土屋きみやす−ツッチーレポート

2007年9月28日(金) 00:00

2007/09/28 09:51

 渋谷地区の区画整理と天満宮の違憲状態の解消、そして基地の騒音問題を私の時代で解決しておくということは、私の信念であった。
私だから解決できると自負し、それは“未だ萌えざるを達見する”為政者の義務と考えた。
私が苦労をすれば、後に続くものの負担が減る、「先憂後楽」とも考えた。
 さて、「渋谷南部土地区画整理事業」についてであるが、私の一期目においてもっとも高いハードルの政策判断とその決断、実行を求められた事業であった。

 平成7年に市長になって、いきなり「この区画整理事業のタイムリミットは平成7年末までに渋谷中学校の移転先が決まらないと頓挫する」と言われた。
 担当の責任者である区画整理事務所長でさえ、まるで他人事のようであったが、それも当然である。執行権者である市長のマターであり、私の政治生命がかかっていた。
 そもそも渋谷区画整理事業を北部と南部に分けて、先行して北部(現在の住居表示での大和市渋谷)を完成させたのも、高座渋谷駅周辺に入っていく大変さと共に、この渋中の移転先の見通しが立っていなかったからである。
 政策の継承とは、すべてバラ色のものではないものもある具体例である。
 私は、これを負の遺産として前任者の責任にするような卑怯なまねはしなかった。
 「ピンチは最大のチャンスである」と考え、政策決定を「中学校の統合」という案に変更して果敢に問題提起をした。
 結果的に、地元の皆さんの逆提案で小学校を統合して、大きく区画整理が前進したことは御承知の通りである。
 担当者が苦労するのは当然とはいえ、当時の教育長や担当の部長が統合案の説明会やその後の用地取得に望む際の心労ぶり(姿や溜息)を、今でもまざまざと思いだす。
 当時すでにバブルも崩壊していたのに、「区画整理地区外、渋谷中学校学区内、新築」で移転とは、いかにも高いハードルだったが、今でも私でなければできなかったと自負している。
 この“土屋市政”による区画整理のどこを「以前に戻す」のか?

 次に「大和駅東側第四地区再開発事業」について。
 バブル崩壊の以前には大和駅周辺に8か所ほどの再開発計画があり、中には組合まで設立していたものもあった。
 そんな中で私がこの「第四地区」の完成にこだわった理由は、大和市の中心地である大和駅周辺の活性化の起爆剤にすることと、もう一つに大和天満宮の位置づけがあった。
 最近はあまり議論されないが、市の行政財産である市有地に宗教施設が存在するという“違憲状態”の解消である。
 個人的には、30年ほど前に宮神輿の渡御が復活した時から、ずっと祭和会・相和睦・そして現在の大若会名誉会長として神輿を担ぎ続けてきたので、天満宮は地面に直接建ち続けていてほしいという気持ちもある。
 しかし氏子の皆様のご理解とご協力を得てここまで進んできたものであり、ぜひこの都市計画決定事業の完成を望むものである。
 もとより、地権者・組合の皆様のご理解とご協力にも敬意を表したい。
 これも政策を是非継承発展させてほしいが、どこをどう「土屋以前」に戻すのか?

 他に、中央四丁目(駅西側)も歴代市長以来の課題であり、私はさまざまな事柄を考慮しつつ、やっと四期目にその実現が見えてきたが、それも仕切り直しである。
 シビックセンター構想や大和公園の活用もその企画案は持っていた。
 大切なことは「戻す」より、どう「進める」かである。

 最後に基地の騒音問題。
 皮肉なことに、騒音については市長選挙直後すぐに昔のような騒音で“土屋以前”に戻った。
 在日米海軍にとって、重しが取れたような感覚だったのか、中には(土屋市長はうるさい相手だが米軍の立場も理解してくれていた)と、選挙結果に対する抗議だったと分析する人もいる。
 基地対策は、多分に政治家としての判断と行動・発言が結果に現れるので、さまざまな外部の人たちの言いなりや知事の後ろにいたのではそれは望めない。
 ともあれ、基地の状態はすぐに“土屋以前”に戻せる。というより、戻ってしまうかも知れない。
 主体的に戻そうとするのならば、「NLPを岩国に押し付けないで、従来通り硫黄島で100%実施」を求め続ければ良い。
 国家間の合意事項である「米軍再編」を変更するのは大変だが、在日米海軍も今までと同様、厚木を中心に活動出来ればそのほうを望むであろう。
 さらにオープン・ハウスのデモンストレーション・フライトも土屋以前に戻るかも知れない。
 皮肉なことに、それらは米海軍の望むところであり、反対する人たちに基地闘争テーマも引き続き提供できる事となる。

 ところで、市議会で「母港化容認できぬ」と答弁して、就任前の「母港化は現実的にやむを得ない」から変化した、と新聞報道にあった。
 為政者となった今後は、発言や行動に一貫性を望みたい。「綸言汗の如し」である。
 となると来年の原子力空母「ジョージ・ワシントン」の配備セレモニーには当然出席しないのであろうが、いかがであろう。
 これは、第一軍団司令部配備に反対する座間市と相模原市の両市長が出席しない座間キャンプのパーティで見かけた事からの素朴な疑問である。
 そもそも座間キャンプと行政体としての大和市にほとんど接点はない。
 かつて、一時的なゴミ処理を座間市にも相模原市にも断られ困っていた時、処理能力に余裕のある大和市が私の判断で引き受けて以来、歴代の在日米陸軍司令官が私に敬意を表して各種のイベントに招待してくれているだけなのである。
 選挙後も変わらず私に対応しくれている現在の在日米陸軍司令官パーキンス少将は在日米海軍司令官のケリー少将同様、スケールの大きい人間味のある私の大切な友人である。
 こうした、基地との関係などこそ仕切り直しをちゃんとしないと顰蹙を買う。
 大和市はもちろん、日本国家の“品位”にもつながる。

 最後に、市民自治区や協働など参加・協働・自治の流れやIT政策の推進は今や全国自治体の動きであり、止めれば止めるほど「土屋市政」が再評価される。
 市民自治区を中止する理由について「到達点が見えない」との新聞報道だが、自治や民主主義に終わりや到達点はない。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨