土屋きみやす−ツッチーレポート

<< 前のページ | 次のページ >>

2019年3月10日(日) 19:42

大和地区日中友好協会での講演について総括

 2月24日の講演について、お出でいただきました多くの方々からご感想やご意見を頂戴しましたので、(もう一度、自分としての総括でもしなければ)と思っておりましたら、当協会から会報が届きましたので、ここにそのまま全文を転載させていただきます。講演に関しましてはむしろ私が自分で語るより、主催者の感想が何よりの総括と考えましたので御理解をいただき、こちらをお読み下さい。最初の“「春節の集い」は大盛況、一方で課題も”という石井功会長の文章が、私の講演内容と状況を良くとらえております。




 この際ですから、日中問題や日中友好運動にご関心のある方は、是非ご入会もお考えください。   

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年2月26日(火) 10:21

講演が無事に終わりました

 前回のブログでご案内いたしました大和地区日中友好協会主催「春節の集い」での私の講演が無事に終了いたしました。
 いつも私のライヴや講演会にお出でいただく友人にご案内いたしましたら、多くの方がお出で下さり、お陰さまで盛況のうちに終了いたしました。
 主催者(当協会の会長)からの御礼のメールによりますと、通常の倍以上の方がお出でいただいたとのことですので、私としても安心いたしました。



 さてその講演でレジュメのような内容をお話ししたしましたが、中国3000年の歴史と我が国の関係を1時間でお話しするのは至難の技で、話し足りなかったことが沢山ありました。
 加えて、歴史のお話ですから、国家間の難しい外交や軍事的問題、更にはそれらの評価や認識が聴く人々によって随分と異なると思いますので、レジュメの「1.はじめに」で、「私の個人的な見解であり、内容も諸説ある」という事を確認させていただき、本論に入りました。
 講演で最も伝えたかった事は、江戸時代に西洋のさまざまな先進性を蘭学という学問で知り得、それがアヘン戦争に見られるような堕落した清国(当時の中国)という国家と比較する事によって、明治以降、とりわけ先の戦争の頃の対中国感、すなわち中国蔑視の萌芽が生まれたのではないかということでした。
 レジュメの「3.その対中国史観の変遷」で、拙著『江戸の奇人 天愚孔平』や岩波思想大系『洋学 上』、などから引用した、天愚孔平(萩野信敏=雲州松江藩の家臣・儒学者)が大槻玄沢の『蘭学階梯』の序文で言及しております内容(こちらは中国の良い面に言及しているが)や、杉田玄白の『狂医の言』などから、それらの変遷をお話しいたしました。
 後半では、日中国交回復時の田中角栄と周恩来、また明治時代の清国を倒す革命運動をしていた孫文とその支援者である宮崎滔天や頭山満などのお話し、更に、最後の15〜10分で私と日中友好運動との関りを話しいたしました。
 将に3000年の歴史を1時間の掛け足でお話しいたしましたが、言い足りなかった事ばかりの講演会でした。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年2月20日(水) 10:01

急なご案内ですが・・・

 2月24日の日曜日、大和市勤労福祉会館におきまして、私の講演がございます。
 24日の昼間お時間がある方、中国問題に関心がある方、土屋の話を聴いてみたいという奇特な方、お時間ございましたら是非おいで下さい。
 なお、お出でいただける方は、事前の申し込みを饗庭さんにご一報ください。



written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年1月27日(日) 22:49

書を観賞してきました

 上野の東京国立博物館平成館で開催中の「顔真卿 王羲之を超えた名筆」を見てきました。



 王羲之の「蘭亭序」(犬養毅が所蔵していた、いわゆる犬養本)、唐の時代に楷書の典型を完成させた欧陽詢、虞世南、褚遂良の書、その三大家の伝統を継承しつつ新たな書法を創出した顔真卿(今回の主役)等の、その膨大な書の数々に圧倒されつつ、充分満足しつつ観賞しました。
 私は書の方はさっぱりですが、20年ほど以前、ピッツバーグの友人宅を訪れた際に(何か東洋的なお土産はないか?)と考え、私の書いた「王羲之の蘭亭序」の掛け軸を持っていたことがあります。今もピッバーグのM氏宅かアメリカのどこかに残っているかどうか分かりませんが、思い出すだに冷や汗ものです。
 この展示物の撮影はもちろん禁止ですが、唐玄宗の筆になる「紀泰山銘」だけは近づいての観賞も撮影もOKでした。



 残念な事にここでも 「立ち止まらずに 歩きながら見て下さい」 と、係り員が追いたてていました。
 私に対しては言いませんでしたが、もし私に向かってそんなこと言ったら、
 「書を観賞するのに歩きながら、というのは失礼だ!」
 「1600円も取っておきながら!」
 「ロンドンの大英博物館は入場無料で、そんなこと言わないぞ!」
 と言ってやるつもりでした。
 平成館を見た後、ついでに本館にも行き、書、絵画、陶磁器、刀剣、鎧、兜などなどの国宝なども観賞していたら、すっかり夕方になってしまいました。
 東洋館の「白磁の誕生と展開」や「王羲之書法の残影」も見たかったのですが、これらは次回三月末ごろ、桜の季節に解放する庭園と共に、来ようかと思いました。
 たまたま本館に展示されていた青磁の碗をご覧ください。



 これは室町幕府の足利義政が所持していた時、ひび割れが生じ、中国に送ってこれに代わるものを求めたところ、明時代の中国にはもはやそのようなものはなく、鎹(かすがい)で止めて送り返されてきた。この鎹を蝗(いなご)にみたてて「馬蝗絆(ばこうはん)」と名付けられた。
 という、有名な青磁輪花碗 銘「馬蝗絆」(中国・龍泉窯)“重要文化財”である。
 もう一度、我が家の青磁の一輪差しもご覧いただきたい。


 我が国の重要文化財と、我が家の安物との違いが判る人は?

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年1月14日(月) 19:39

古伊万里を見てきました。

 昔から、車では通り過ぎても、なかなか行く機会の無かった八王子に、「粋な古伊万里」展を見に行って来ました。






 イギリスのレッチワ―スを嚆矢とした、エベネザー・ハワードによるガーデンシティ(日本では“田園都市”)のまちづくりらしく、八王子も駅から放射線状の道(ユーロード)の先に、目的の八王子市夢美術館がありました。
 まずその道と、歩道としての整備に感心し、更に市立の美術館だからか入場料の割引(おとな600円が65歳以上は半額の300円)にも感心しました。 市民と市民以外との料金差別が無いのも、好ましかった。
 展示されている磁器の類は、「江戸好みのうつわデザイン」(サブタイトル)らしく、なかなか多種多様な用途や日本の焼き物文化の歴史を象徴するような芸術の域に達した磁器まで揃っており、有田発祥の伊万里(江戸初期から元禄頃に花開いた豪華な器から19世紀の文化文政以降の実用的な器)をじっくりと堪能してきました。
 さすがにマイセンなどに影響を与え、日本の磁器に大きな影響を与えた焼き物らしく、素晴らしいものが沢山展示されておりました。
 場内は撮影禁止でしたので、私が気に入った焼き物のうち、3点を図録から上手く実写のようにスキャンしてを覧いただきます。









 なお、半分ちかくの展示品は、江戸の町で使われていた実用的で廉価なものでした。 これらを見ていると、(あっ、こんなの家にもあるな)という感じが多々あり、それらも好ましいものでした。
 (そういえば、家の庭に出しっぱなしの鉢植えの受け皿も古伊万里だ!)と気付き、帰ってから洗ってみたのがこの白地に青一色の葡萄柄の物。






 裏に銘があり、もしかすると“角福”か!と、よく見たら、示編ではなく木偏の“橘”のような文字。



 結局、まあ実用品だろうから、と、ミカンを入れております。



 我々素人には焼き物の価値なんぞ判らないのと、落語の「はてなの茶碗」のような掘り出し物なんぞは無い物と思わなくてはなりません。
 最後に青磁の一輪差しをご覧ください。



 なかなか清楚でスマートな立ち姿をしているでしょう? (道具屋でたったの数百円でした。笑い) 

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ | 次のページ >>

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨