土屋きみやす−ツッチーレポート

2011年12月5日(月) 00:00

大阪都構想雑感

 大阪の橋下知事が知事を辞職して大阪市長選挙に出馬、そして当選し、大阪都構想が動き出した。
 ご存じのようにこの構想は、大阪市と堺市を解体して大阪府の区とし、その府を都とするというものである。

 でも“都”って“みやこ”だから天皇が居ないといけないのに、どうするのでしょう?
 まさか、南北朝にするのではないだろうし、どうして府のままでいけないのでしょうか?

 その手法と実現性については大いに疑問があるが、「二重行政の無駄を無くす」という主張にはシンパシーを感じる。

 大和市長の現職時代、私は当時の岡崎知事に「県は広範囲に及ぶ行政需要への対応と調整機能を受け持ち、基礎自治体毎に落差(不公平)が生じ易い行政サービスの解消に特化すべきで、その他はもっと基礎自治体(市町村)に任せ、県はスリムな組織にするべき」と提案したことがある。

 現在の教育委員会制度は基礎自治体のほうが良いように思えるが、特に警察行政、更に東日本大震災を経験してからは、消防・防災機能も広域的な行政対応のほうが良い、との観点から市町村ではなく東京都のように県が受け持つべきである。

 或いは、環境問題もその範疇に入る。
 最近、小金井市の市長が数か月で辞職したのもゴミ問題だった。

 かつて、神奈川県内でも三浦市がゴミの処分先が無くて困っていた(埋め立ての谷を地主に返さなければならなくなり、近隣の横須賀市に頼んだけれど、横須賀市は他市のゴミは受け入れないという地元との約束があるので受け入れられないと断られた)ときに、県はその調整役にも成り得なかった。そこで私が「大和市で引き受けましょう」と神奈川県市長会の会議後に、直接三浦市長に申し出て、しばらくの間、引き受けたことがある(その後、横浜市も受け入れている)。
 余談だが、この三浦市で行われた市長会の会議後に、松沢知事が「新幹線新駅設置期成同盟会」から大和市が退会するのを承認したので、この時のことは良く覚えている。

 神奈川県は山北町に処分場を計画した時、反対運動が起きて頓挫したことがある。
 残念な事だが、県は基礎自治体のような行政対応は苦手のようである。
 (日頃、直接住民に接していないからであろうか?)

 神奈川県には横浜市、川崎市に続いて相模原市も加わり、3つの政令指定都市が存在する。
 したがって神奈川県こそ、もっと基礎自治体に多くの権限を委譲して、スリムになるべきなのである。

 大阪の動向は、今後の都道府県制度の見直しや道州制度の導入、更には国と地方自治体との関係にも関係してくると思われるので、大いに影響がある。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨