土屋きみやす−ツッチーレポート

<< 前のページ | 次のページ >>

2018年1月4日(木) 22:00

こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい

 元旦の新聞にローカルタウン紙の「タウンニュース」が折り込まれており、その記事に載っていた大和の歴史に、“平成十年神奈川ゆめ国体”時の写真が掲載されておりました。
 天皇陛下と皇后陛下が大和スポーツセンターのバトミントン競技にお出で(行幸啓)いただいた時の写真である。



 お出迎えからお見送りまで、ずっと私はご案内などをさせていただき、歓迎する市民(国民)の皆さんの中にちょっとしたアクシデントがあった為に御出発が遅れた時は、約30分お茶を召し上がっていただきながら、お話しのお相手もさせていただいた事を思い出しました。
 まったくもって光栄では晴れがましいその思い出でを、思いがけず元旦にまた見ることが出来ました。
 “こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい”

 箱根駅伝では3日の復路を小田原の国府津で(カレッジソングを唄って)応援しましたが、その7区で私の目の前を走り抜けていった後輩の林奎介さんは区間新記録で金栗杯(MVP)を獲得、もちろん青山学院大学が復路優勝と総合優勝(それも4連覇)を果しました。
 “こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい”


 さて、前回の続き(明治23年の衆議院議員選挙で当選した“綺羅星の如き”立派な政治家の紹介)を書きながら、年末年始に見聞きし、感じたことを書かせていただきます。

 まず第1回衆議院議員選挙で栃木3区から当選した田中正造。
 足尾鉱毒事件の田中正造という人物の事は略歴をご覧いただきたいのですが、6回当選の間、約10年間、というよりむしろ生涯を懸けて、日本初の公害事件といわれる足尾銅山の鉱毒の恐ろしさを訴え続け、最後は衆議院議員を辞して、死を覚悟(その方がインパクトがあるという意味で)して、天皇陛下に直奏(直接訴える直訴ではなく、直接奏上する直奏)した人物であり、私にとっては最も尊敬する、偉大な政治家である。
 今の天皇陛下と皇后陛下なら、必ずや現地に行幸啓され、その鉱毒の恐ろしさをご視察されたであろう。
 そこで提案である。
 私にとって、平成十年の神奈川ゆめ国体、平成28年の叙勲の際の受賞者代表挨拶など、私が特別の思いと尊敬を抱く両陛下には、是非とも退位して上皇になられた後は京都にお住まい頂きたい。
 150年前の維新の際に正式に“遷都”していないのだが、今さら遷都もないだろうから、むしろ上皇が京都にお住まいになるのが良い。文化庁も京都に移り、外国からの賓客も東京で新しい天皇・皇后両陛下に拝謁し、京都で上皇と皇太后に拝謁するのはいかがであろう?首都機能の分散にもなるし、京都がさらに重みのある都市となる。
 どなたか、是非御進言していただきたい。

 天皇制といえば、昨年末から今年にかけて続く見苦しい大相撲の争い。どうやら根は深いらしい。
 そこで提案である。
 いっそのこと、モンゴル暴力相撲と化した相撲を“国技”などとんでもない!今すぐ「国技」を止めて、天皇賜杯も止めるべきであろう。総理大臣賞程度で充分である。
 どなたか、是非提案していただきたい。

 最後に“見苦しい殺人事件が起きた冨岡八幡”について。
 神社だから、去年のうちに既に“お祓い”は済ませたであろうが、私にとっては出雲松江藩のお抱え力士“釈迦ヶ岳雲衛門の碑”を始め、横綱の碑がある歴史的に重要な場所であり、また佐川急便が寄進したダイヤモンドの目が入った鳳凰の大神輿もある、いろいろな意味で関心の深い神社である。
 そこで大提案である。
 本当の意味でのお祓いを、あの大晦日の紅白歌合戦で安室奈美恵や桑田佳祐ほかオオトリの歌手(誰だっけ?)を完全にくった素敵な高校生たち“大阪府立登美丘高校ダンス部”を招いて、彼女たちのあのバブリ―ダンスでもって“お祓い”とすることである。
 ついでに神社名を「冨岡八幡」から「登美丘八幡」に改名し、改めて神社本庁に登録をするのである。

 今年の年末からお正月にかけて、大阪府立富美丘高校ダンス部と青山学院大学陸上部の素晴らしい姿に感動した。
 “こいつあぁ 春から あ、縁起がいいわい”

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年1月1日(月) 00:00

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 新年明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。
 そして是非、この「ツッチーレポート」をお読みください。

 さて昨年私は、このブログで明治二十三年に実施された総選挙で当選した人達を“綺羅星の如き人々”と表現し、その主な名前だけを紹介し、その後詳しく紹介しないまま年を越してしまった。
 その時に紹介した人物のすべてをここに紹介できないかもしれませんが、もう一度、当選人名簿を見ながら書き出してみます。

 北から。
 岩手県1区の大江卓。
 土佐の出身で奥さんは後藤象二郎の次女。幕末には中岡慎太郎が隊長を務めていた土佐陸援隊に所属。
 当然、土佐海援隊長の坂本龍馬や陸奥宗光とも倒幕運動の同志であった。
 立憲自由党所属、土佐の挙兵「立志社の獄」で岩手監獄に収監された故に岩手から出馬。明治五年、陸奥宗光の推挙により神奈川県令(知事)に就任。神奈川や横浜の街づくりに奔走し、警察制度を作り上げた。またその間、清国人奴隷の解放に尽力、在日華僑に感謝される。また、フェリス和英女学校(現在のフェリス女学院)を援助したり、部落解放運動の水平社運動にも深く関わった。

 福島3区の河野広中。
 陸奥国三春藩郷士の家に生まれる。幕末には尊皇倒幕論を唱える。三春藩は奥羽列藩同盟ではあったが、板垣退助(東山道先鋒総督府参謀)と会見し、土佐藩兵に合流。
 明治以後、ジョン・スチュアート・ミルの『自由の理』を読み自由民権運動に開眼、東北地方の自由民権運動の先駆けになる。
 明治初めは民権運動で活躍するがここでは略す。
 第一回以降、大正十六年の第十四総選挙まで連続当選。
 自由党から自由党と立憲改進党の後身である進歩党の合同に尽力。憲政党の結成、その後、大隈重信らと憲政本党結成に参加。
 明治三十六年第十一代衆議院議長に就任。
 明治三十八年にはポーツマス条約に反対し、国民大会の議長として日比谷焼打ち事件を扇動。
 その他、アジア主義団体の「亜細亜義会」に犬養毅や頭山満らと設立発起人として参加。 
 立憲国民党→立憲同志会→憲政会に所属。大正四年、大隈内閣の農商務大臣に就任。

 栃木3区の田中正造。
 足尾鉱毒事件に政治生命をかけた尊敬すべき政治家。
 名主の家に生まれ、江刺県花輪支庁の官吏、区会議員、栃木県県会議員など(後に立憲改進党結成に入党)で政治活動を行う。
 第一回衆議院議員選挙で当選。
 足尾鉱毒事件に関しては長くなるので、次回はこの田中正造と足尾鉱毒事件について書き、今回はここまで。

 難い話と思わないで是非、こういった明治の政治家の事をお読みいただきたい。

 最後にまた新聞記事。昨年11月28日の読売新聞夕刊「よみうり寸評」である。
 ここでは明治の政治家を一緒くたにした書き方をしているが、このコラムを書いた人にも私のブログを読ませたいものである。
 そして今の政治家には“明治時代の政治家の爪を煎じて飲んでもらいたい”!


written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年12月26日(火) 15:55

今年も“ツッチー レポート”をご覧下さり、ほんとうに有り難うございました

 今年一年間、このブログをお読みいただいた皆様に心から御礼を申し上げます。

 2002年に出版いたしました拙著『新首都論』のあとがきに「平成十三年十月、国際間の紛争が国家間から民族・宗教間の紛争に変化する予感のする秋脱稿。」と書きましたが、あれから十数年、まさに最近の極東アジア(特に北朝鮮)や、ロシア、中国などを始め、中東での紛争や対立、また戦争が起こってしまいそうな危機は起きている。
 とりわけ私が驚いたのは、トランプ米大統領の「エルサレムをイスラエルの首都に」という問題である。
 私はこの辺りの国家や宗教に詳しくないが、エルサレムには、キリスト教の聖墳墓教会、イスラム教のモスク、ユダヤ教の嘆きの壁といった各宗教の聖なる場所があるはずである。
 来年の世界情勢は更に混沌としてくるであろう。

 ところで、11月の話で恐縮だが東京新聞から北朝鮮のミサイル訓練に関しての電話取材を受けた。
 以前はこのような電話や来訪しての取材が度々あったが、ちょっと久し振りだったので驚いた。
 11月25日の東京新聞に掲載された記事全文と私のコメント部分をここにアップさせていただきますので、是非お読みください。





 国が地方自治体に弾道ミサエルに備えた住民避難訓練をするよう勧めたことに対しての問題提起である。
 取材に対して、当然、私は醒めた評論を答えたが、私の趣旨を正確に記事にしてくれたので、ここにアップさせていただき年末の最終ブログとさせていただきます。

 皆様、どうぞ良い御年をお迎え下さい。

                       土屋侯保

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年12月1日(金) 12:23

Shame on you!(恥を知れ!)

 最近のニュース報道で「恥を知れ!」とか、「みっともない」と思った人を3人取り上げる。
 恥知らずやみっともない人々というのは政治家などに掃いて捨てるほどいるが、今回は安倍総理、横綱白鵬、貴乃花親方、を取り上げる。

 まず安倍総理。

 トランプ米大統領が訪日した際、霞が関ゴルフクラブで松山秀樹と3人でゴルフをした時のこと。
 その時、安倍総理はバンカーショットの後、焦って前に登って出ようとして見事に1 回転、砂の中にでんぐりかえった。恐らくボールがなかなか出ないで焦ったのと、談笑しながら前を行くトランプと松山に追いつこうと思ったからであろう。
 私が、「恥を知れ!」というのは、ゴルフのマナーである。
 バンカーショットをする時は、ボールの最も近い、後ろから入り、打った後は自分でレ―キ(洋式のくまで)を使って、平らに砂を均して,その入ったほうへ戻って出るのがマナーなのに、焦った安倍総理はガードバンカーの高いところから出ようとしてぶざまな醜態をさらけ出してしまった。
 ゴルフプレー中に、転ぼうが、怪我をしようが、死のうが、安倍さんの勝手だが、マナーだけはチャンと守ってもらいたい。
 そういえば、大親友の加計学園の加計と いう男は首にタオルを巻いてゴルフをしていた。安倍晋三という男も、あの程度のゴルファーなのである。
 吉田茂のふところ刀といわれた白洲次郎は軽井沢ゴルフクラブで、タオルを首に巻いたり、腰にぶら下げたり、バンカーの高いところから出入りするゴルファーには、「帰れ!」と言ったという。
 「Shame on you,Abe!」

 次に白鵬。

 私が問題にするのは、先日の九州場所11日目。嘉風に一気に寄り切られた後、立ち合いが不成立というアピールなのか、土俵下で手を挙げてしばらく突っ立って何か言っていた。その後、土俵にやっと戻っても、嘉風が勝ち名乗りを受け、弓取り式が始まるのに未練たらたら、不満たらたらの醜 態を見せ続けていた。
 この時は、立ち合いも、勝敗も、完璧に成立している。嘉風は両手をチャンと着いていたし、白鵬も例の卑怯な左手で相手の顔をひっぱたくようなフェイントの立会までしているのに、嘉風がその左手の下からもろ差しになり、一気に白鵬の懐に飛び込んで押し出したのである。嘉風の完勝であり、白鵬の完敗である。

 ところで、11月23日付けの読売新聞には、相撲協会の八角理事長が「『先場所の日馬富士と一緒だよね』と渋い表情で振り返った」と書いているが、相撲協会の理事長は目が節穴なのであろう。白鵬と日馬富士の場合を一緒にしないでほしい。

 秋場所の日馬富士と琴奨菊の一番とは、以前この「ツッチー レポート」で も書いたが、琴奨菊が手をチャンとついていなかったので日馬富士が、立ち合いは不成立だという意味で琴奨菊の背中を叩いてアピールをしたのに、行司も、勝負審判の四人も、控えの力士も、スル―してしまった事である。
 最近は、@立ち合いでは相手と呼吸を合わせ待ったをしないように、A両手をチャンとついて立つ、と相撲協会の方が指導しており、その物言いが出来る権利がある行司、勝負審査役、控え力士(彼らは物言いが出来る)がしなかったのである。
 私が日馬富士が立派だと思うのは、白鵬と違い、この時に素直に負けを認め、その後ショックで何負かはしたが、立派に立ち直り、一人横綱の重圧の中で優勝を成し遂げたことである。
 場所後、白鵬のこのぶざまで見 苦しい件と、千秋楽での挨拶(日馬富士と貴の岩を再び土俵に上げてあげたいという個人的な意見を述べたこと)や観客に万歳三唱をさせたこを相撲協会は厳重注意したというが、相撲協会こそもっと迅速に、例えばその後の4日間を出場禁止にするぐらいのぺナルティを白鵬に科すべきであった。
 相撲協会にこそ厳重注意したい。
 以前、白鵬が優勝の挨拶でモンゴル語でスピーチをしたが、あれも良くない!チャンと注意するべきであった。大相撲は日本の国技である。モンゴル語で親や母国の人たちにコメントする場は他に幾らでもあるはずである。
 大相撲が国技だなんて、もうそろそろ見直す時かも知れない。まず天皇賜杯授与も止めた方が良い。
 「Shame on you、 Hakuhou ! 」

 最後に「白馬富士暴行問」に関して貴乃花親方。

 私はお酒を飲まないから、日頃、酒の上で事件や事故を起こす人にはストリクト(strict=厳格・厳しい)な評価を下す。今回の事件では日馬富士が酒のせいにしていないので、更に厳しく理解したい。
 傷害を起こした日馬富士が悪いのは厳然とした事実であるが、事件が特殊な相撲の世界であることや、モンゴル力士会の内部の、それも土俵の外でのことであり、個人的には白馬富士に同情している。引退は気の毒であり、元気な横綱を失うのはもったいない。
 (先場所のあの立派な横綱を見よ!日馬富士は白鵬よりも立派な横綱なのである)。
 むしろ私は、貴乃花親方への評価 を厳しく感じている。
 貴乃花親方は、まず協会に報告をするべきであった。それをせず、警察に被害届を出して、協会やマスコミには沈黙をし続けている。マフラーやサングラスの姿も見苦しい。
 歴史と伝統のある相撲界内部での出来事がまたまた、醜態をさらけ出している。
 日馬富士という白鵬よりも立派な横綱を失い、恐らく自分の弟子である貴の岩も土俵を去るであろうという結末をもたらすのは、当事者たちではなく、貴乃花親方である。
 相撲界の改革?ぶち壊しではないか!
 貴乃花が沈黙を続けているのに、母親の藤田なんとかがテレビに出てモンゴル力士を批判しているのも、茶番(=馬鹿らしい・底の見え透いたふるまい)である。貴乃花はマザコン だったのか?
 「Shame on you Takanohana ! 」

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年11月11日(土) 19:28

昔の政治家

 今、佐賀(肥前)の江藤新平を主人公にした小説『歳月』(司馬遼太郎著、上・下)を読んでいる。
 江藤新平という人物に私は惹かれていたので、とても興味深い。西南戦争の西郷隆盛と共に、佐賀の乱の江藤新平は、明治という混迷と権力が渦巻く時代の政界に踏み止まり、もっと活躍してほしかった人物である。
 ところでこの本の文中に、しばしば「長人は狡猾(奸侫)であり、薩人は愚鈍である」と書いてある。
 安倍晋三以外の長州の皆さんと薩摩の皆様、本当にごめんなさい。でもこれは、決して私が言っているのではなく、「江藤新平が言っている」と司馬遼太郎が書いているのである。くれぐれも誤解の無いように。

 さて、先の衆議院選挙で自民党が単独過半数を勝ち取った結果か、ここで加計学園の獣医学部が認可されることになった。

 現在の政治や人物を、歴史的事象と比較してしまう私は、安倍晋三と森友学園・加計学園の関係を見て、山県有朋の「山城屋和助事件(長州軍閥疑獄)」と、大蔵大輔でありながら三井の番頭と影で蔑まされた井上馨の「尾去沢鉱山事件」という金にまみれた政治家を思い浮かべてしまった。
 山県有朋(幕末時の狂介)、井上馨(幕末時の聞多)、安倍晋三、みな長州人である(3人を比較するには安倍さんはとても小物だが・・・)。

 坂本龍馬と共に幕末時に現れた傑物(超A級)である高杉晋作が死んで、奇兵隊はB級の大村益次郎が引き継ぎ、大村益次郎が刺客に襲われた結果死んだ事で、明治の陸軍を掌握したのがC級以下の人物山県有朋である。最後は総理にまで上り詰めたのである。

 不愉快な話はこの程度にして、前回予告した明治二十三年の第一回衆議院議員選挙の当選者を先ず列挙してみる。

 その前に、『陸奥宗光とその時代』の中で岡崎久彦氏が紹介している伊藤痴遊の言葉をここに孫引きする。

 「当時の選挙と昨今の選挙と比較してみると、どうして、こうもちがうようになったのかと思うくらいに、相違が甚だしいのに驚くほかはない。
  とにかく、第一回の総選挙には、多少情実の投票は行われていたとしても、買収投票は絶対に行われておらぬ。勝敗は別として、立候補した人の顔ぶれから見て、ごく低いほうの者でさえ、一府県における代表的な人であり、候補者の多くは、天下の名士ともいうべき立派な人物であった。・・・・・・したがって、当落にかかわらず、候補者に対する、選挙人のもつ尊敬の態度は非常に高いものである」

 今回のブログでは、この時の当選者の中で私が尊敬する人物を選挙区の北から南に列挙してみる。

 大江卓、河野広中、田中正造、津田真道、中島信行、中江篤介(兆民)、尾崎行雄(咢堂)、陸奥宗光、犬養毅、竹内綱、林有三、片岡健吉、植木枝盛、などなど。
 ざっとピックアップしただけでも将に“綺羅星のごとく”の人々である。現在の政治家の中に、百年百数十年経って評価されるこのような人物がいるであろうか?否、いない!絶対にいない!と、断言できる!

 個々の人物紹介は次回以降に譲り、今回はここまで。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ | 次のページ >>

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨