土屋きみやす−ツッチーレポート

2008年4月23日(水) 00:00

2008/04/23 22:44

 久しぶりのブログ更新である。

 大正大学の授業が今年度は春期も受け持つことになり、4月22日から始まった。
 昨年の秋季から、従来の内容に加えて更に講義を充実させているつもりなので、その分、準備に費やす時間が増える。

 また、新たで大きな目標にチャレンジしようと準備も始めた。
 その為にはまず研究である。本や資料を入手し、次々と読み始めている。

 或る会社のお手伝いも始めたので、その仕事に関しても若干の時間が費やされる。

 更に、先日は或る地方の議長会から講演依頼が来た。
 複数の自治体議会議員が対象で、二百数十人の議員や議会事務局職員が対象とのことである。
 まだ先だが、今からファイトが湧いてくる。

 市内の各種団体等との交流も相変わらず続いている。
 このたび、大和市レクレーション協会所属の“大和市民謡協会”から会長就任の依頼を受けた。
 総会で、全員が賛成、それも拍手で承認されたとのことである。
 ありがたいことである。
 歴代会長の渡辺さんや甘木さんが築き上げてきた同会をさらに発展させるのが私に課せられた責務であり、その責任の重さに改めて身が引き締まる。

 また、以前私が会長をしており、現在名誉会長をしている“大和市文化連盟”の会長から「総会ならびに理事会へ是非出席してご挨拶を」という依頼があった。
 昨年、物を知らない某人物から、挨拶で“政治的な団体”と決め付けれた団体である。
 出席した私は、挨拶で地方自治法第二百三十二条の二の紹介をした。
 いわく「普通地方公共団体は、その公益上必要がある場合においては、寄付又は補助をすることができる。」
 当日は総会であり、その議案の決算にはもちろん、今年度の予算にも大和市の今年度の補助金が組み込まれていた。
 歴代市長が“公益上必要がある”と認めて補助をしてきた団体であり、決して“政治的な団体”ではない事を説明したのである。
 物を知らない人以外にとっては“常識”であるが、改めて出席者は溜飲を下げたようである。

 このところ、パソコンのマウスと楽器とゴルフで、右腕の腱鞘炎が痛む。
 更に裏山のタケノコ掘りをしなければならない季節である。

 ライブは5月25日の「大和ブルーグラス・フェス」まで一段落だが、練習はしなければならない。
 最近、後輩がプレゼントしてくれた10数枚のLPレコードを、これまた別の友人がプレゼントしてくれたマシーンでCDにプリントしている。
 
 右腕の二の腕と肘と手首をかばいながら、楽器以外のパソコン、ゴルフ、タケノコ掘りが続く。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨