土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年1月1日(金) 00:00

新春早々ですが、講演のお知らせです。

 新年明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくこのブログをご覧頂ければ幸いです。
 今年こそマメに更新を心がけますので、よろしくお願いいたします。

 さて正月早々ご案内ですが1月10日に講演をさせていただきます。
 といっても、場所が島根県松江市の松江歴史館でございますので、関東地方など遠方の方はご来所が難しいと思います。
 従いまして、遠方の方は、どうか島根県や鳥取県などにお知り合いや御親戚がいらっしゃいましたら、是非お声をお掛け頂ければ幸いです。

 講演の内容は、出雲松江藩の江戸詰の家臣で儒学者とも、医者ともいわれた“萩野喜内信敏”という人物について、ですが、同時に千社札の創始者といわれ、またその奇行で江戸で有名だった“天愚孔平”という人物でもあります。

 私はこの人物に関する研究を30歳代の頃に行い、50歳代の頃に『江戸の奇人 天愚孔平』という題名で上梓(錦正社刊)いたしましたので、そういった関係からの講演依頼でした。

 ここに、私の案内文と松江歴史館の発行しておりますフライアーの表裏を添付いたしますので、是非お読み下さり、お出でいただければ幸いです。




written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨