土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年1月31日(日) 20:40

甘利事件について。その1.

 甘利明衆議議員が安倍政権の経済再生担当大臣当時の金銭スキャンダルで、その大臣を辞職した。
 70年近い私の人生の中で、近しい(正確には「近かった」)人がこんな大騒動を起こしたのは始めてのことであり、驚きと、ショックと、言い知れぬ不快感と、寂寥感に満ち溢れている。

 巷ではいろいろな意見が聞かれる。
 支持者の多くは、「(千葉県白井市のこの建設会社とか、自民党内部とか、民主党とか)に嵌められた」、あるいは「気の毒だ」と言った同情論。
 また、自民党支持者には「古武士のような潔さぎ良い辞任」といった好意的な評価。

 他方、マスコミからは「未だこんな議員がいたのか!まるで悪代官と悪徳商人のような前時代的な賄賂のパターンだ」、などなど。

 私と甘利さんとの交流が、走馬灯のように思い出されるので、ここで思い出すままにいろいろと書き出してみる。
 ただし、まだまだ政治家甘利さんの今後も、事件の実態解明も霧の中なので、決してこれは甘利さんへのレクイエムでは無い。

 まず最初に会ったのは、私の父土屋利保の選挙事務所に、甘利正さんの秘書として陣中見舞いに来てくれた時である。「甘利」という焼印の押されたまんじゅうを一箱持ってきてくれた。

 私が市会議員の頃、甘利さんは渡辺美智雄(喜美さんの父親)さんと自民党を出て新党をつくろうとしたり、その以前だったか、新自由クラブでは河野洋平さんより山口敏夫さんに近かった時代もあったように、政党や人間関係などの移り身の早さは定評である。最近では、山崎拓さんから安倍さんへ・・・。
 そういえば、渡辺美智雄さんと自民党を割って出ようとした時、当時の自民党大和支部長の富澤篤弘県議(当時は自民党の県会議員)から「自民党から出たらダメだ」と、自重するよう強く言われたことがあった。
 私も、当時の森田秘書(後の海老名市会議員)に「自民党を出るなって甘利さんに言っといて」といった時、森田秘書に「(自民党を)出るも地獄、残るも地獄なんですよ」と言われたのが印象的だった。
 ところで、後に富沢さんと衆議院議員選挙で対立したのであるから、政治の世界は“一寸先は闇”であり“離合集散は世の常”である。

 もう一つ、小選挙区で甘利さんは2回負けている(1回は新進党の富澤さんに、もう一回は民主党の橘さんに、但し2度とも比例で復活当選した)ように、厳しい選挙をしてきたが、ある選挙戦の最終日、大和駅頭の街宣車の上で甘利さんが感激して涙を流した。
 街宣車の上には、甘利候補と県議の安藤博夫さん、そして市長の私が乗っていたが、涙を流した甘利さんの背中をさすって激励したのは私ではなく、やさしい安藤県議だった。この二人が後に不仲となり、県議選で対立候補を立てられるのだから、政治の世界はやはり“一寸先は闇”である。

 甘利さん、案外可愛い面もある。
 始めて大臣(小渕内閣での労働大臣)になった時、拙宅の庭でのバーベキューに突然甘利さんが来たのだが、ちょうど空が真っ暗になり今にも雷雲がやって来そうになったので皆で急いで屋内に入った。
 その時、貸家に住んでいたアメリカ人にまで大臣の(出来たての)名刺を渡した。こんなところに日本国の大臣がやって来ることにそのアメリカ人が驚いていたのも、懐かしい思い出である。

 さて、私の市長選挙と、その後のお付き合い、そして歴代の秘書と、今回の事件のK島秘書についてなどなどは、次回、引き続き書かせていただく。
 今回はここまで。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨