土屋きみやす−ツッチーレポート

2015年7月31日(金) 17:39

学のテスト採点とランキングが終わり、8月は横浜で講演会が。

 大学の春季講義が7月17日の第15回目で終わり、その最終日に筆記テストを実施しました。
 いつもながらテスト問題の作成も大変でしたが、私にとってはそのあとの採点とランキング(成績と出席率から序列決め)が大変なのです。

 ずっしりと重い答案用紙を、無くしたり、どこかに置き忘れないように注意し、家に持ち帰り、採点を始めました。
 まず心がけたことは、学生の答えに目を通す前に点数の配分を決定したことです。
 その理由はあくまでも客観的な採点をするためであり、試験問題をつくる際、各設問の重要度で点数配分をしたからです。

 今季は2時限目(受験136人)も4時限目(受験43人)も、大学側の求める「平均的な成績である合格(良でB+・B ・B−)が受講生の30〜40%の範囲が基準」という1つのランキングバランスにうまく収まりました。
 加えて、「極めて優秀な成績」であるAAは2時限目で2人、4時限目で1人が獲得いたしました。(100点満点で出席率100%)
 従って、100%出席で98点でもA+になってしまいましたが、全体的には皆さん真面目に講義を受講しており、テストに向けても頑張ってきた、という印象を受けました。

 答案についですが、まず2時限目。
 @ 黒板に書いたのみで、プリントでは配らなかった『史記』の言葉「食人之食者 死人之事」を、プリントで配った言葉のほうを勘違いして書いた。
 A 入札=選挙・投票が案外書けなかった人がいた。
 B 正解率が高かったのは、「林子平・高野長英・渡邊崋山」と『藩論』に書かれている主権在民論。
 C イージーミスか「万国海律全書」の「律」が「津」になっていた。
 D 重点配分を決めていた田中正造の直奏文にある具体的な6項目が正解でないために全体の得点が厳しい結果になった。
 などであった。

 4時限目は
 @ 案外易しかったところは2時限目と同様だった。
 A イージーミスの「律」も「津」や「洋」と間違っていた。
 B 「ジョン万次郎から多大な影響を受けた〜」で早とちりしたのか、回答を「坂本龍馬」と書いた人が多かった。
    後半に「薩摩藩主の名を挙げよ」とあり、正解は「島津斉彬」。
 C 日米修好通商条約の不平等な条文では、不平等でない回答や、正解なのにいろいろと書き加えてしまったために間違いになってしまった。
 などが、見受けられた。

 7月31日の午後5時をもって得点登録が確定となるが、一番心を痛めたのは出席率は70%以上なのに受験しなかった、若しくは答案用紙を提出しなかった学生である。もちろん評価不能であるから不合格(Z)となるが、今季は案外多かったのがとても残念である。

 また、答案用紙の上に「学科・専攻、年次、学籍番号、氏名」を書き込む欄があるのに欄外に書いて提出した学生が多かったが、これは最後に私が確認のために言ったので書いたとすると、もし言わなかったら彼らは氏名など不記載のまま提出したのであろうか?危なかった。

 以上で、採点とランキングについては終える。

 最後に、8月21日夜、横浜駅近くの「かながわ県民センター」で「横浜中央木鶏クラブ主催」による、私の講演会があります(別紙案内文参照)。
 是非ぜひ、ご来場下さい。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨