土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年08月08日の記事

2009年8月8日(土) 00:00

上海紀行 まとめ

 とても書ききれない上海の感想と、パークハイアット上海の感想だが、ここにまとめてみる。

 まず、上海が社会主義や共産主義国家の都市ではなく、昔から資本主義的な都市であることは知っていたが、博覧会直前ということもあり、今回は更にそう感じた。
 その昔、文化大革命のときにも(上海は違う)と思っていたが、今や経済特区の「深玔」と共にその豊かさは中国国内でも突出している。  さらに今は万博で発展しつつあるが、万博後もそれがフロックや一過性のものでななく、必ず大きな資産となるのであろう。

 かつての万博でも様々な歴史的建造物やインフラ整備が残された。
 私の記憶に間違いがなければ、ロンドンでの「クリスタル・パレス(E・ハワードのレッチワースのとは違う)」、パリでの「エッフェル塔」、株の暴落やコレラの大流行時のウィーンではドナウ川の治水やグラムの直流電気、またガソリンエンジンの車など、シカゴでの「大観覧車=フェリス・ホイール(Ferris wheel)」、大阪万博の「太陽の塔」などが思い出される。  今回の中国館「パフォーマンス・センター」も度肝を抜く大きさで建造中であった。

 中国には何度か行ったが、どこも大きくて、広くて、まるで自分が象の体の一部にとまった蚊のような心境である。

 最初に中国を訪れた3~40年前は1元が確か60円(現在は14円)、円高か元安だったが観光客は価格の高い“友諠商店”でしか買えず、店員の応対は最悪だった。
 隔世の感である。

 ましてやリニア・モーターカーが実用的な移動手段であることに感動さえ覚えた。

 (日本では本来の目的から逸脱して、山間部を通ったり迂回したりという政治家の地元利益導入で費用が嵩み、いつまでも完成しない。成田←→東京間が欲しい)

 さて、お世話になった「パーク ハイアット 上海」だが、最近のフォーチュン・ウォールペーパーによる「Best business hotel in the world 2009」で「フォーシーズン フィレンツェ」と共に世界のトップにランキングされた。
 評価の判断基準にスタイル、快適さ、サービス、Food、飲み物などがあり、評価の文言に「The highest levels of style and service inspire(感激させる)」や、 景観が「Stunning(圧倒する)」とあり、また設計者のコンセプトも評価が高く、全体のトーンが「earthy tones」とか「natural materials」であることも評価されていた。

 本当に、O原社長はもちろん、社長車のドライバーや秘書の趙さん、部屋にギブソンのギターを置いて貸してくれた総支配人のC・サドネスさんを始め、スタッフの皆さん一人一人にお世話になりました。



 最後にどこかでもらった小さな紙片に次のような言葉があった。



 「活到老、学到老 Man is like the Time,Never too old to learn」

「光明和愛情皆一去不返 Time never goes backward, like love」

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(3)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨