土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年1月23日(金) 00:00

2009/01/23 10:13



 オバマ大統領就任セレモニーをテレビで観たあの夜から、すっかり宵っ張りになってしまった。
 ところが本番の時は同時通訳の声がまるで子守唄のようで寝ていたのです。
 後日、就任宣言のやり直し部分から就任演説の全てをYou Tubeでじっくりとみた。
 もちろん、新聞の英語全文とその訳文も読みながらである。

 就任宣言は、先導役のロバーツ最高裁長官が宣誓文の言葉の順序を間違えたからと報道されているが、テレビで見る限り、長官がセンテンスを短く切らずに先導した為、オバマさんがスムースにリピートできず、長官が本来の長さに短く切ってやり直したように見える。

 さて、就任演説であるが、全体に地味で堅実な言葉の連続であったように感じた。
 当日は「responsibility=責任」とかの幾つかの言葉や「For us 〜」などの繰り返し、フレーズなどが印象的だったが、やはり8カ所の大きな拍手が起きたところであろう。

 そのほとんどが“My fellow citizens”と呼びかけたアメリカ国民にアメリカという国家の団結を呼びかけた時である。

 次回、その部分を日本語で紹介し、分析も試みる。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨