土屋きみやす−ツッチーレポート

2015年1月27日(火) 19:04

秋期授業の終了とテスト実施。と、最近思うこと



 大学講義の最終日(15回目)でも、90分のうち30分は講義をしてテストは後半の60分で行う、という指導が文部科学省からあり、私もご覧のレジュメで25分ほどの授業を行った。
 テストは事故もなく、静かに、問題(カンニングなど)もなく終了した。

 2時限目も4時限目も、テストは14項目30問なので、平等に1問3点(30×3=90点)にし、受験生全員に10ポイントの下駄を履かせた。
 何も書かなくとも10点、完璧なら100点、である。

 今日(1月27日)現在、2時限目でテストを受けた108人の採点がやっと終わったところであるが、。なんと!100点満点はたったの1人!この学生は全出席でもあるので文句なくAAを与える。
 しかし問題はその他の受験生である。90点台に26人、80点台に26人、70点台に23人と、全体の70%以上が犇(ひしめ)いている。(反省:易し過ぎたか?)。この人たちにA+、A,A−を当て嵌(は)めるのは簡単だが、大学の評価基準では、次のB+、B,B−の「合格(良)」が(受講生の平均的な成績で、基準は30〜40%の範囲の受講生)との指導なので、ランキングが難しい。出席率も勘案しながらランクを付けなければならない。
 従って採点時には、チョッとした書き損じによる間違いや用語として言い足りない部分なども厳しく減点対象にし、小数点以下まで得点差を付けた。

 4時限目のほうの採点が終わったら、その次のブログで回答の例示を幾つかご紹介したいと考えている。

 さて、最近思ったことを2つ。

  •  1.「イスラム国」(国ではない過激派の名称だからカギカッコ)に拘束されているフリージャーナリストの母親・石堂順子さんって、なんか????。
     家族?どうして苗字が違うの?
     はっきり言って「胡散臭い」。

  •  2.横綱の白鵬が千秋楽翌日の記者会見で、14日目の対稀勢の里戦での物言いについて、勝負審判を批判した。
     この一番を私は見ていないので、コメントは差し控えるが、私も最近の物言いに不満はある。
     千秋楽も結びの一番の数番前に行われた微妙な勝負にも物言いが付かなかった。

     また、今場所を通して感じたことは、“死に体(しにたい)”よりも、足以外が地に付いたか、土俵を割ったか、が、勝敗の判断基準になっている事である。
     以前は、足が俵の外に付いたタイミングに、相手の体がどうであった(「死に体」か否か)かも、もっと判断材料にしていたはずである。
     私は、今回の白鵬の弁護は決してしない。今場所の10勝を過ぎたあたりからの白鵬はバタバタしていて見苦しい勝ち方ばかりであった。

     白鵬の尊敬する大鵬は、昭和44年(ビデオ判定が導入される前)の大阪場所で平幕の戸田に敗れ、45の連勝記録がストップとなった。
     この時、中継ビデオをみたマスコミが「大鵬の足が残っていた。誤審だ!」と騒いだが、大鵬は「横綱が物言いの付く相撲を取ってはいけない。」と言った。
     (出典:読売新聞2015・1・27朝刊「編集手帳」)


     大一番の時は、大一番だからこそ微妙な勝負になるものである。
     双葉山も大鵬も微妙な一番(誤審?)で連勝がストップした。


     湘南信用金庫の服部氏に招かれた朝青龍全盛の頃の一門激励会で、私は白鵬に「早く立派な横綱になってよ」と握手をしたことを思い出した。
     白鵬の連勝記録(来場所からまた話題になる)も、引退も、案外近いかもしれない。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨