土屋きみやす−ツッチーレポート

2007年10月29日(月) 00:00

2007/10/29 09:37

 10月22日に「厚木基地騒音対策協議会」が開催されたということを翌23日の神奈川新聞で知った。
 大きく、「組織は現状維持に NLP実施で一転、存続」とあり、ちょっとびっくりした。
 神奈川新聞の田口要という記者の署名記事であるが、私の存在と前回の発言を、随分と過大に認識しているようだ。
 
 まず、ここに2つの間違いがある。
 その1.「組織は現状維持に」とあるが、昨年この会で大和市長として私は「岩国に空母艦載機部隊が移転する時期を見据えて、将来は段階的解消を」と言ったので、しばらく現状維持なのは今に始まったことではない。
 その2.したがって「NLP実施で一転、存続」という表現も正確ではない。

 私の主張は次の通りである。
 1. この会の名称は「騒音対策」であるが、その目的は会則にあるように「NLPを硫黄島で全面的に実施させる」ことである。
 1. 岩国基地の沖合滑走路が完成し、第5空母航空団が移転しても、NLPの訓練場所が決まらないと、硫黄島は引き続き使用される。
 1. したがって、この会を存続させるということは「他にNLPの訓練場所が決まらなくとも(決めなくても)、引き続き硫黄島で行っていれば良い」ということになり、将来的にも受け入れることになる。
 1. 在日米海軍には願ったりであろう。横須賀にも硫黄島にも岩国より近く、日本飛行機(株)も存在する厚木基地に引き続き艦載機を飛来させ、その出入りには訓練まがいの飛行もできる。時には硫黄島の天候などを理由にNLPも行える。
 1. 硫黄島はあれだけの施設であり、引き続き使用させたい気持ちも充分理解できるが、日米政府間の取り決めはあくまでも“暫定使用”の場所である。
 1. したがって、この会の存続は在日米海軍、太平洋艦隊、第7艦隊、第五空母航空団、そしてわが国の政府と防衛省にも願ったりのことなのである。

 この私の主張が理解できている基地関係職員のいる自治体は健全である。
 将来を見据えた首長がいないことは、住民にとって不幸である。

 この記事を読んだとき「衆愚政治」という言葉が頭に浮かんだが、正確には「衆無(知)政治」なのである。

 もうひとつ浮かんだ言葉。
 「死せる孔明 生ける仲達を走らす」
 (そういえば22日はしきりにクシャミが出たっけ・・・・。)

 蛇足:「諸葛孔明」が私、「仲達」が知事などこの会のメンバー。
 今からでも知識や教養を深めたい人は、あらためて「故事ことわざ辞典」を読んでいただきたい。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨