土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年2月22日(月) 16:25

甘利事件について。その4.

 いろいろと甘利さんとの事を思い出すきっかけとなった今回の事件もニュース性としては薄れてきたのか、ほとんど話題に上らなくなってきた。
 「秘書ってそんなに偉いの?」という声が聞こえてきたが、あくまでも秘書は秘書であり、今回の場合の秘書は将に「虎(甘利大臣・代議士)の威を借りた狐」であり、その威を借りてのURに対する圧力や業者に対する要求(これらはあくまでも伝聞推定ではあるが、民主党の質問等にも取り上げられている20億の金額提案や高級車の要求の話など)である。
 今後は、国会での証人喚問の有無や地検特捜部の動きであろう。

 ところで、過去に甘利さんの秘書を務めた人たちも他人事とは思えない複雑な気持ちで事件の内容や推移を見守っている事と思う。
 甘利さんが若かった頃は秘書のほうが代議士より立派に見えた佐川さんや森田さん(後の海老名市議)、その後の真面目な山口さんや福田さん、横浜市議になった憎めない男の酒井太君、そしていつも頑張っていた内藤君、最近では一生懸命秘書を務めていた市川君(藤沢市議から現在は県議)などが私の思い出に残る秘書であった。

 選挙では、やはり厳しかった(冨澤さんに負けた時だったか?)時の印象が強い。
 私が「田中真紀子さんのように比例との並立を断って、不退転の決意で小選挙区一本でやれば?」と言ったが、甘利さんは比例との並立立候補を選んだ。  結果は、小選挙区で負け、比例で救われた。
 この選挙の時、選挙事務所のメインの場所は何処かの企業グループが仕切るとのことで、我が友人たちの若手グループは奥の二階建てのプレハブのほうに追いやられていた。あの時、突然入ってきて日頃の後援会の人々を排除した企業グループとは????、まさか今回の???。

 厳しい選挙の時には、“なりふり構わず”になる傾向は、古今東西を問わず、ある。
 たしかこの時の自由民主党は、目を覆いたくなるような公明(党)とその支持団体批判のパンフレットを作製した。私の友人はそれを配るのをとても嫌がっていた事を思い出す。(今は自公連立内閣。将に離合集散は世の常、である)。

 この時の選挙だったと思うが、甘利さんの決起大会(大和市内ではなく他の3市のどこかだった)か何かの応援弁士に中曽根康弘さんを頼んだことがあった。
 私に、「出番までの時間調整をしてもらう中曽根さんとの食事(弁当)の相手をしてくれ」と甘利後援会のO氏から頼まれ、中曽根さんと2人っきりで食事をしたことがあった。食事中、「いつまで息子さんを参議院議員で出しておくのか?衆議院議員に転出させないのか?」と私が言ったら、中曽根さんがあせって、刺身をソースにつけてしまった。懐かしい思い出である。

 今回の事件に関して、ほとんどの支持者は甘利さんに対して同情的で、甘い!
 私は、本当の支持者こそ甘利さんを叱責すべきだと思っている。

 「ノブレス オブリージュ」というフランスの言葉がある。
 私も公人である市議や市長の時にはいつもこの言葉の重さを考えていた。
 意味は「富裕の人たち、社会的地位を有する人たち、権力を有する立場の人たちは社会の模範となるように生きるべき義務がある」である。

 先日私ところに来た代議士は、数年前、相模原市での私の来賓挨拶を聴いた後、「お話しの『南洲遺訓』をまた勉強します。」と言っていたが、南洲・西郷隆盛の言葉を甘利さんに紹介します。
 「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己れを盡し、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬ可し。」

 多くの人は、「甘利さんは秘書と業者の被害者」と思っているかも知れないが、西郷隆盛のいうように、“人を咎めず、自分の誠の足らざる”結果だと尋ねる(反省)すべきなのである。

 政治家に求められるのは「ノブレス オブリージュ」と共に「出所進退」である。
 直ちに議員を辞して、選挙区(大和・海老名・座間・綾瀬)の、心配をかけ嫌な思いをさせた支持者に対するお詫び行脚をするべきである。
 「身を捨てて 浮かぶ瀬もあれ 人の世は」。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨