土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年4月25日(月) 22:46

目に青葉・・・・。

「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」

 やはり新緑の季節にピッタリの表現はこれであろう。俳句としては季語が3つも入っているので駄作なのかもしれないが、そんな事をはるかに超えた名句である。芭蕉の句にもいろいろ意見があるものが多いが、それであるにも拘らず人の心・琴線に触れるものがあるからこそ、芭蕉は超一流の俳人なのである。
 ホトトギスの声よりも、このところ我が家の庭ではウグイスの初音を何度か聴いた。カツオは最近、あまり季節感もなくよく食べている。新緑は困るくらい溢れている。桜が咲き終わると、ケヤキなどが芽吹いた後の新芽の胞子(?)が車や庭を覆う。半端な量じゃない。
 やはり、新緑は遠くの山々を眺めるのが良い。山桜が新緑に交じっているのも好きだ。季語では「山笑う」である。

 さて、このところ嬉しいお話しや依頼事もあり、忙しい。
 明治大学の政治経済学部3・4年生の講義には法学部の学生も聴講してくれているという。自治基本条例から憲法問題、自由民権運動の中の憲法草案(私擬憲法)まで、2回の講義で盛り込めるよう頑張るつもりである。

 高校時代同期の友人から講演の依頼もあったので喜んで引き受けた。

 大正大学の授業も順調である。今期の学生は今まで以上に真面目で、積極的な感じがする。

 最近はつくづく、多くの皆さんに活かされ、生かされていると感じるようになった。

 「人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり」と信長は謡い、そして舞ったが、私はいつ謡って舞うのであろうか。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨