土屋きみやす−ツッチーレポート

2007年7月2日(月) 00:00

2007/07/02 08:52

 先週の新聞記事によると、国の応援プログラムに神奈川県内11市町20プロジェクトが名乗りを上げたとのことだが、そこに大和市は1件も入っていなかった。
 今までの先進自治体大和市からすると考えられず、寂しいと感じた方も多いと多いと思う。
 そもそも、このアイデアは大和市のような地方独自の地域活性化を国が応援するもので、私は全国特例市連絡協議会会長として菅総務大臣に「このプロジェクトに大いに賛成する。大和市の市民自治区といった大和市民の自治や市民と行政との協働事業こそ、このプロジェクトにふさわしい」と申し上げていたのである。

 その後このプロジェクトに関して、神奈川県の市町村を代表して菅総務大臣との懇談会に出席する予定でいたが、選挙の結果により、こんな重要な懇談の席に新市長は出席しなかった。
 しかし、このプログラムに大和市としては何か名乗れたはずである。

 横浜市、横須賀市、鎌倉市、藤沢市(5つ)、小田原市(3つ)、逗子市、相模原市、厚木市(3つ)、海老名市、座間市(2つ)そして山北町である。 
 最近、「今まで、神奈川県、それは結果的に日本全体の自治体を引っ張ってきたのは土屋さんだ」と、あるマスコミ関係者に過大な評価をされたが、少なくとも今や他の自治体は元気である。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨