土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年8月31日(月) 00:00

総選挙の結果と私の感想など

 予想された結果とはいえ、総選挙は自民党の大敗に終わった。

 私の大学卒業論文は「我国に於ける二大政党政治の可能性」というテーマで、選挙制度に関する考察と提案だったので、とりわけ興味がある。 論文の内容については後に述べる。

 今回の選挙に際し、私に対して支援を頼んできた立候補(予定)者ご本人は、民主党の方だけだった。公示前、私の親しい横浜の民主党県会議員を通じて是非お会いしたいということだったのでお会いはしたが、今までの大和市内の選挙事情や人間関係などのいきさつを説明して、ご健闘のエールだけを送り、応援は鄭重にお断りした。

かつて民主党からは、党本部や徳島県、千葉県などでたびたび講演を依頼されており(自民党からはゼロ)、私を評価して下さったのは民主党の方々のほうが圧倒的に多い。
民主党前政調会長の仙谷由人さんや東京都選出の鈴木寛参議院議員などからはある事を要請されたことがある。その時は北海道の逢坂代議士も同席し、今回愛知県で当選した石田前犬山市長からも要請の電話があった。
内容は私自身に関しての事でもあり、とても有り難かったが、鄭重にお断りした。

私の信念として、首長としてはずっと無所属だったが、政治的に左見右見(とみこうみ)も右顧左眄(うこさべん)するつもりはないので、一貫して自民党を支持していた。

今回は結果的に、自民党とその候補者からは何の依頼も要請もなかったので、選挙期間中は海(ヨット・素潜り)やゴルフ、富士登山などで、ますます真っ黒になり、腕はさらに太くなるような日々を過ごしていた。

1つだけご披露する。
今回のことが充分予想されたので、都議選告示の日の7月3日、自民党選対副本部長である菅義偉代議士を通じて自民党に提言した。
新生自民党として選挙管理内閣で選挙に臨む内容で「御直披」として手紙を送ったが、何の返事も回答もなかった。未だに・・・。
選挙区でも、全国的にも、負ける政党とはこんなものである。
この内容については、いずれ時機を見て公開したいと思う。

さて、私の大学卒業論文の主な内容は、「日本が二大政党になり、政権を交代することが議会制民主主義の理想的な姿」というもので、その意味では前回の小泉郵政大勝利と今回の民主党大勝によって日本も二大政党時代に突入したことと考えられ、喜ばしいことであると考えている。

民主党が官僚主導行政の改革など、マニフェストを実行できなければ、次回は自民党、あるいは離合集散後の新生保守系政党が必ず勝つであろう。

卒論の選挙制度の提案は「大・中・小の同時選挙区制度」の実施であった。
たとえば神奈川県1県を選挙区とする(参議院の神奈川地方区のような)大選挙区の次の選挙時にはかつての中選挙区、そしてそのまた次の選挙では現在の小選挙区、と総選挙ごとに3つの広さの選挙区で実施し、各都道府県でもそれぞれ3分の1ずつ3つの広さの選挙区制度が同時進行する、というものである。
全国で大・中・小選挙区の選挙が同時に行われるのである。
毎回選挙区の広さが変わることにより、選挙区の業者との癒着や、票を金や物で買収するような選挙違反も意味を成さなくなり、同時に毎回必ずエキサイティングな結果が出て選挙が面白くなる。
小さな政党も選挙戦略によって議席を確保できるし、有権者には選択肢が広がる。

いずれにしても、こんど選挙制度を変更するときには、落選した候補者がバッジをつけるという現在の変な「比例併用制度」は速やかに廃止すべきであろう。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨