土屋きみやす−ツッチーレポート

2013年2月7日(木) 00:00

幕末の日本とアメリカをテーマにした講演とブルーグラス音楽の演奏ライヴを行います。

 2月17日(日)鎌倉のジャズクラブ「ダフネ」におきまして、表記のような「幕末当時の日本とアメリカをブルーグラス音楽で紡ぐ」と題するランチ・ショーを開催いたします。
 昨年末頃から、日曜日のお昼に、このような私の講演と、私たちのバンド「グレート・ピース・ピッカーズ」のブルーグラスを演奏するランチ・ショーをやってほしいとダフネのマスターから頼まれており、メンバーのスケジュール等の調整で、やっと今回、実現の運びとなりました。
(パンフレット参照:ただしダフネの正しい電話番号は0467−24−5169です)


 12時頃から昼食を摂って頂いて、1時頃から私の話、2時頃から歌と演奏、3時以降はフリー・トークとリクエスト曲の演奏やゲストの飛び入りなどを考えております。ただし昼食以外の飲食は3,000円の別料金になります。
 是非、早春の鎌倉散策がてらお出で下さい。

 その事前準備の調査の為に、半年ぶりに国立国会図書館に行ってきました。
 アーカイブ化を進めている国会図書館ですが、改めてその進化に驚きました。まず、半年前に国会図書館の入館カードを作っておいたので入館はスムースでしたが、書籍の検索から閲覧希望の本等の申請、本が渡せるという連絡、コピーの申し込み手続き、コピーが出来上がった連絡、本の返却などなど、すべて備え付けのパソコンで自分が操作し、自分が窓口間を動きます。
 改めて感じましたが、慣れると少しも煩わしくなく、むしろとても快適です。
 ただの閲覧だけなら、なおさら快適に一日が過ごせそうで、老後(もうすでにその世代だけど・・・)の過ごし方として一つの方法だなと思いました。
 食堂の料金も安いし、またはお弁当でも持って行って外のベンチで食べても良いし、そうして朝の開館から夕方の閉館まで、(活字に囲まれて居たいなぁ)と思いました。

 そうそう、鎌倉の「ランチ・トーク・ショー」でした。是非おいで下さい。
(申し込み状況からすると、そろそろ立ち見になりそうですが・・・・・。)

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨