土屋きみやす−ツッチーレポート

2008年4月30日(水) 00:00

2008/04/30 19:04

最近続けて、ばったり2人の大和市職員に出会った。

 1人は、或る日偶然、都内某所の或る機関に同じ目的で行ったとき出会った。
 本来の用事の前後(特に帰りは一緒に電車で帰ってきた)に話した内容のほとんどは、土屋市政時代の大和市のことであった。
 “都市計画決定事業”に対する私の理解度の高さ(私にしてみれば、これが普通ですが)や、住民との協働、市民の参加、様々な先進行政実例に対する評価であり、去年までの市政への懐かしさ、トップダウンの内容の質の高さなどであった。
 職員間の動向など、市役所内部の話も興味深かった。

 その翌日、また別の職員と市内の或る農家でばったり出会った。
 その時は、わざわざ車を農家の庭の端に寄せて降りてきて挨拶された。
 本当に立ち話程度であったが、大和市役所の実情が手に取るように解った。
 いろいろ話してくれたが、中でも「市長(私)の頃は、理論と理論のぶつかり合いで、政策を決定し、進めてきたのに・・・・・」という感想が印象的だった。

 2人の話を聞いて、1つのソ連時代の小話を思い出した。
 くどいようだが、これから紹介する小話はソ連のことである。

 或る男が、赤の広場の真ん中へ行き、「フルシチョフは大馬鹿だ!」と3回連呼したところ、たちまち捕まり、即席裁判で判決はシベリア送り、終身刑に。
 「そんな無茶な、国家元首侮辱罪は禁固六ヵ月のはずじゃあー」と抗議したところ、裁判長いわく、「罪名が違うぞ。お前のは国家重要機密漏えい罪じゃ」。

  ソ連の話である。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『タイトルなし』

自画自賛と妬み嫉みを綴るレポートもそろそろお仕舞いにされたら如何ですか。

written by 良識ある市民

『ストライク』

ツッチーレポートは ボール! では ないと思います。ど真ん中のストライクではなくても 誰が見ても ストライク! です。

written by とおりすがり

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨