土屋きみやす−ツッチーレポート

2014年10月26日(日) 17:21

第5回目から2時限目と4時限目の内容が異なりました

 第2時限目は「“大塩平八郎の乱”から封建時代の政治を考える。」と題し、第4時限目は「本来の姿は自ら治める“自治”のはずだが・・・。大和市の場合」と題した内容である。

 2時限目の、大塩平八郎に関しては、乱を起こした人間を決して称賛するものではないし、そのストイックでパラノイア的な性格には戸惑いつつ、例えば、役人として同じ地位の西町奉行所与力(大塩は東町奉行所与力)弓削新左衛門の汚職と不正蓄財を告発し、一件落着後その不正臟金3,000両(現在の金額で2億1千万円)を取り上げて貧民に施したり、乱をおこす直前には、自分自身の蔵書約3万冊を売り払い、その代金6百数十両(現在の金額で4千数百万円)を、1万軒に金1朱((1両の8分の1=1万円弱)施したという事実から、その行動と生き方は将に究極の“地域貢献”だったからである。
 また彼は、自身の家塾「洗心洞」で多くの門人を教導したが、その中心は“陽明学”であり、それらの講義に用いた呂新吾の『呻吟語』、『古本大学』、王陽明の『伝習録』の話や、彼の著書『洗心洞箚記』、『古本大学刮黙目』などの紹介をした。


 第4時限目は大和市自治基本条例の制定過程等を7回程度シリーズで講義するが、第1回目は『ドキュメント 市民がつくったまちの憲法 〜大和市自治基本条例ができるまで〜』から、その制定の目的を講義した。
 今回の資料は、この本のまえがきにあたる「本書を上梓することの意味と意義」という私の文章「出版のきっかけ」を使用した。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨