土屋きみやす−ツッチーレポート

2007年5月2日(水) 00:00

敗戦のお詫びと御礼

敗戦のお詫びと御礼
土 屋 侯 保

 やっぱりというか、エーっというか、4期目の大和市長選挙で落選いたしました。
 ご支援下さった皆様、ありがとうございました。また、申し訳ありませんでした。
 実は3期12年間で行なった大和市のさまざまな施策に関して、そのつど消極的なご意見や反対があったことは充分承知しておりましたが、私は大和市を地方自治のモデルとしてあえて先進的な問題提起をし続けてきたのです。
 それらは多くの自治体首長・職員や研究機関・学者、地方議員などから先進参考事例として注目を浴びてまいりました。

 結果的に、自己の保身を優先する幾つかの団体には、最終目標は同じなのに私の手法がご理解頂けず、また受益者負担や原因者負担の原則に抵抗を示す旧来型の要求・要望型の団体からもご支持が得られなかったようでした。
 民主主義の実践を大和市で行い、その審判が選挙であるという手法の結果として、充分想定出来た落選でしたので、私自身はサバサバといたしております。

 同時に、市民の皆様が4期を“多選”と思うか思わないかの判断も今回の選挙でしたので、一般的には「多選反対」のネガティブ・キャンペーンで当落が決まったようにいわれております。
その結果、22万市民が選んだのはマニフェストや政策よりも多選という事と、私の政治手法への抵抗でもあったと思います。
すなわち、私への信任の可否を問うた選挙だったと思っております。

純粋に私をご支持して下さった皆様には、将に“私の不徳の致す所”で悔しい思いをさせてしまいました。
これからは活躍の場を広く他のフィールドに求めて、地方自治の更なる進展に関わってまいりたいと思います。
12年間、御支援有り難うございました。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨