土屋きみやす−ツッチーレポート

2009年12月30日(水) 00:00

天皇の御座所は東京?京都?

 民主党の小沢さんが宮内庁と“100日前ルール”で諍(いさか)いをしていた。

 2012年の中国共産党大会までにあの習近平という人が無事に国家主席になればい良いが、もしならなかったらどうするのであろう?
 今回の天皇陛下の特例会見で箔を付けて中国国内の権力闘争を有利に運ぼうとするのであったとしたら、“天皇制と中国の過去の歴史”の解釈も今後は変えていただかなければ困る。
 日本の天皇の存在は、外交面ではもちろん、外国の国内問題にまで大きな影響力があるということの証明になるからである。

 ところで、「天皇の政治利用」が起きるのは、天皇が東京にいらっしゃるからである。

 そもそも、明治維新後”天皇親政”という政治体制、すなわち明治天皇が政治に関与することによって、(錦の御旗の元で)日本は治まっていた。
 しかし、1945年の以降の新憲法下で、我が国本来の姿である“天皇不親政”になったのであるから、むしろ天皇は日本文化の象徴として京都にお戻りになるのも考えるべきであろう。
 歴史的には、そもそも正式に“遷都“はしていないのだから・・・・・。
 これに関しては拙著『新首都論』(かなしん出版・1300円)のP77〜109をお読みいただきたい。


 拙著に書いたように、幕末、都をどこにするか大いに議論があった。
 西周は「公府ヲ大坂被云々」と言い、真木和泉も大坂遷都を、大久保利通も大坂遷都を主張した。
 佐久間象山は彦根動座論を提案したりと、当時大いにに論じられた。
 大久保利通に対して「大久保君に与えて東遷を論ずる書」という手紙を著した前島密の名文を是非お読みいただきたいが、これによって江戸遷都は決まった。
 首都機能が東京になったことと、天皇が御座を動かす“遷都”とは別に考えるべきである。

 ところで私の大学の講義の中で、明治新政府が東京を首都としたテーマに関して、天皇の“遷都”が正式に成されていないことを話した。そして、未だに我が国は正式に東京に“遷都”をしていない事で、大学生たちと意見を大いに交わした。

 これからも東京が日本の中心である続けることは重要であるが、天皇は京都にお戻りになり、国賓には京都に参上していただくのが良い。

 今回の一件をきっかけに、これからの天皇の正式な御座所や遷都について、我々日本人は議論するべきであろう。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨