土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年3月11日(金) 15:23

うかい亭での "スプリング ランチ ライヴ"が無事に終わりました。

 私にとって最近としてはビッグイベントの「スプリング ランチ&ライヴ」(家内の病気平癒と私の古稀の祝いを兼ねて)が無事に終わりました。
 あいにくの雨でしたが、ご予約いただいた全員(99名+お子様1名)の皆様においでいただきました。
 前回までは四角のテーブルに肘掛け椅子だったうかい亭のクリスタル サロンが、最近は9人座りの丸テーブルになったことで9人×11テーブルの99名が受け入れ可能になりました。
 前回までは70名を予定しておいて最終的に80名で締め切っており、私は大盛会と思い、喜んでいましたが、家内は「お断りしたり、キャンセル待ちしてもらう事がいつも申し訳なくて・・・」と毎回苦労しており、今回は80名を目処に(仮にオーバしても大丈夫と)安心して皆様に声を掛けましたら、最終的に99人ちょうどの申し込みを頂きました。
 さてその内容ですが、最初にお食事(1ドリンク付き)、そのあとに我々夫婦の音楽(「土屋美緒子 古き良きアメリカを唄う」、次に私のジャズ 「土屋侯保 季節を唄う」)と姉のジャズを聴いて頂きました。
 なかなか気が合わない夫婦の事ですから何度か家で音合わせ(練習)をして本番に臨みましたが、まあなんとか無事に4曲終わりました。
 次の私のジャズは、季節というテーマでしたので、春「My Funny Valentine」、夏「Summer Time」、秋「Autumn Leaves」と続け、最後の冬はサプライズで吉幾三の「雪国」、これは最後のリフレイン部分だけをいきなり絶唱したので、大爆笑をいただきながら終えることができました。
 ピアノを大学時代の軽音楽同好会の先輩で、ずっとプロのジャズピアニストである有福隆さんにお願いしましたので、ほとんどの曲を助けて頂き、最後のところも、「冬の曲は何にしましょうかねえ、有福さん?」と有福さんに振ると、ピアノが「雪国」を弾き始め、私が合わせて唄い出すという形にしました。

 私としては、初めて人前で「My Funny Valentine」をVerse(前唄)から唄ったのですが、考えていたより上手く唄えたので、とても嬉しい時間を過ごせました。




 全体として、うかい亭のお食事と会場の雰囲気、家内の唄とギター、姉の唄、有福先輩のピアノが良かった。そして、私のトークが面白かった、といったような感想が多かった一日でした。

 翌日は家族中の皆さんにお世話になっている家の長姉の告別式、翌々日は高校時代の同級生の告別式と続きます。

 もうすぐ本格的な春がやって来ます。
 この季節になるといつもキャンディーズの「もうすぐ春ですね」が思い浮かびます。

♭ 雪が溶けて 川になって 流れていきます
つくしの子が 恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですね チョッと出かけてみませんか ♯

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨