのだと思いましたが、よく読んでみると彼らは文中で「優れた実績を挙げれば枚挙にいとまがありません」とか、「休みなく勤勉に務め、市の発展のためリーダーシップを発揮する姿、有言実行する姿」など応援演説のような内容を書いてるのですから、要するに現市長に対する“手の込んだ選挙応援”だったようなのでした。少なくとも私にはそう読めました。
 しかし残念なことに、このような深読みをしない(出来ない)人は、政策で戦う選挙戦では無く、彼等と同じように多選批判や条例の遵守(順守)という、将に相手方の仕組んだ土俵でまんまと相撲を取らされてしまったのでした。
 良い例が対立候補の二見さんです。相手方の戦術にまんまとはまってしまいました。二見さんのタウンニュースへの意見広告(「何のための『多選自粛条例』?」)という文章もそういった論法で終始し、最悪な事に、文中の後半で「現市長は多くの成果を挙げてこられ、私自身も素晴らしいと思う面も多くありました」とまで言ってしまったのです。
 二見さんを応援していた某市議会議員のFB(フェイスブック)でも、同じように敵に塩を送るような論法でしたので、私は彼のFBへのコメントで「そんな相手を評価をする事は選挙には全く不要ですし、むしろ逆効果です。多くの市民・有権者は(そんな業績があるなら、別に4期でもいいじゃん)と思ってしまいますよ」と書きました。
 加えて大木さんにとってラッキーな事は、12年前は「多選批判」がトレンドであり、今は(埼玉県の上田知事以降、条例を守らない多選も許してしまう)といった風潮になっていることでした。
  前回のツッチーレポートでお約束した市長候補2人のそれぞれの公約の検証は、将に「6日のアヤメ(菖蒲)」(これを書いている今日は5月6日)なので止め、過去の大和市長と最近の市長選挙について書きます。
 市政施行以来の市長は、高下重平さん(下鶴間、初代・2代)、石井正雄さん(下和田、3代・4代・5代)、遠藤嘉一さん(下鶴間、6代・7代・8代)、井上孝俊さんの(上草柳、9代・10代)と続き、下鶴間で生まれ育った私が11代・12代・13代と努めましたように、私まではいわゆる地元出身者が市長を務めておりました。
 私の“地元出身者”という定義は、
 @ 地元で生まれ育った人
 A 小学校と中学校の義務教育を大和で学んだ人
 B 江戸っ子のように3代以上続いている家の人
 といったイメージですが、現在の大和市は新住民が多く、市長も、国会議員も、県会議員の何人かも、地元出身者ではありません。淋しい限りです。
 ただ最近、私がつくづく幸せだったと思った事は、私は市長選挙でこういった地元出身の人と戦ったのは最初の石川公弘さんだけでした。
 2期目は無投票当選、3期目は他県で衆議院選挙に立候補した事がある池田健三郎さんでしたし、4期目は他市の県会議員の大木さんでした。そして有り難い事に、私は現在でも石川公弘さんと池田健三郎さんとは親しくお付き合いをさせていただいているのです。
 市長選挙では平成23年には荻窪さん、平成27年には橘さんと、それぞれの御本人や有力支持者からの懇願で応援をさせていただきましたが、お2人とも残念な結果でした。
 平成23年の現職と荻窪さんとの票差は22、258票、平成27年の現職と橘さんとの票差は(他にも2人いましたが)18、755票、そして今回の現職と二見さんとの票差は16、005票でした。
 平成19年の市長選挙には多くの方々から「なんで土屋さんが出ないのだ」、「土屋さんが出ろ」とずいぶん言われました。
 私が4期目にチャレンジした平成19年の票差は僅かに3107票でしたのと、1期目の現職に対する批判が多かった事からの皆さんのお声でした。
 ところで今回、私は今回1度たりとも4期目を多選と批判いたしませんでした。なぜならば12年前に私は4期目を目指して立候補したからです。それは自己を否定することであり、それは己に甘く、他人には厳しいような人になってしまうからです。
 最後に、今回もしも大木さんが3期で引退したら、昔、彼から届いた私への手紙を紹介しようと思っておりましたが、残念ながら又の機会にいたします。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨