土屋きみやす−ツッチーレポート

2010年11月9日(火) 00:00

最近思う事と、近況

 私が市長戦に立候補した時のキャッチコーピーは「Open=開かれた市政」で、当選後は徹底的な情報公開を心掛けた。
 その後、個人情報保護がトレンドになり様々な形での制約も起きたが、自由主義国家での基本は情報公開である。

 今どうして、こんな話をするのか?
 勘の良い皆さまは既にお気付きと思うが、そう、尖閣映像の事である。

 You−tubeで44分のビデオ(DVD)が流れた直後、菅総理が「徹底究明」と発言した時、私は中国漁船の領海侵犯や海上保安庁の巡視船にぶつかってきた事実の“徹底究明”だと思った。
 それが、この実行者(犯人?)探しの究明らしい。
 バカバカしい限りのお粗末な政府である。
 中国やロシアに対する“土下座外交”に国民はうんざりしている。

 調査を捜査に?
 冗談ではない!You-tubeに映像を投稿した人物こそ、ごく普通の国民の希望に応えた立派な実行力のある“憂国の士”である。
 今の政治家は、この人物の爪の垢を煎じて飲んでいただきたい。

 鳩山おバカさん総理は普天間問題(「トラスト ミー」や「最低でも県外」)で中国やロシアにそのおバカさんを見透かされ、拝金主義者の小沢氏は「アメリカ軍は第七艦隊で充分」と言って、日本を危機に陥れている。

 今後の状況いかんによっては、これが民主党政権の命取りになるが、そんなことはどうでもよい。それより、日本の領土を売る(売国奴)内閣・政権になる恐れを危惧する。

 You−tubeについては、「土屋研究所」で言及する。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨