土屋きみやす−ツッチーレポート

2010年1月29日(金) 00:00

ノーブレス・オブリージュ

 民主党の議員の口から小沢氏や石川議員に対して、「推定無罪」という言葉があった。
 とんでもない!
 一般の人(国民)には「推定無罪」や「疑わしきは罰せず」という基本的な考え方で接することは堅持されるべきだが、政治家たる者、とりわけ行政のトップの総理大臣や立法府の議会与党の最高責任者である民主党幹事長に最も求められ、本人たちが心掛けなければならないのは“ノーブレス・オブリージュ”である。
 私は市長当時、たとえ人口22万人程度の市長であっても、在任中この言葉を常に心掛けていた。
 鳩山さんも小沢さんもその他の大臣も議員も、まさかこの言葉を知らないとも思えないがその意味をここに記す。

 「ノーブレス・オブリージュ(Noblesse oblige)=高い身分の人はそれにふさわしく振る舞わなければならないし、常に自分に恥じない行動をすべきだ」

 鳩山さんは野党時代、自分だったら秘書が問題を起こしたら自分が責任を取って議員を辞めるといった。
 その時、自民党の加藤紘一代議士は議員を辞職した。
 鳩山さん本人は12億数千万円の贈与税の脱税犯である。
 「ノーブレス・オブリージュ」の言葉を進呈する。

 また野党時代、鳩山さんたちは自民党他の連立政権に対して、安倍→福田→麻生政権を“たらい回し”と批判していた。

 「三段論法」という言葉があるが、鳩山さんが総理や議員を辞めてもたらい回しはできないはずであり、現在の民主党他連立政権は「鳩山辞職→解散→総選挙」をしなければ自己矛盾を起こす。

 小沢一郎さんは、ゼネコン業者から金を貰っていないといっている。
 もしそうならば、どうして五千万円渡したといっている○○建設を相手取って「名誉棄損」となにがしかの「損害賠償」訴訟を起こさないのであろうか?  貰っていなければ裁判で勝って、また(オッと失礼!)金が盗(取)れるではないか!
 「ノーブレス・オブリージュ」の言葉を進呈する。

 中国に、汚濁しきった政治の俗世間から離れて自然の中に身を委ねる人を“太公望“と称する古い話がある。

 私はその太公望には程遠い人物だし、スケールも小さいので、ワカサギ釣りに行った。




 家内は白内障の手術直後のため陸上で待機、息子のお嫁さん(約50匹・写真)と私(約30匹)がチャレンジ。
 2時間半の結果としてはそこそこの釣果だった。

 夕方、「紅富士の湯」で唐揚げとイタリア風に調理をしてもらい、そこで夕食に食した。
 いつもながらほとんど食べてから「あっ、写真!」と残りを写したのがこの写真2枚である。







 そうそう、雨上がりの富士山がとても綺麗だった。



 富士のような崇高な美しさ「ノーブレス・オブリージュ」を政治家に求めるのは、「木に縁(よ)りて魚を求める」ようなものなのであろうか。

 そうそう、もう鳩山さんと小沢さんに贈る言葉がもう一つ。

 「瓜田に履を入れず、李下に冠を正さず」

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨