土屋きみやす−ツッチーレポート

2010年9月18日(土) 00:00

菅改造内閣スタートに思う

 私は民主党員ではないが、薄汚い金の臭いと自己中心主義国家中華人民共和国への屈辱外交をしそうな小沢さんが総理にならなかった代表選挙の結果は、大いに評価する。

 今度の改造内閣全体も評価する。

 まず、出身大学に東大と慶応が少なく、バラエティに富んでいるのが良い。
 この2つの大学は不思議といつも目につく(鼻につく、か?)からである。
 (両大学出身○○なのが多いのに・・・)。
 わが母校(「昔は英語のA山、チョッと前までは洋服のA山、今は仕分けのA山」とか揶揄される)出身者もいる。トホホ・・・・・。

 そして何よりも“世襲議員“が少ないことも良い。
 良い人材が民主党から多く立候補しているのは、自民党はおバカさんの世襲議員の指定席だから、と言われている。

 ここでまた坂本龍馬の政治思想を書き写したと言われる『藩論』から。

 「〜座シテ、祖先ノ譲リヲ受ケ、身ハ金繍ニ冬ヲ忘レテ、人ハ餓寒ニ艱ムヲ知ラス〜」
 「〜門閭ニ生育スルモノ、或イハ愚戇怠惰ニシテ、僥倖ノ世ヲ経ルモノ多ク〜」
 「高貴ノ家ニハ、必スシモ、才徳 アルヲ生スルニモアラサレトモ、常ニ 官尊キニ処シ 禄高キヲ世々ニス〜」

 封建時代にはどこにも見られる愚かな藩主のことであるが、今の自民党等にも言える。
 等とは、民主党の小沢さんや鳩山さんもこの範疇だから複数に・・・。

 ところで、前原さんが外務大臣は良い!
 実は2002年3月7日アメリカ大使館からの要請で、国会議員へのブリーフィング役で、横田基地所属の小さなジェット機で硫黄島に同行した(2002年3月18日の神奈川新聞に掲載された私のエッセイ「知天蒼」参照)国会議員の一人は、当時、無名の民主党議員“前原誠司さん”だったのである!




 対アメリカ政策は安心である(特にNLPのことはその時にレクチャーしておいた)。

 前原さんとともに、仙谷由人官房長官も良い。
 しっかりしている。
 全体的に民主党内閣になって、自民党時代の大臣やどこかの市長のように、原稿を読まないところが良いが、仙谷さんはその代表である。

 以前、仙谷さんに四国4県の地方議員を対象にした講演に招いていただき、その翌日、徳島阿波の鳴門の海で育った身の引き締まった“鯛料理”を御馳走になった。
 美味かったなぁ。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『尖閣諸島付近における中国漁船の違法行為に関して』

尖閣諸島付近における中国漁船の違法行為に関して、その後の中国政府の抗議活動及び政府与党の対応等をどのようにお考えになりますか?
題材としていただけると嬉しいです。

written by 魚釣人

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨