土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年2月12日(木) 00:00

2009/02/12 14:58

 二月の或る日、家内と家内の姉の3人で、一泊二日の京都の旅に行ってきました。
 お花見でもなし紅葉でもないこの季節は、安いのと観光客が少ないという理由で、とても有意義な旅でした。

 京都駅に到着して早速、伏見稲荷をお参り、千本鳥居(写真1)で有名な裏山「稲荷三ヶ峰」を登り、最高峰のお宮(写真2)もお参りし、限定公開の「松の下屋と庭園・お茶室など」を拝観しました。



 次には比叡山のふもとの坂本に移動、「公人屋敷」を拝観し、その後、坂本名物の手打ち蕎麦を「本家 鶴㐂蕎麦」(ここは美味い!絶対お勧め。以前は庭園が素晴らしい豆腐料理で有名なお店に行った。)で食した後、日吉大社をお参りしました。
 全国三千八百余の日吉大社は神の先導役である猿(猿田彦・カルラ天・天狗など)の神社であり、たまたま西本宮から東本宮に行ったら猿の群れに出会った。


 次に向かった天台宗の滋賀院門跡と慈眼堂も大変興味深かった。
 最初の説明の後は「自由にご覧ください、写真撮影もご自由に」とのことで、各間(部屋)・襖絵・杉板戸の絵・内仏殿・多くの仏様・小堀遠州の庭などなど、ゆっくりと拝観した。
 この辺りは石垣の技能集団“穴太(あのう)衆”の石垣が多く見られ、あらゆるところの穴太積みが見ごたえがあった。


 夜は先斗町の「○○屋」で、ゆっくりお食事。
 ここは、安くて美味い! つくづく料理はセンスだと思った。
 (京に行かれる方には、そっとお教えいたしますよ。)

 翌日はホテルからウォーキングで、“錦市場”へ。
 京都に来たら必ず寄らなくては気が済まない場所である。

 そしてバスで約1時間、京の西方の高尾に。
 鳥獣戯画で有名な高山寺、西明寺、神護寺の三山を歩き、またバスで京都駅に。

 やはり紅葉の季節が一番だが、北山杉が綺麗で気持ち良かった。

 ほとんど京都の旅というより、山を上ったり下ったりで歩き通し・トレッキングの二日間でした。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨