土屋きみやす−ツッチーレポート

2013年2月19日(火) 00:00

鎌倉での講演&ライヴという新企画が無事に終わりました。

 鎌倉のジャズ・ライヴ・ハウスである「ダフネ」で、私の講演と我がブルーグラス・バンド“グレート・ピース・ピッカーズ”のライヴが無事に終わりました。

 講演の内容は、幕末の日本とその頃のゴールド・ラッシュや南北戦争時代のアメリカを中心に、ペリー来航時に演奏した音楽や、日米和親条約や日米修好通商条約の批准のためにアメリカの用意したポーハタン号に乗って派遣された77人の徳川幕府使節団(随行艦の咸臨丸の話もしました)の中の小栗豊後之守忠順(上野介)や、トミーこと立石斧次郎の話と、彼のために作曲された「Tommy Polka」の紹介などでした。
 資料は、44年前に私が執筆した「日本の中のアメリカ民謡」という小論文と、横浜開港記念館に所蔵されている、その時の絵やプログラムなどを使いました。




 約1時間の講演の後、続いて19世紀後半のアメリカのゴールド・ラッシュや南北戦争にちなんだ曲を約1時間演奏いたしました。


 更に休憩の後、講演の続きや、アンコール曲の演奏・唄、更には飛び入り(といっても昔の仲間で音楽評論家や、ジャズ・ヴォーカリストのつもりでいる私の姉が唄いました。

 3時間という長丁場でしたが、店内一杯(定員50名に対してお客様52名と我々のメンバー6人)の皆様が大いに盛り上がりました。

 夜は、瑞泉寺近くで料理の鉄人の友人が経営している中華料理店で、お出で頂いた6人の友人と食事をして帰ってきました。

 とても充実した一日でした。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨