土屋きみやす−ツッチーレポート

2008年3月4日(火) 00:00

2008/03/04 14:16

 最近のニュースから感じたこと。
 ロス疑惑事件に関して、改めて日本の最高裁の無罪判決って変だと思いませんですか?
 また、福岡市の職員による飲酒事故で、いたいけな子供が二人死亡したのに、地裁の判決は軽すぎると感じませんでした?

 でも、世の中って、首をかしげるような状態のまま進んで行ってしまう事が多いんですよね。
 最近、感じたのですが「道路特定財源」をそのまま道路に使うか、一般財源化するかという議論がありますよね?
 特定財源のまんまの東なんとか宮崎県知事あたりが、民主党の管さんとの討論でポイントを上げていたけど、本筋の議論じゃないってことお気づきですか?
 「特定財源」が道路関連の為に使う“目的税”であるならば、一般財源化とする事そのものが間違っているんです。
 道路などのインフラ整備が終了したならば、一般財源化ではなく、税そのものを廃止するべきなのです。

 地方自治体で徴収している“都市計画税”も“都市計画事業”という目的を達成するための“目的税”であり、本来、都市計画事業が終了した時点で廃止するべき時限税なのです。
 (都市部では都市計画道路や区画整理など延々と都市計画決定事業は続きますから、実態は目的税というより、固定資産税に付随した一般税のように感じますが・・・)

 要するに、道路特定財源のままか?一般財源化か?ではなく、続けるか?止めるか?が本来の議論なんです。

 こんな出来事が日常茶飯事のように報道されています。

 マスコミや世論をリードしている多くの方々が、事件や出来事を声高々と取り上げるとき、私はいつも(それほど正義心旺盛に指弾や糾弾するのなら、何故それが起きる前に指摘しなかったの?)と思うのですが、どう思います?

 だから私は、いろいろなところで書いたり発言をしているけど世論とは距離を置いて「白い恋人」、「赤福」、「朝青龍」の味方を自任しています。

 最後に、小話をひとつ。
 昔、サイマルアカデミー校長でサイマル・インターナショナル会長の村松増美さんから、わざわざサイン入りで戴いた著書『指導者たちのユーモア』からの引用である。

 沈没する船から救命ボートに乗り込んだ人々が多すぎるので、救命着を付けてボートから飛び降りてもらう話。
 イギリス人には「あなたは紳士ですね」という。
 ドイツ人には「船長の命令!」という。
 アメリカ人には「生命保険をたくさんかけたよ」という。 
 イタリア人には「飛び込んではいけないよ」という。
 最後に、日本人には目立たないようにそっと耳元でささやく。
 「皆様が飛び込んでいらっしゃいますよ」

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨