土屋きみやす−ツッチーレポート

2013年7月29日(月) 08:45

近況

 参議院選挙も、予想通りの結果で終わった。
 各マスコミが、この選挙結果を「ねじれ解消」と総括していたが、これはおかしい。
 衆議院と参議院はねじれていてこそ参議院の存在価値があるので、衆参にねじれがなければ参議院が存在する必要はない。
 これで、更に参議院が不要となった。
 やはり参議院は非政党化と各分野からの選良で構成すべきであろう。非政党選挙か推薦か(政党からはNG)といった選出方法を議論する時期に来ているが、誰も言い出さないであろうし、最終的に決めるのは衆参議国会だから、まず決まらない。
 やはり、革命か維新(現在の陳腐な維新の会では無く、薩長中心の乱暴で天皇絶対主義に陥った明治維新ではなく、坂本龍馬が希求したり、2・26事件で潰えてしまった昭和維新)の理想的な天皇&共和思想主義の日本が待たれる。

ところで最近、新聞社からの取材依頼が多い。
 神奈川新聞の論説委員が2度きたが、これは自分自身の基地問題の知識を肥やすための取材。従って私は肥やし。
 ま、良いか。

 で、最近来たのは中日新聞(東京新聞の東海版?)で、こちらも基地問題。
 こちらは真面目に後日(7月18日)に掲載したので、ご面倒でもお読み頂きたい。



 浜松基地の地元であり、以前、私が全国33ケ所の基地をNLPに活用したらどうか?という提案をした事からの取材と、オスプレイに関してであった。
 オスプレイは飛行距離や航続時間、速度、更には安全性でさえも早晩、ヘリコプターに代わるのは時間の問題であろうし、昔の共産党や日本社会党の感覚(時代遅れのマルクス主義崇拝と何でも反対)では、中華人民共和国や大韓民国、ロシア、更には朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にまで、更に馬鹿にされる “外交三流国家”になってしまう。
 やはり私は富士山に登り、気宇壮大の英気を養い、ヨット(デインギーでは無くクルーザー)に乗り浩然の気を養うのが、今の一番の生き方である。

 「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」(論語 雍也編)

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨