土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年06月30日の記事

2009年6月30日(火) 00:00

2009/06/30 11:02

 以前、大和市の都市計画事業である「渋谷(南部地区)土地区画整理事業 審議会」の委員をお願いしていたS氏から、S氏が永年いろいろな区画整理に関わった仕事に関する自分史の御本をいただいていた。

 もちろん、当時ざっと読ませたいただいたが、最近じっくりと読み直してみたらとても興味深い事柄が多く、大変勉強になった。


 終戦後の新宿や渋谷の区画整理は、私が高校や大学時代に過した環境とオーバーラップするし、港北ニュータウンなどの経験談には“目から鱗”の個所もあった。

 たとえば、「申出換地」とか、ニュータウンを都市区画整理の視点から見た記述とかである。

 私にとってのニュータウンとはウェルウイン・ガーデン・シティやスティーブネージをはじめとするイギリスのニュータウン、また千里ニュータウン、多摩ニュータウン、高蔵寺ニュータウン等の日本のそれであるが、どちらのニュータウンも“土地区画整理事業”という視点からは見ていなかった。

 ニュータウンといえども、やはり換地や減歩でご苦労するのだということを実務者の体験から知った。


 色々の資料に目を通していたら、懐かしい“Bプラン”という言葉に出会った。

 以前だったら、“Bプラン”というテーマだけで30分でも1時間でも講演できたのに、現場を離れて時が経った今は(あれ、Bプランって?、えーと何だっけ?)という感じだったのである。

 しかしこれがきっかけで、Bプランはもとより、ゾーニング、アディケス法の区画整理、関東大震災後の土地区画整理事業などの勉強もし直すことができた。


 話は変わるが、会う人毎に「グログ楽しみに見ていますよ、だからもっと更新してください」とよくいわれる。

 他の自治体の方からはブログの更新どころか「こっちで選挙に出てください。」といわれる。

 「議員ならともかく、首長はやはりその土地で生まれ育った人、少なくとも住んでいる人、固定資産税を払っている人でなくては住民が不幸せになる」とお答えする。「それならば、衆院選とか参院選とか知事選に」といわれる。

 その理由は「私たちが投票できる選挙に・・・」というのが理由らしい。

 先日、電話で講演を依頼してきた方からは、そこの自治体の実態を話してくれた。


 また、別の(多くの知り合いがいる)或る自治体の職員から、新しい首長についてこんなメールが届いた。

 「住民の目は正直よくわかりませんが、役所内はかなりボロボロになってきています。この地を愛さず、職員を信用せず、議員に敬意を払うこともなく、もちろん職員から敬意を払われることもないのですが、とにかく細かい事まで口を出しすぎて、部(長)の裁量もなく、組織として完全に疲弊しています。云々」


 最近の傾向で、現職が敗れたり、若い人が首長に就任しているが、この自治体のようにならないことを祈るばかりである。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨