土屋きみやす−ツッチーレポート

2008年1月31日(木) 00:00

2008/01/31 23:43

 先日、栗山町議会から先日の講演に対する感想文が何通か添付されてきたので、そのポイントをピックアップしてご紹介させていただく。

@. 「協働」の考え方と実践については、早く栗山町にも浸透してほしい
  ものであり、我々職員の理解度も高めていかなければならないと感じ
  ました。
A.“協働は官益ではない”という言葉は印象的でした。
B. 決算を重視し次年度予算に生かすという考え方は、私も常々思ってい
  ることであり、単に残った金額の多寡に拘るのではなく、効率性、経済
  効果などを重視する点については“わが意を得たり”という感想を持ち
  ました。
   栗山町もこのような視点にたって今後の公共経営を進めていければと
  思います。
C. 行政・議員・民間と様々な経験をなされており講演にも説得力があり
  ました。お話も上手で飽きない講演であったように思います。すばらし
  いご講演ありがとうございました。
D. 先生の考える(3つの)協働の前提という視点は大変説得力がありました。
E. 土屋先生のお話をお聞きして、市長に就任されて、市職員の意識を変
  えてこられたこと、そして、条例等を明確に整備されたこと、これらを
  先んじてリーダーとしてのビジョンを持って取り組まれたことが、今の
  大和市につながっているのだと思いました。
F. 大変わかりやすい図を元に教えていただきました。先生の町民・議会
  ・行政のパワーバランスが重要というお話はよく分かりました。常にそ
  の均衡と緊張関係を意識して、単純ですが「町民のより良い生活」に向
  けて町政を進めていくことが重要と思いました。内部の力学だけに捉わ
  れないように、広くアンテナをはり、また一方で足元を見つめなおしな
  がら取り組んでいくことが必要と感じました。
G. 先生の「地域ごとの課題、プライオリティは違う」という点が重要と
  思います。地域の自律した活動への支援と同時に必要なのが、協働の前
  提となる「合意形成」の仕組みであり、地域住民が優先性や緊急性を一
  緒に考えることがとても重要なことと思いました。栗山町においても、
  自治基本条例の策定プロセスと実践の積み重ねこそが重要だと感じました。
H. 総合計画について、様々なポイントが簡潔にまとまられていて、大変
  参考になりました。−中略ー また、今なお課題だと感じたことが、ビ
  ジョンとミッションの明確化でした。云々。
I. 今後の決算も含めた議会のチェック機能、また、住民参加のシステム
  や計画行政、予算編成と連動した、外部評価も含めた政策評価の仕組み
  が重要と思います。当日はお聞きできませんでしたが、政策評価の取り
  組みに対する先生のお考えも拝聴したく思いました。
  −中略ー
  お話の時間があっという間に感じ、もっと様々な思いが巡りました。
  お忙しい中に貴重なご講演有難うございました。

  以上。ポイントを抽出して箇条書きにした文責は私にありますが、当日 の皆さんのご感想はこれらのご意見で出ていると思います。
  私も、当日の雰囲気と今回の感想文で大よそ受け留めることができました。

  栗山町のみなさん、ありがとうございました。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨